更新日: 2023.05.23 その他暮らし

有名YouTuberになって稼ぎたい!多くの人に観られる動画テーマを選ぶコツ

有名YouTuberになって稼ぎたい!多くの人に観られる動画テーマを選ぶコツ
今や立派に職業として世の中に認められ、人気職業ランキングでも上位に位置する「YouTuber」。動画投稿だけで食べていけるほどに、稼げるようになるには、動画テーマを慎重に選ぶ必要があります。今回は、有名YouTuberからヒントを得ながら、多くの人に観てもらうための、動画テーマの選び方のコツをご紹介します。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

多くの人に観てもらえる動画テーマの選び方のコツ

YouTubeを始めるにあたり、動画テーマは重要なポイントの一つです。
 
テーマが定まっていないと、方向性に統一感がなくなり、固定ファンを獲得することは難しくなるからです。多くの人に観てもらえるような動画テーマを選ぶには、どうすればよいか、ここでは三つのコツをご紹介します。
 

自分が本当に好きなことをテーマにする

YouTuberとして稼ぐには、数多くの動画を投稿し続ける必要があります。つまり、ネタが尽きないことが重要です。そのためには、自分が本当に好きなことをテーマにするとよいでしょう。
 
本当に好きなことをテーマにして、チャンネル登録者数を増やしているYouTuberの例を挙げてみます。
 
・たっちゃんねる
「食べて飲むのが好きな独身中年男」が、さまざまな場所へ旅行に出掛け、地元の料理とビールを楽しむ動画です。2023年5月時点で、370本の動画を投稿し、チャンネル登録者数は38万3000人に達しています。毎週土曜日に動画を投稿しますが、旅行できないときは、地元名古屋で食べたり飲んだりして、ネタが尽きることはありません。
 
・スーツ交通
主にJRなどの鉄道の解説動画を投稿するチャンネルで、2023年5月時点で登録者数105万人を誇ります。自称「電車マニア」のスーツは、大好きな電車に関してネタが尽きることはなく、2489本の動画を投稿しています。
 
動画テーマにはさまざまなものがありますが、人気テーマだからという理由では、長く続けるのは難しいでしょう。自分が熱中できて、オタクになれるほど好きなテーマであれば、無理なく続けられることが期待できます。
 

有名YouTuberの動画を研究する

視聴回数の多い動画には、その理由があります。同じテーマでも、視聴回数に差が出るのはなぜなのでしょうか。
 
視聴回数の多い動画をつくるには、有名YouTuberの動画を研究するとよいでしょう。どのような話し方や表現、作風が好まれるのかを研究することは重要で、カメラのアングルや、使用している機材なども参考になります。
 
過激なテーマで話題性を狙う「炎上系YouTuber」もいますが、おもしろいコンテンツで勝負するYouTuberのほうが、長期的に活躍できる傾向にあります。例えば、国内で知名度の高いHIKAKIN(ヒカキン)は、子どもから大人まで楽しめる動画を投稿していますので、長期にわたって人気をキープしています。
 

自身のテーマにおける視聴者のニーズを探る

視聴者のニーズを探りつつ、コンテンツに盛り込むことも重要です。同じテーマでも、ターゲットとなる視聴者は異なります。
 
例えば「旅」がテーマの場合、視聴者によって「現地の人との交流を見たい」「行程や費用目安を知りたい」「普通の人が行かないような所を見てみたい」など、ニーズはさまざまです。
 
視聴者のニーズをしっかりと満たすことで、ファンの獲得につながるでしょう。
 

まだまだ稼げる? YouTuberの収入事情

YouTuberの中には、収入が減少したとコメントしている人もいます。その一方で、今後の収入に関して楽観的なコメントを述べている人もいます。
 
YouTuberの収入源は広告収入だけではありません。企業からの案件を獲得することで、大幅な収入アップを狙えます。また、ライブ配信や動画のプレミア公開で、チャット機能を使って配信者へお金を送る「スーパーチャット(投げ銭)」を、上手に活用する方法もあります。
 
YouTuberは、工夫次第で、まだまだ稼げる職業だといえるでしょう。
 

動画をバズらせるためにトライ&エラーを繰り返そう!

自分の好きなことをテーマにして、動画投稿で収入が得られるYouTuberは、多くの子どもたちも憧れる魅力的な職業です。しかし、動画を投稿してすぐに、収益化できるわけではありません。
 
自分の好きなことをテーマにして、有名YouTuberを参考にしながら、視聴者のニーズを探りましょう。すぐに結果が出なくても、トライ&エラーを繰り返してください。まずは、1本の動画をバズらせることを目標にして、収益化を目指しましょう。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー
 

ライターさん募集