更新日: 2023.05.09 その他暮らし

100万円超えも! 自転車マニアが注目する「電動アシスト付き」のスポーツ自転車

100万円超えも! 自転車マニアが注目する「電動アシスト付き」のスポーツ自転車
毎日の満員電車や渋滞を避けるために、走行性能の高いスポーツ自転車が通勤用自転車として注目を集めている。
 
スポーツ自転車とは、ロードバイクやマウンテンバイクなどの自転車を総称する名前であり、ママチャリと比べて重量が軽く、出せる速度も高いのが特徴だ。こうしたスポーツ自転車が多くの人から支持されるなか、一部では電動アシスト付スポーツ自転車も注目されつつある。
 
本記事では、なぜ電動アシスト付スポーツ自転車が注目されつつあるのか、そのメリットについて見ていこう。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

電動アシスト付スポーツ自転車と通常のスポーツ自転車の違い

「通常のスポーツ自転車と電動アシスト付スポーツ自転車を比べて、最も大きく違うのは走行時の負担ですね」
 
そう語るのは長年自転車を趣味としており、休日は長距離のサイクリングも楽しむYさんだ。
 
そもそも自転車はペダルを踏み込むことで、チェーンが回転し、チェーンと連動してタイヤが回って走行する。電動アシスト自転車では自転車にモーターが設置され、ペダルを踏み込むとモーターが稼働し、走行をサポートする仕組みだ。これにより、長距離の走行でも走行者の負担を大きく軽減させることができる。
 
一見すると、通常のスポーツ自転車に比べて、電動アシスト付スポーツ自転車のほうが優れているように感じるが、そこには自転車愛好家ならではのこだわりがあるのだそう。
 
「確かにアシスト付きのスポーツ自転車はすごく便利なのですが、私たちのような趣味で自転車を楽しんでいる人間からするとちょっと物足りない部分もあるんですよね。というのも電動アシスト付のスポーツ自転車よりも、通常のスポーツ自転車のほうが速いんですよ」
 

「速く走る」ことは通常スポーツ自転車に軍配が上がる

自転車でサイクリングを楽しむ人のなかには、「速く走る」ことを重視する人もいる。速く走るためには自転車自体の重量を軽くすることも重要であり、そのためにフレームの素材にこだわる人がいるほどだ。
 
一方、電動アシスト付自転車はモーターのアシストによって走行をサポートするが、一定の速度に達すると自動的にアシストがオフになる仕様となっている。つまり、電動アシスト付スポーツ自転車は一定の速度に達すると、通常のスポーツ自転車と変わらない走行性能となるのだ。
 
むしろ、電動アシスト付スポーツ自転車ではモーターが搭載されているため、通常のスポーツ自転車よりも車体重量が重くなり、速度が出しづらくなってしまう。こうした理由から、自転車愛好家のなかでは、電動アシスト付スポーツ自転車を敬遠する人も多いのだそう。
 
ではなぜ、Yさんは電動アシスト付スポーツ自転車に着目しているのだろうか。
 

電動アシスト付スポーツ自転車は日々の運動をしたい人におすすめ

「最近の健康志向ブームの影響か、サイクリングが気になっている人が増えてるんですよ。同僚からもサイクリングについて質問を受けるんですが、サイクリングの日程を教えると皆決まって『そんなに走るの? 帰るときしんどくない?』って言うんです。僕たちは『自転車で走ること』自体が楽しいので問題ないのですが、サイクリングにハードルの高さを感じている人には電動アシスト付スポーツ自転車がおすすめです」
 
電動アシスト付自転車では、モーターのサポートによって走行時の負担は大きく減少する。しかし、根本的には走行者自身がペダルを踏み込んでいるため、運動の効果が期待できるだろう。このような理由から、日々の運動不足改善のために休日のサイクリングを検討している人は、電動アシスト付スポーツ自転車もおすすめだ。
 
また、停発進の多い街中では電動アシストの恩恵を大きく受けられるため、通勤・通学やちょっとした外出で利用する際も大いに活躍するだろう。
 

【PR】おすすめの住宅ローン

auじぶん銀行

au-bank
おすすめポイント

・がん診断保障に全疾病保障を追加
・住宅ローン人気ランキングNo.1!

変動
0.179 %

※住宅ローン金利優遇割最大適用後の変動金利(全期間引き下げプラン)
※新規借入れ
当初10年固定
%

※当初期間引下げプラン
当初20年固定
%

※当初期間引下げプラン
詳しくはこちら

【auじぶん銀行の注意事項】
※金利プランは「当初期間引下げプラン」「全期間引下げプラン」の2種類からお選びいただけます。
ただし、審査の結果保証会社をご利用いただく場合は「保証付金利プラン」となり、金利タイプをご選択いただけません。

※固定金利特約は2年、3年、5年、10年、15年、20年、30年、35年からお選びいただけます(保証付金利プランとなる場合は、3年、5年、10年に限定されます)。
金利タイプを組合わせてお借入れいただくことができるミックス(金利タイプ数2本)もご用意しています。 お申込みの際にご決定いただきます。

※ただし、審査の結果金利プランが保証付金利プランとなる場合、ミックスはご利用いただけません。

※審査の結果によっては保証付金利プランとなる場合があり、この場合には上記の金利とは異なる金利となります。金利プランが保証付金利プランとなる場合は、固定金利特約が3年、5年、10年に限定されます

・変動金利について
※2024年7月現在・本金利プランに住宅ローン金利優遇割を最大適用した金利です。
※J:COM NET優遇割・J:COM TV優遇割は戸建のみ対象
※ J:COM NET優遇割、J:COM TV優遇割、コミュファ光優遇割は適用条件充足後、3ヶ月後から適用開始となります。

価格帯はピンキリ。高額な物では100万円以上も!?

電動アシスト付スポーツ自転車の価格帯についても見ていこう。電動アシスト付スポーツ自転車はどれも比較的高額であり、最低でも10万円以上は必要となる。ある程度性能や各種サービスにこだわるのであれば、25~40万円程度は必要であり、機能面に妥協をしない方向けに100万円近くする商品も展開されている。
 
こうした価格帯の違いは、用いられているパーツの素材や部品の性能、バッテリーの性能、各種保証などによって生じる。価格帯が高くなるにつれて、走行性能は高く、バッテリーも長持ちするようになるのだ。
 
また、ハイエンドな商品になると、オフロードでも快適な走行を実現するためのサスペンション機能や、走行する道の状況に応じてアシスト能力を変更できるアシストモードなどが搭載されている。購入の際は、自分がどういった機能を求めているのかをよく考えながら、選んでいくとよいだろう。
 

自分に必要な機能を考えて適した商品を購入しよう

電動アシスト付スポーツ自転車は街中での利用で活躍するスポーツバイクだ。
 
装着されたモーターが走行をサポートしてくれるため、負担が少なくサイクリングを楽しめる。一方で、価格帯はピンキリであり、人によっては高価格帯の商品ではオーバースペックかもしれない。自分の利用用途や利用シーンを想定したうえで、必要十分な機能が搭載された電動アシスト付スポーツ自転車を選ぶとよいだろう。
 
ただし、あまりに安価な製品はバッテリーの性能が低く、寿命も短い恐れもある。そのため、「バッテリーや部品はメーカーや修理屋さんで交換できるのか」といった部分にも着目するのがおすすめだ。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集