更新日: 2023.05.15 その他暮らし

高額給与にだまされるな! 特殊詐欺やオレオレ詐欺の闇バイト募集の見分け方は?

高額給与にだまされるな! 特殊詐欺やオレオレ詐欺の闇バイト募集の見分け方は?
2023年は、特殊詐欺事件のニュースを多く見聞きします。SNSやインターネット掲示板などで、特殊詐欺の「闇バイト」の募集を見たことはないでしょうか。求人情報に記載された高額報酬にひかれて応募してしまうと、思わぬ詐欺や犯罪に巻き込まれるリスクがあります。
 
本記事では、闇バイト募集の見分け方のポイントを紹介します。一度の失敗が取り返しのつかない事態を招くことがありますので、十分注意しましょう。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

特殊詐欺とは? 闇バイトはなぜ怖い?

警察庁の特殊詐欺対策ページによると、特殊詐欺とは「不特定多数の者から現金等をだまし取る犯罪」のことです。オレオレ詐欺や預貯金詐欺、還付金詐欺、架空料金請求詐欺など、さまざまな手法が存在します。
 
特殊詐欺に加担する闇バイトと気付かずに応募してしまうと、詐欺の受け子や出し子、運び屋など、犯罪組織の手先として利用されてしまいます。また、一度でも闇バイトをしてしまうと、相手に提出している身分証明書の情報を盾に相手に脅され、闇バイトをやめられなくなってしまうのです。
 

闇バイトと普通のバイトとの見分け方

募集されているのが闇バイトなのか、普通のバイトなのかは、よく考えればすぐに分かるはずです。具体的には、次のような仕事は普通のバイトとはいえません。いくらお金が欲しいからといっても、焦って飛びつかないようにしましょう。
 

・仕事内容に対して報酬が高すぎる

「書類を受け取るだけで日給5万円」など、明らかに仕事内容と対価が不釣り合いな場合には、闇バイトの恐れがあります。
 
バイトを探すときに特に注意したいのは、「高額即金」「短期高収入」「即日現金」といった言葉です。世の中に、楽をして一瞬で大金を確実に稼げる合法的なバイトは基本的に存在しません。
 

・会社の住所などの情報が非公開である

通常のバイトであれば、募集先の企業の住所や社員情報なども公開されています。公式サイトに、求人募集として掲載されている場合も多いでしょう。
 
求人募集がTwitterなどSNS上にしか情報がなく、募集元の情報も公開されていないのは不自然です。求人情報を確認するときには、報酬だけでなく詳細情報も確認しましょう。
 

・バイトをするのにスーツを支給される

制服を貸与されることはあっても、バイトをするのに雇う側から無料でスーツを支給されるということは一般的にあり得ません。数万円もの日当でさらにスーツも支給というときには、特殊詐欺の受け子をさせられる可能性が疑われます。
 

・仕事内容の実態が見えない

「書類を受け取るだけ・自宅に届いた荷物を転送するだけ」など、簡単そうでも実態が見えない怪しい仕事も避けましょう。知らないうちに特殊詐欺に加担している恐れがあります。
 
このほか、申込時に匿名性の高いアプリをインストールするように指示される場合も、闇バイトである可能性が考えられます。
 

【PR】タウンライフ土地活用

おすすめポイント

・最適な活用方法が複数社から全て無料で貰える!
800 万円の差がでることも!土地活用による節税&相続対策!
・スマホで簡単!3 分で依頼完了
・土地活用の初心者も安心!手軽に専門家に相談可能!

少しでも怪しいと思ったときには周囲に相談を

「条件が良すぎる」など少しでも怪しいと思ったときには、家族や信頼できる友人などに相談し、第三者の意見を聞きましょう。
 
万が一、闇バイトに申し込んでしまった場合には、すぐに最寄りの警察署や警視庁総合相談センターに相談してください。このほか、警視庁のヤング・テレホン・コーナーでは、20歳未満の人からの相談を24時間受け付けていますので、相談したいと思ったときにすぐに連絡してみましょう。
 

出典

東京都 特殊詐欺加害防止 特設サイト
警視庁 #BAN 闇バイト
警察庁・SOS47 特殊詐欺対策ページ 特殊詐欺の手口と対策
警視庁 特殊詐欺とは
警視庁 ヤング・テレホン・コーナー
 
※2023/5/15 記事を一部修正いたしました。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集