更新日: 2023.03.13 その他暮らし

【あたしンち】母の「ミックスベジタブル弁当」は実際作るといくらかかる? 歴代のユニークなお弁当も紹介

【あたしンち】母の「ミックスベジタブル弁当」は実際作るといくらかかる? 歴代のユニークなお弁当も紹介
物価高騰が止まらない中、昼食代を少しでも節約するために職場に弁当を持参している方もいるでしょう。人気漫画『あたしンち』では、母が作るユニークな弁当が多く登場します。
 
その中でも特に異彩を放っているのが、おかずがミックスベジタブルのみの「ミックスベジタブル弁当」です。作中に登場する「ミックスベジタブル弁当」を実際に作るといくらかかるのかを検証しました。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

漫画『あたしンち』とは

漫画『あたしンち』とは、読売新聞日曜版に1994年6月から2012年3月まで連載されていた人気漫画です。母、父、みかん、ユズヒコの4人家族であるタチバナ家の日常をほのぼのと描いています。連載終了までの話数は760本、単行本にすると21巻の長編作品です。作品の魅力の1つに、母が作る“豪快”な手料理があります。毎日父と子どもに作っている弁当は、おかずが「焼き鮭」のみ、「きんぴらごぼう」のみなどという衝撃的な内容です。
 

【PR】おすすめの住宅ローン

auじぶん銀行

au-bank
おすすめポイント

・がん診断保障に全疾病保障を追加
・住宅ローン人気ランキングNo.1!

変動
0.179 %

※住宅ローン金利優遇割最大適用後の変動金利(全期間引き下げプラン)
※新規借入れ
当初10年固定
%

※当初期間引下げプラン
当初20年固定
%

※当初期間引下げプラン
詳しくはこちら

【auじぶん銀行の注意事項】
※金利プランは「当初期間引下げプラン」「全期間引下げプラン」の2種類からお選びいただけます。
ただし、審査の結果保証会社をご利用いただく場合は「保証付金利プラン」となり、金利タイプをご選択いただけません。

※固定金利特約は2年、3年、5年、10年、15年、20年、30年、35年からお選びいただけます(保証付金利プランとなる場合は、3年、5年、10年に限定されます)。
金利タイプを組合わせてお借入れいただくことができるミックス(金利タイプ数2本)もご用意しています。 お申込みの際にご決定いただきます。

※ただし、審査の結果金利プランが保証付金利プランとなる場合、ミックスはご利用いただけません。

※審査の結果によっては保証付金利プランとなる場合があり、この場合には上記の金利とは異なる金利となります。金利プランが保証付金利プランとなる場合は、固定金利特約が3年、5年、10年に限定されます

・変動金利について
※2024年7月現在・本金利プランに住宅ローン金利優遇割を最大適用した金利です。
※J:COM NET優遇割・J:COM TV優遇割は戸建のみ対象
※ J:COM NET優遇割、J:COM TV優遇割、コミュファ光優遇割は適用条件充足後、3ヶ月後から適用開始となります。

ミックスベジタブル弁当のコストを算出!


 
娘のみかんは母の弁当に不満を募らせており、「おかずが1つしかないのは嫌」「茶色すぎる」などとクレームを入れます。その結果、母が作ったのは、おかずがミックスベジタブルのみの「ミックスベジタブル弁当」です。弁当箱の3分の2以上をミックスベジタブルが占めており、白米に「梅干し」が載っているだけという衝撃的な内容でした。
 
ミックスベジタブル弁当を自宅で作った場合、どのくらいのコストがかかるのでしょうか。大手スーパーの「冷凍ミックスベジタブル」の価格を調べたところ、300グラム入りで約170円でした。弁当箱の3分の2以上をミックスベジタブルが占めていることを考えると、1食当たり相当な量のミックスベジタブルを使用していると予想できます。
 
仮に1人前200グラム使用したとするとコストは約113円です。ご飯は少なそうに見えるため、子ども茶わん1杯分(約100グラム)で計算してみましょう。10キロ3000円の米を購入している場合、1杯当たりのコストは約28.8円となります。梅干しを仮に10円とした場合、合計コストは約151.8円です。
 

歴代のユニークな弁当も紹介

漫画「あたしンち」では、他にもユニークな弁当が多く登場します。みかんが「茶色すぎる」とクレームを入れたのは、おかずが「さつま揚げ」半分と「ゆで卵」1個のみの弁当です。農林水産省が発表した「食品価格動向調査(令和5年2月)」によると、鶏卵1個当たりの価格は約26.2円です。
 
仮にさつま揚げ1個を30円で購入したと仮定して、1人前当たり15円となります。ご飯を中茶わん1杯分(約140グラム)とすると約40.2円、梅干し1個を入れると合計コストは約91.4円です。
 
作中では、おかずがミニトマトのみの弁当も登場しました。東京都中央卸売市場によると、令和4年12月のミニトマト1キロの平均価格は554円です。ミニトマト1個の重さを15グラムとすると、1個当たりの価格は約8.3円となります。
 
アニメででは見える範囲でミニトマトが18個ほど入っているので、ミニトマト代だけで約149.4円かかります。中茶わん1杯分(約140グラム)と梅干し1個分のコストを加えると、合計コストは約199.6円です。
 

漫画「あたしンち」に登場する弁当はコスパが悪い

株式会社ニチレイフーズの調査によると、弁当1食当たりにかける全国平均額は231.5円です。一方で、「あたしンち」に登場するミックスベジタブル弁当の合計コストは約151.8円、ミニトマト弁当の合計コストは約199.6円と推定されます。「あたしンち」に登場する弁当は、全国平均額と比較すると安いことが判明しました。
 
ただし、内容を考えると決してコスパが良いとはいえません。現実的に考えると、栄養面からも少し心配といえるでしょう。
 

出典

けらえいこ公式サイト 作品紹介 あたしンち
イオンのプライベートブランドTOPVALU(トップバリュ) スーパースイートコーンを入れたミックスベジタブル
農林水産省 食品価格動向調査(食肉鶏卵)
東京都中央卸売市場 統計情報検索結果 検索結果/品目別取扱実績(ミニトマト)
株式会社ニチレイフーズ お弁当事情に関する調査
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部

ライターさん募集