更新日: 2023.05.25 その他暮らし

マイナンバーカードを取得すると税金面で不利って本当?マイナンバーと税金の関係を解説

マイナンバーカードを取得すると税金面で不利って本当?マイナンバーと税金の関係を解説
マイナンバーカードに対して不信感を持っている方も多いかもしれません。マイナンバーカードは、行政運営の効率化や公正な社会の実現を目的に設けられました。しかし、マイナンバーを通じて「国に個人情報を握られる」と考え、ネガティブな感情を持っている人も少なくありません。
 
こちらの記事では、マイナンバーと税金の関係や、マイナンバーカードを取得するメリットなどを解説します。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

マイナンバー制度が設けられた目的

マイナンバー制度は、社会保障や税金、災害対策の分野で、効率的に国民の情報を管理することを目的に設けられました。
 

【マイナンバー制度の導入の目的】

・国民の利便性の向上
社会保障・税金関系の申請時の手続きを簡素化する

・行政の効率化
国や地方公共団体の間で情報の照合を行い、手続きを正確かつスムーズに行う

・公平・公正な社会の実現
国民の所得状況等が把握しやすくなり、税や社会保障の負担を不当に免れることや不正受給を防止する

 
行政の効率化や公正な社会実現を目的としており、マイナンバー制度の導入は社会的にメリットが大きいといえるでしょう。
 

マイナンバーに関するよくある懸念事項

マイナンバーカードに対してネガティブな感情を持っている人は少なくありません。以下で、マイナンバーに関するよくある懸念事項を紹介します。
 

マイナンバーによって税金額が増える?

マイナンバーによって税金額が増えることはありません。
 
マイナンバー制度では、国税庁が国民の所得を正確に把握できるようになることから、確実な徴税が行われるようになります。企業が社会保険や税金に関する手続きをするときは、必ずマイナンバーを記載する必要があります。
 
マイナンバー制度により、国が国民のすべての所得が把握できるようになり、脱税ができないようになりました。つまり、マイナンバー制度により税金が増えるというのは誤りで、公正な徴税制度を実現しているといえるでしょう。
 

マイナンバーカードを発行すると税務調査の対象になりやすい?

マイナンバーカードを発行したからといって、税務調査の対象になりやすくなるわけではありません。
 
マイナンバーに関する法律である「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」において、国は税金の事務を行うために、必要な限度でマイナンバーを使用することが可能となっています。
 
つまり、マイナンバーカードの発行有無に関係なく、国は国民の収入状況を把握できます。マイナンバーカードと税務調査には関係がないため、毎年正しく納税することが大切です。
 

マイナンバーカードを取得するメリット

マイナンバーカードは行政の効率化などを目的としており、取得するメリットは多くあります。以下で、マイナンバーカードを取得するメリットについて解説します。
 

住民票などの取得が楽になる

マイナンバーカードがあれば、コンビニで住民票や課税証明書が取得できるようになります。また、コンビニなら役所で書類を発行するよりも安く発行できるため、時間的にも経済的にもメリットがあるといえます。
 
住民票などの書類を取るためだけに市役所まで行くのは面倒ですが、マイナンバーカードがあればコンビニで取得できる点がメリットです。
 

確定申告が楽になる

マイナンバーカードを取得すると、確定申告が楽になります。オンライン確定申告である「e-Tax」を利用すれば、下記のメリットが期待できます。
 

【e-Taxを利用するメリット】

税務署へ行く必要がない
郵送代がかからない
24時間いつでも申告可能
紙の提出よりも還付金の振り込みが早い

 
マイナンバーカードがあれば、面倒な確定申告の手続きをスムーズにできる点が大きなメリットです。
 

まとめ

マイナンバーカードの取得に伴って、税金面で不利を受けることはありません。むしろ、公正な徴税が行われ、各種手続きが簡素化できるメリットが期待できます。
 
住民票の取得や確定申告など、役所における手続き負担を軽減できる点は、マイナンバーカードを取得する大きなメリットといえるでしょう。
 

出典

総務省 マイナンバー制度

国税庁 社会保障・税番号制度<マイナンバー>について

国税庁 スマホとマイナンバーカードでe-Tax!

 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集