更新日: 2023.05.23 その他暮らし

手首の疲れ、キーボードのせいかも?医療費の節約にもつながるキーボード選びのポイントとおすすめのキーボード3選

手首の疲れ、キーボードのせいかも?医療費の節約にもつながるキーボード選びのポイントとおすすめのキーボード3選
働き方の変化もあり、在宅ワークでパソコンを日常的に扱うことが増えた昨今、何気なく使っているキーボードで、手首に疲れや痛みを感じる方も少なくはないでしょう。
 
医療機関や整体に通ったり、薬局で湿布を購入したりと、なにかとかかってしまう医療費は、できるだけおさえたいもの。
 
そこで今回は、キーボードを選ぶポイントと、おすすめのキーボードを3種ご紹介します。ぜひ参考にしてください。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

キーボードを選ぶポイント

キーボードを選ぶ際には、以下の五つのポイントがあります。


・対応しているOS(Windows・Macなど)
・接続方法(ワイヤレスタイプ・有線タイプ)
・キーボード配列(日本語配列・英語配列)
・使いやすさ(打鍵感・キーピッチ・キーストローク・テンキーの有無)
・耐久性や防水性

「キーピッチ」とは、隣接するキーとの距離のことであり、一般的な19mmよりも狭いものは、タイピングする窮屈さはありますが、持ち運びにはかさばらずに便利です。
 
また、キーを押したときの沈み込む深さである「キーストローク」は、タイピング速度を重要視する方には、標準の3〜4mmよりも浅いものが向いています。キーボードの右側にある「テンキー」は、数値入力をする機会が多い方には、搭載されている方がよいでしょう。
 

おすすめの人気キーボード3選

キーボードの特徴を解説しながら、おすすめの人気キーボードを3種ご紹介します。あなたの在宅ワークや好みに合ったキーボードを見つけるための参考にしてください。
 

有線タイプ:東プレ REALFORCE R3SC11

自宅で長時間タイピングする方におすすめのキーボード。列によってキーの高さが最適化されていることで無理にキーを押し込まなくてよいため、ほかの機種に比べると、格段に指や腕・肩が疲れにくいです。
 
専用ソフトでキー感知を4段階に調整することも可能。価格は少し高いのですが、心地よい打鍵感を維持しながらもタイピング音は静かで、耐久性にも優れています。テンキーレス設計のためサイズが小さく、場所をとらない点も魅力の一つといえるでしょう。
 
標準価格:2万3100円(税込み)
 

ワイヤレスタイプ:ロジクール K380

携帯性に優れた定番キーボードで、パソコンだけでなく、タブレットやスマートフォンでも使用できる、ミニマリスト向けのキーボード。最大3台までデバイスの登録ができて、ボタン一つで切り替えられます。
 
幅279mmのコンパクトな設計ながら、18mmのキーピッチが確保され、キー表面には球形のくぼみも設けられているため、スムーズなタイピングが可能。利便性や機能性だけでなく、5色のおしゃれなカラーバリエーションもあり、人気のモデルです。
 
持ち運びしやすく、自宅以外でも使いたい方におすすめです。
 
標準価格:4400円(税込み)
 

Mac向け:Apple Magic Keyboard MQ052J/A

テンキーが掲載されたApple純正のキーボードであり、電卓や表計算ソフトなどを使う方や、数値を入力する機会が多い方におすすめです。
 
2019年までMacBookに搭載されていたキーよりも、静音で適度な打鍵感のある構造に改良されているため、快適でタイピングしやすくなったと好評のようです。
 
書類などを素早くスクロールする操作キーもついています。ワイヤレスで使用可能なため、デスクの上がすっきりと片づきます。
 
内蔵バッテリーは、一度充電すると、1ヶ月以上は駆動しますので、利便性にも優れています。
 
標準価格:1万6800円(税込み)
 

【PR】タウンライフ土地活用

おすすめポイント

・最適な活用方法が複数社から全て無料で貰える!
800 万円の差がでることも!土地活用による節税&相続対策!
・スマホで簡単!3 分で依頼完了
・土地活用の初心者も安心!手軽に専門家に相談可能!

在宅ワークの作業環境を整える大切さ

キーボードによる入力作業は、大きな力は必要ありませんが、持続的な細かく素早い動きが必要とされるため、筋肉は疲れやすいといわれています。
 
指先から肘に蓄積した疲労によって、部分的な血行不良になり、肩や首の疲れや痛みに至るため、在宅ワークには適切な作業環境をつくることは大切です。
 
肘が90度になる高さで座って、指先が自然に届く位置にキーボードを置けば、無理のない楽な姿勢をとりやすくなります。
 
厚生労働省の発表した「テレワークの適切な導入及び実施の推進のためのガイドライン」では、ディスプレイとキーボードは、姿勢を調整しやすいように、分離したものが推奨されています。
 
健康的に仕事に集中できる環境づくりのためにも、身体に負担がかかりにくいキーボード選びに、目を向けてみてはいかがでしょうか。
 

出典

厚生労働省「テレワークの適切な導入及び実施の推進のためのガイドライン」
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集