更新日: 2022.12.15 子育て

年明けから2024年度入学のための「ラン活」を開始する人が多い。予算は4万円台が最多

年明けから2024年度入学のための「ラン活」を開始する人が多い。予算は4万円台が最多
小学校入学を控えた子どものランドセルを選び、購入するための活動を「ラン活」といいます。近年は少子化であるにもかかわらず、「ラン活」が激化しており、購入時期がかなり前倒ししているようです。
 
小学校入学を控えた、5歳、6歳のお子さんを持つ親御さんたちの間でもランドセルはいつ買えばいいのか、話題になることもあるのではないでしょうか。
 
「ランドセルの通知表」では、2024年に小学校入学を控えた子どもを持つ家庭に対し、「ラン活に対する意識調査」を実施しましたので、結果を見ていきましょう。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

ラン活開始時期は、小学校入学前年の年明けからが多い

ラン活を始めた時期を聞いたところ、男の子では「2023年の年明け頃から」が25%で最も多く、「2023年の春頃から」が20%で続きました。「2022年の秋頃から」(14%)、「2022年の年末頃から」(13%)と、4人に1人は今年から活動すると回答しました。
 
女の子では、「2023年」については男の子と全く同じ数字ですが、「2022年の秋頃から」(13%)、「2022年の年末頃から」(18%)と、今年からラン活を始めるという回答が男の子より多いことがわかりました。女の子のほうが早くからラン活を始める割合が少し高いようです。
 
何を参考に情報を集めるか聞いたところ、男の子も女の子も「百貨店や量販店のランドセルコーナー」「各メーカーの公式サイト」が多く、女の子では公式サイトで情報収集する方が1位となっています。以下は「ランドセルの情報サイト」「各メーカーのカタログ」「知人からの口コミ」が続きます。
 

購入予算は4万円以上5万円未満が最多。女の子のほうが予算が高い


 
購入予算を聞いたところ、男の子、女の子ともに「4万円以上5万円未満」が最も多い結果となりました。男の子では「5万円以上」が34%である一方で、女の子では44%であり、女の子のほうがランドセルにかける金額が高いことがわかります。
 
ランドセルの購入予定時期を聞いたところ、今のところ「特に決めていない」との回答が多いですが、男女とも「セールが始まった後(8月後半から10月頃)」がやや多い結果となりました。
 
物価高で生活が苦しいので少しでも安価に入手したいのでしょうか。人気ブランドのランドセルは早く売り切れてしまうようなので、好きなブランドのものを買いたいならば、早めに購入したほうがよさそうです。
 
気になるランドセルの色を聞いたところ、男の子は「黒」「紺」「青」、女の子は「紫」「桃」「赤」に人気が集まりました。なお、4位はいずれも「茶」となっており、ユニセックスな色も人気があることがわかりました。
 
ランドセルの素材については「まだ決めていない」「素材にこだわりはない」が多いですが、男の子も女の子も「クラリーノ」が「牛革」を上回っています。軽くて水に強く、ランドセルの素材ブランドとして多くの人に支持されているようです。
 

ランドセル選びで重視することは、軽さ、背負いやすさ

ランドセルを選ぶ際に重視することは、「軽さ、背負いやすさ」との回答が圧倒的に多い結果となりました。特に低学年や体の小さな子の場合、重い教科書に加えランドセルの重さは負担となるため、軽いランドセルのニーズが高くなっています。男の子では「丈夫さ」が、女の子では「デザインや色」が重視されているのも特徴的です。
 
ブランド選びにこだわりはあるか聞いたところ、「特にこだわりはない」が4割以上となりました。「大手メーカーのブランド」がやや多いですが、「職人手作りの工房系ブランド」「人気の高いブランド」も同じくらい人気を集めています。
 
最終的に誰が購入を決めるのか聞いたところ、男の子も女の子も「子ども」が5割を超えており、子どもの意見を尊重していることがわかります。次いで「母親」となっています。
 
ランドセルは6年間使うものですので、子どもが気に入ったものを選びたいですよね。年が明けたら一度ランドセル売り場をのぞいて見てはいかがでしょう。
 

出典

株式会社MayLight 2024年度のラン活アンケート調査
 
 
執筆者 : FINANCIAL FIELD編集部

【PR】子どもの教育費はいくらかかるの?かんたん30秒でシミュレーション