更新日: 2023.05.19 その他暮らし

「テレビの電気代」はどのくらいかかる?買い替え時に意識したい節約ポイント

「テレビの電気代」はどのくらいかかる?買い替え時に意識したい節約ポイント
毎日、なんとなくテレビをつけっぱなしにしたまま、過ごしている方もいらっしゃるでしょう。しかし、テレビを長時間つけたままの場合、電気代が気になります。
 
テレビは、種類やサイズによって電気代が異なり、なかでも、大きいテレビやプラズマテレビなどは消費電力が高く、その分電気代がかかります。今、自分が使っているテレビの消費電力を知らないでいると、電気代が高額になってしまうおそれがあります。
 
そこで今回は、テレビにかかる電気代や、その計算方法をまとめました。さらに、テレビの買い替え時に意識すべきポイントもご紹介します。
 
テレビにかかる電気代を知ることで、賢く節約しましょう。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

月々のテレビにかかる電気代は種類によって異なる

テレビにかかる電気代は、画面の大きさや画素数、機能によって異なります。例えば液晶テレビは、プラズマテレビや有機ELに比べて、消費電力が低いとされています。
 
テレビの電気代は、以下の計算式で確認してみましょう。
 
テレビの消費電力(キロワット)×テレビの視聴時間(時間)×1キロワットアワーあたりの電気料金消費電力は、製品のカタログや取扱説明書などに記載されています。実際に、この計算式に数字をあてはめて、電気代を算出してみましょう。
 
【消費電力が125ワットの液晶テレビを1日2時間視聴した場合】
※東京電力エナジーパートナー電力量料金単価:19.91円/キロワットアワー(~120キロワットアワーの場合)
 
まずは消費電力を、ワットからキロワットに変換します。
 
125(ワット)÷1000=0.125(キロワット)
 
次に、先ほどの計算式にあてはめます。
 
0.125(キロワット)×2(時間)×19.91(キロワットアワー)=4.9775円
 
1日あたり約5円となり、1ヶ月だと150円の電気代がかかることが分かりました。年間にしておよそ1800円です。
 
ちなみにプラズマテレビだと、消費電力が350ワットほどになるため、1日2時間視聴すると、1日あたり約14円、年間にすると約5040円です。
 
液晶テレビを使用することで、電気代を大幅に節約できます。
 

電気代を節約するなら省エネ性能がよいテレビを選ぶ

一般財団法人家電製品協会「スマートライフおすすめBOOK 2022」によると、最近では、省エネ機能を搭載したテレビが多く、10年前に比べて、約31%もの省エネ効果が期待できるそうです(32V型液晶テレビの場合)。
 
そこで、省エネ性能に優れているかどうかを確認するためのポイントを下記にまとめました。

●年間消費電力量:画面サイズが大きいほど、消費電力量は上がる
●「統一省エネラベル」の省エネ基準達成率:パーセンテージが高いほど、省エネ性能に優れている
●待機時省電力
●省電力機能:オフタイマーや明るさセンサーなどの機能

テレビを買い替える際は、大きさだけではなく、上記ポイントに注目して選ぶことが、電気代を節約するコツです。
 

【PR】タウンライフ土地活用

おすすめポイント

・最適な活用方法が複数社から全て無料で貰える!
800 万円の差がでることも!土地活用による節税&相続対策!
・スマホで簡単!3 分で依頼完了
・土地活用の初心者も安心!手軽に専門家に相談可能!

自分に合ったテレビで電気代を節約

テレビは、種類や画面サイズによって、かかる電気代が異なります。
 
そのため、省エネ性能の優れたテレビにしたり、部屋の広さに適したサイズのテレビにしたりすることで、節約につながります。
 
ほかにも、基本的なことですが、テレビをつけっぱなしにしないことも大切です。
 
テレビを買い替える際には、今回ご紹介したポイントを意識してみましょう。
 

出典

一般財団法人家電製品協会 スマートライフおすすめBOOK 「スマートライフおすすめBOOK 2022」
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集