更新日: 2023.05.01 その他暮らし

着物離れの理由は「高価だから」? 予算3万円台から着物を楽しむコツとは?

着物離れの理由は「高価だから」? 予算3万円台から着物を楽しむコツとは?
日本の伝統と風情を感じられる着物はとても魅力的ですが、最近では冠婚葬祭やお祭りなどのイベントで着る機会はあっても、普段の生活で身に着ける人は減る一方でしょう。
 
着物は高いから、普段には着られないと考えている方もいるのではないでしょうか?
 
実は、着物は工夫次第でお手軽に手に入れることができるのです。この記事では、「予算3万円程度」で着物を気軽に楽しむコツを紹介します。
 
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関するニュースを、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

予算3万円で着物が購入できるならレンタルよりお得!?

着物着付け教室を運営しているCommonStyle株式会社が2022年11月、20~40代の男女1056人を対象に「着物離れ」に関する調査を実施しました。それによると、普段、着物を着ない理由では、31.7%が「高価なものが多いから」と回答。高コストなイメージが着物離れの一因になっていることがうかがえます。
 
一方、TripFarm株式会社が運営する着物レンタル専門店「梨花和装」が2022年8月、20~60代の男女100人を対象に実施した「着物レンタル店の利用機会や予算」に関する調査によると、着物レンタルを利用する際の予算の想定は「1万~3万円」の価格帯が34%でトップでした。
 
レンタルでも3万円かかるのであれば、同等額で着物が手に入るなら購入した方がお得かも……と思われる方もいるでしょう。
 
着物を購入する際、選び方によっては安く手に入れることができます。
 

色無地の着物

色無地は着物の生地全体を一色に染めて仕立てるため、リーズナブルな値段で入手できることもあります。用途によって着分けることのできる、利用範囲の広い着物として親しまれています。シンプルだからこそ帯を変えることでいろいろなコーデを楽しむことができるという点もメリットですね。
 
格式の高い場所で着られることが多いようですが、選び方次第では1万5000円前後で購入できるところもあるようです。また、着物に合う帯や草履も、おのおの新品で5000円程度で入手できるものもあります。
 

リサイクルショップを活用

ネット通販で購入もできますが、初心者であまり知識がない方は、対面で購入することをお勧めします。というのもネットで購入すると、写真と実際の見た目が違ったり、サイズが合わなかったりする恐れもあるからです。
 
店舗を構えたリサイクルショップならば、お店の人に聞きながら、実物を見て選べます。新品の10分の1の値段で販売されていることもあります。
 

ネットショップを活用

何といっても幅広いアイテムの中から、希望する価格帯の着物選びができるのが利点といえるでしょう。実店舗だとハードルが高くて入りにくいと感じる方や、近くにお店がないという方でも、手軽に購入できるのもよいですね。
 

メンテナンスをして、長く着物を楽しもう

着物は購入した後の管理とメンテナンスがとても大切になります。着物を長期間タンスに入れっぱなしにしていて久しぶりに開けたらシミがあった、というケースは珍しくありません。
 
また、汗を吸ったままの状態で着物をしまうと、変色する恐れがあります。着物を脱いだら、風通しがよく直射日光の当たらない部屋に、着物・帯を干しましょう。
 
大切な着物を長持ちさせるためには、「湿気」から守ることが大事です。そして汚れがある場合や、大雨などでぬれた場合は、クリーニング店に任せるのもおすすめです。購入した着物を長い期間、楽しめるようにしましょう。
 

出典

CommonStyle株式会社 「着物離れ」に関する調査(PR TIMES)
TripFarm株式会社 「着物レンタル店の利用機会や予算」に関する調査(PR TIMES)
梨花和服
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

auじぶん銀行