更新日: 2023.01.25 暮らし

【家飲み】1ヶ月のお酒代は「3000円未満」が最多! お酒を飲まない人は「38.3%」という結果に

【家飲み】1ヶ月のお酒代は「3000円未満」が最多! お酒を飲まない人は「38.3%」という結果に
1週間頑張ったご褒美に、週末はお酒でストレス発散という人もいることでしょう。いっぽうで、毎日晩酌するというお酒好きな方も。
 
特に自宅で飲むお酒は、いつも以上にリラックスして飲めるもの。実際にどれくらいの頻度で飲んでいる人が多いのでしょうか。気になる予算とあわせ、まずは株式会社オレンジページの調査結果を読み解いてみます。
 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

飲まない人が多数! 飲む派の1位は「週4以上」「3000円未満」

この調査は、国内在住20歳以上の女性(有効回答数1145人)を対象に行われたもの。ふだん自宅でどれくらいお酒を飲んでいるのでしょうか。

【自宅でお酒を飲む頻度】

1位:お酒は飲まない・飲めない 38.3%
2位:週に4日以上 22.4%
3位:週に1日未満 18.3%
4位:週に2~3日 12.1%
5位:週に1日 8.8%

なんと、4割近くの人がお酒を飲まないと回答。飲む派でもっとも多かったのは、週4日以上でした。頻繁に飲むかまったく飲まないか、意外とくっきり分かれているようです。
 
気になるのは家飲みの予算。1ヶ月のお酒代はどのようになっているのでしょうか。お酒を飲むと回答した人のうち、さらに家族と同居している人について見てみます。

【1ヶ月のお酒代】

1位:3000円未満 39.2%
2位:5000円~1万円未満 18.7%
3位:3000円~5000円未満 18.2%
4位:1万円~2万円未満 14.4%
5位:2万円以上 3.8%

(「わからない」除く)

こう見ると、ほぼ4割の人が3000円未満におさえていることがわかります。3000円~1万円未満という人もほぼ4割、1万円以上使うという人は2割未満という結果になりました。自宅でお酒を飲む頻度は多くても、量は控えめという人が多いのかもしれません。
 

ビールより、発泡酒・ビール風アルコール飲料を買う人が多数!年代で差も


 
ふだん飲んでいるお酒の種類TOP3(複数回答)は、1位「ビール・発泡酒」(75.8%)、2位「サワー、チューハイ」(61.1%)、3位「ワイン」(48.0%)でした。プシュッと開けてそのまま飲める気軽なタイプが人気のようです。
 
この調査ではビールと発泡酒がまとめられていますが、なかには「やっぱりビールじゃないと」という人もいれば「ビールは高いから発泡酒一択」という人もいるのかもしれません。
 
そこで次は、総務省の家計調査通信を見てみます。ビールの1世帯当たりの年間購入数量は、2010年には約27リットルでしたが、2019年には20リットルを下回っています。いっぽうで、発泡酒・ビール風アルコール飲料については約27リットルと大きな変化はありません。
 
月別(2017~2019年平均)で見てみると、12月だけはわずかにビールの購入数量が発泡酒・ビール風アルコール飲料を上回っていました。このことから、ふだんは安い発泡酒・ビール風アルコール飲料を愛飲し、年末年始はビールでぜいたく&お歳暮にビールを贈るという人が多いことが推測できます。
 
ちなみに、年代が上がるほどビールを買う量と発泡酒・ビール風アルコール飲料を買う量のギャップが狭まることもわかりました。年間購入数量の差は以下のとおりです。

【「発泡酒・ビール風アルコール飲料」-「ビール」の購入数量差】

・40~49歳:約16リットル
・50~59歳:約11リットル
・60~69歳:約6リットル
・70歳以上:マイナス0.35リットル

70歳以上になると、発泡酒・ビール風アルコール飲料よりビールを買う量のほうがわずかに多い結果に。このような調査結果を見ると、贈り物にはやっぱりビールが無難と思わされます。
 
圧倒的に発泡酒が人気ですが、今後ビールの巻き返しはあるのでしょうか? 物価や景気などの移り変わりとともに、注視していきたいです。
 

出典

株式会社オレンジページ お酒にまつわる意識(@Press)
総務省統計局 <家計ミニトピックス>「ビール」及び「発泡酒・ビール風アルコール飲料」の購入数量
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部

auじぶん銀行
PayPay銀行バナー