更新日: 2022.11.28 その他暮らし

「ワイン」の支出はじわり増加傾向! 若年層は値上がりしても飲みたいと思っている?

「ワイン」の支出はじわり増加傾向! 若年層は値上がりしても飲みたいと思っている?
11月17日はボジョレー・ヌーヴォーの解禁日でした。すっかり定着したこの解禁日。ワインを楽しんだ方も多いでしょう。みんなはどんな風にワインを楽しんでいるのでしょうか?
 
エノテカ株式会社は、「ワインに関する消費者動向調査」を実施しました。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

コロナ禍を機に家飲みが増え、ワインの支出が増加

この調査によると、1年前と比較し、家飲みの機会が「増えた」と回答したのは45.3%にのぼりました。中でも20代では64.5%、30代は60.0%が「増えた」と回答しています。60代では家飲みが増えた人は26.5%にとどまっており、若い世代ほど家飲みが増えていることがわかります。コロナ禍で飲食店の営業自粛があったことや、感染防止のため家飲みを選択した人が増えたようです。
 
総務省の家計調査によると、コロナ前であった2019年のワインの平均支出金額は3423円でしたが、2020年では3833円で11.9%増、2021年では3780円と、前年よりは下がったもののコロナ前の10.4%増となっており、ここからも家飲みが増えたことがわかります。
 

公式サイトで申し込み

【PR】アイフル

aiful

おすすめポイント

WEB完結(郵送物一切なし)
・アイフルならご融資可能か、1秒で診断!
最短1時間でご融資も可能!(審査時間込)

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 3.0%~18.0% 1秒診断(※)
WEB完結 無利息期間 融資スピード
※融資まで 30日間 最短20分
※お申し込みの時間帯により翌日以降になる場合があります。
※診断結果は、入力いただいた情報に基づく簡易なものとなります。
 実際の審査では、当社規定によりご希望にそえない場合もあります。

ワイン選びのこだわりは「味わい」「飲み慣れたワイン」

エノテカ株式会社の「ワインに関する消費者動向調査」に戻ります。1年前と比較し、ワインを飲む量に変化はあったか尋ねると、25.7%が「増えた」と回答しており、「減った」という人の8.4%を大きく上回りました。
 
若年層ほどワインを飲む量が増えており、20代では36.5%が「増えた」と回答しています。一方、60代では「増えた」が11.5%であるのに対し、17.0%が「減った」と回答しており、「減った」という人が多くなっています。
 
ワインを飲む理由で最も多いのは、「味や香りが好きだから」が60.2%でした。次いで「食事に合わせやすいから」(46.4%)、「寛ぐ、疲れをいやすため」(30.0%)が続きました。20代では「おしゃれだから」、30代では「贅沢な気分を味わうため」が他の世代より高くなりました。
 
ワイン選びでこだわる点を聞くと、1位「味わい」(62.2%)、2位「飲み慣れたワイン」(42.5%)、3位「産地」(38.4%)となりました。40代、50代が「味わい」にこだわる人が多く、20代では「評価」や「知人からのおすすめ」など、第三者からの評価を参考にする人が多いようです。
 
新しいワインのトレンドとして興味のあるものを聞いたところ、「日本ワイン」が56.5%でトップとなりました。円安ということもあり、さらに人気が増すかもしれませんね。次いで「ナチュラルワイン」(37.7%)、「ロゼワイン」(34.6%)が続きました。
 

若年層では値上がりしてもボジョレー・ヌーヴォーを飲む

今後、飲んでみたいと思うワインの種類を聞いたところ、「熟成ワイン」が76.2%とダントツでした。古い年代物のワインは高価であり、飲む機会が少ないため、憧れの存在なのだと思われます。
 
例年、ボジョレー・ヌーヴォーを飲んでいるか聞いたところ、「毎年」「ほぼ毎年」飲んでいる人が37.6%で、「数年おき」に飲んでいる人も合わせると63.4%がボジョレー・ヌーヴォーを飲んでいることがわかりました。
 
今年は輸送費高騰、円安などの影響でボジョレー・ヌーヴォーが値上がりすることを知っているか聞いたところ、57.7%が知っていると回答しました。特に20代、30代では知っている人は6割を超えています。
 
今年ボジョレー・ヌーヴォーを購入すると答えた人は31.2%で、値上げの認知が高い20代、40代では4割を超えました。若年層では、たとえ値上げしてもボジョレー・ヌーヴォーを楽しみにしている人が多いようです。一方、50代、60代では「購入しない予定」が「購入する予定」を上回り、60代では「購入しない予定」が50%を超えています。
 
ボジョレー・ヌーヴォーを飲む理由は「季節・旬のものだから」(49.5%)、「1年のイベントとして」(41.5%)が多く、季節の行事として、ボジョレー・ヌーヴォーを楽しんでいる人が多いようです。
 

出典

エノテカ株式会社 ワインに関する消費者動向調査
総務省統計局 家計調査2021年<品目分類>1世帯当たり年間の支出金額,購入数量及び平均価格
総務省統計局 家計調査2020年<品目分類>1世帯当たり年間の支出金額,購入数量及び平均価格
総務省統計局 家計調査2019年<品目分類>1世帯当たり年間の支出金額,購入数量及び平均価格
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部