更新日: 2023.05.22 その他暮らし

消費者金融での借り入れの前に。利息で苦労しないための返済計画をたてよう

消費者金融での借り入れの前に。利息で苦労しないための返済計画をたてよう
手元に現金がないとき、気軽に借りられる消費者金融は便利な存在です。しかし利用には利便性だけでなく、デメリットやリスクも考慮する必要があります。
 
消費者金融の利用で陥る可能性のあるリスクや、適切な返済プランについて紹介します。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

消費者金融で陥りやすい問題点とは

消費者金融で現金を借り入れる場合、陥る可能性がある問題点やリスクも考慮することが大切です。リスクについて、具体的にみていきましょう。
 

気軽さから何度も借り入れをしてしまう

消費者金融は、急に現金が必要となったときにすぐ借りられる利便性の高さがメリットです。気軽に利用できるというメリットが、利用する人によっては逆効果になります。
 
限度額の範囲であれば、返済して借り入れが何度もできるので、ATMから預金を引き出すような感覚のまま、お金を借りることへの敷居が低くなってしまうのです。そのため借金のくせがつき、借り過ぎてしまう危険性や、返せなくなるリスクも考えられます。
 

金利が高い

消費者金融は、銀行系のカードローン等の手段と比較すると、高い金利となっています。消費者金融は、最高金利が18.0%に設定されていることが多いです。金利が高いと、トータルの返済額も増えますので、負担が増えます。
 

ローン審査に影響がある場合も

マイカーローンや教育ローン等でまとまった金額を借り入れる場合には、金融機関による審査が行われます。消費者金融での借り入れ履歴自体は、ローンの審査にそれほど影響はないといわれています。
 
しかし、消費者金融から借り入れをして延滞が発生した場合、信用情報に記録として残され、ローンの審査に影響が及ぶと考えられます。さらに住宅ローンの場合は、借り入れした金額の合計で審査を行い、融資金額が決定します。消費者金融から借りた金額によっては、希望していた金額の融資を受けられない場合も考えられます。
 

依存症になるリスクがある

必要があって借り入れるのではなく、ストレス発散の手段として、消費者金融で借り入れてショッピングや遊びなどに出費をすることが続くと、依存症のリスクが考えられます。出費をして一時的にストレス発散することができても、解決にはなりません。何も残らずに借金ばかり増える危険をはらんでいるのです。
 

知っておきたい消費者金融の返済のポイント

消費者金融で借り入れをすると、当然、返済の必要が生じます。できるだけ家計に響かないように効率的に利用し、返済する方法やポイントについて知っておきましょう。
 

返済の手数料がかからない方法を選ぶ

消費者金融から借り入れた金額を返済する場合、ほとんどの会社では、複数の返済方法が選択できます。
 
指定の銀行口座に振り込む場合や、提携しているATMから返済する場合は、手数料が必要となります。毎月返済する度に手数料を支払うと、積み重なると大きな負担となります。口座振替や消費者金融会社の専用ATM、インターネット返済等、できるだけ手数料がかからない方法を選ぶようにしましょう。
 

返済する期日設定を考慮する

消費者金融への返済が遅れると、日数によって遅延金が発生してしまいます。また、信用情報にも掲載されます。
 
消費者金融で借り入れる際には、申し込んだ人が返済をする期日を指定することができます。給料日の翌日等、必ず返せる日を選び、延滞しないように気をつけて延滞しないようにしましょう。
 

繰り上げ返済をする

繰り上げ返済は、決められた額以上を返済する方法です。多く返済をすることで、返済に要する期間が短くなります。短縮された期間の利息がかからないため、トータルの返済額が減り、負担が軽くなります。
 
家計に余裕がある月は、できるだけ多めの金額を返済するようにしましょう。
 

消費者金融の利用はリスクも踏まえておこう

消費者金融は、気軽に現金の借り入れができる方法ですが、リスクもあります。返済しやすい日に返済日を設定する、繰り上げ返済を利用する等、返済計画をきちんと立てて利用するようにしましょう。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集