更新日: 2022.12.16 子育て

奨学金が止まる「5つの理由」とは? 停止後にもう一度受け取れるのかについても解説

奨学金が止まる「5つの理由」とは? 停止後にもう一度受け取れるのかについても解説
本来、日本学生支援機構の奨学金は、優れた学生であるものの、経済的理由で修学が困難な場合の一助にするためのものです。そのため、学業成績がふるわない学生に対しては、途中で奨学金が打ち切られることも十分に考えられます。
 
今回の記事では、日本学生支援機構の奨学金が止まってしまう原因と、再び受け取る方法について解説します。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

「警告」と「停止」と「廃止」の違い

日本学生支援機構では、原則学年末に適格認定を行います。簡単にいうと、奨学金の貸与・支給を続けられるかについて審査を行うことです。
 
適格認定の結果は「継続」「警告」「停止」「廃止」の4つに分類されます。それぞれの意味は、図表1の通りです。
 
【図表1】

継続 翌年度も奨学金の貸与・支給が続く
警告 奨学金の貸与・支給は打ち切られないが、次回の適格認定の結果次第では停止もしくは廃止になる
停止 奨学金の貸与・支給は打ち切られるが、成績が向上するなど改善がなされれば復活するチャンスはある
廃止 奨学金の貸与・支給は打ち切られ、復活するチャンスもない

日本学生支援機構 適格認定を基に作成
 
奨学金が止まるといった場合、停止もしくは廃止のいずれかを指すと考えましょう。適格認定の結果が警告だった場合も、すぐに止まるわけではないですが、注意しないといけません。
 

公式サイトで申し込み

【PR】アイフル

aiful

おすすめポイント

WEB完結(郵送物一切なし)
・アイフルならご融資可能か、1秒で診断!
最短1時間でご融資も可能!(審査時間込)

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 3.0%~18.0% 1秒診断(※)
WEB完結 無利息期間 融資スピード
※融資まで 30日間 最短20分
※お申し込みの時間帯により翌日以降になる場合があります。
※診断結果は、入力いただいた情報に基づく簡易なものとなります。
 実際の審査では、当社規定によりご希望にそえない場合もあります。

奨学金が止まる5つの理由

警告、停止もしくは廃止の原因になり得る理由について、詳しく解説します。
 

成績が悪い

成績が悪いことは、警告、停止もしくは廃止の原因となります。具体的な数値が、日本学生支援機構のWebサイトに掲載されているので紹介します。給付奨学金の場合「修得単位数の合計数が標準単位数の6割以下の場合」「GPA(平均成績)等が下位4分の1の場合」に警告となる、と明記されています。
 

出席率が低い

授業への出席率が低いことも、マイナス要因です。給付型奨学金に関しては、出席率についても、具体的な数値が言及されています。出席率8割以下で警告、出席率5割以下で廃止になる流れです。ただし、病気やけがで登校できなかったり、地震などの自然災害で被災したりした場合はこの限りではありません。
 

留年、卒業延期が確定した

大学の場合、4年(医学部等は6年)で卒業できないことが確定した場合は、廃止となります。つまり、奨学生ではなくなるため、奨学金の支給・貸与もストップすると考えましょう。なお、引き続き在学する場合は、在学猶予願を出せば返済期限が猶予されます。
 

停学、退学などの処分を受けた

訓告処分や停学、退学などの処分を受けた場合も、奨学金の支給・貸与はストップします。
 
訓告処分や3ヶ月以内の停学である場合は停止、3ヶ月以上の停学や退学の場合は廃止として扱われるので注意が必要です。給付奨学金を受け取っていた場合、支給済みの部分について返還を求められることも覚えておきましょう。
 

奨学金継続願を出さなかった

出席日数や学業成績に特段問題がなかったとしても、奨学金継続願を出さなかったのが原因で奨学金の支給・貸与がストップすることもあります。貸与奨学金の場合は廃止、給付奨学金の場合は停止になるので注意してください。
 

まずは大学に相談しよう

警告、停止、廃止のいずれであっても、本来支給・貸与してもらえるはずの奨学金が手元に入ってこない計算になるため、学生生活にも大きく影響します。
 
停止になった場合は復活の手続きを取れば、支給・貸与が再開されるかもしれません。しかし、できることなら警告が出される前に対応すべきでしょう。
 
もし、体調に不安を感じているなどの理由で学業成績がふるわなかったり、授業に出られない状態が続いていたりする場合は、早めに学校に相談するのをおすすめします。
 

出典

独立行政法人日本学生支援機構 適格認定(学業等)
独立行政法人日本学生支援機構 適格認定
独立行政法人日本学生支援機構 よくあるご質問 継続願
独立行政法人日本学生支援機構 奨学金の休止・復活
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部

【PR】子どもの教育費はいくらかかるの?かんたん30秒でシミュレーション