更新日: 2023.05.26 その他暮らし

マイナカードのスマホ搭載は安全? 新サービスのメリット・デメリット解説

マイナカードのスマホ搭載は安全? 新サービスのメリット・デメリット解説
マイナカードの機能がスマホに搭載されるようになりました。これにより、スマホを持ち歩けば役所などでの手続きができるようになり、生活の利便性が向上するメリットが期待できます。しかし、個人情報のひも付けが誤って行われるなどのトラブルが起こっている点も事実です。
 
本記事で、マイナカードの機能がスマホに搭載されるメリットや安全性などを解説していきます。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

マイナカードのスマホ搭載でできること

スマホにマイナカードの機能を搭載することで、スマホさえあればさまざまなマイナカード関連サービスの利用や申し込みができるようになります。
 

【簡素化できる手続き】

●各種証明書発行
●子育て支援関係
●引っ越し関係
●確定申告
●医療関係
●銀行・証券会社での口座開設
●携帯電話申し込み

 
手続きを行う際には、本人確認のために何らかの身分証明書の提示が求められることが多いです。スマホにマイナカードの機能を搭載することで、わざわざマイナカードを持ち歩く必要がなくなります。
 
4桁の暗証番号や携帯電話の生体認証機能を活用することで本人確認ができることから、個人情報を保護する仕組みも整備されています。
 

【PR】おすすめの住宅ローン

auじぶん銀行

au-bank
おすすめポイント

・がん診断保障に全疾病保障を追加
・住宅ローン人気ランキングNo.1!

変動
0.179 %

※住宅ローン金利優遇割最大適用後の変動金利(全期間引き下げプラン)
※新規借入れ
当初10年固定
%

※当初期間引下げプラン
当初20年固定
%

※当初期間引下げプラン
詳しくはこちら

【auじぶん銀行の注意事項】
※金利プランは「当初期間引下げプラン」「全期間引下げプラン」の2種類からお選びいただけます。
ただし、審査の結果保証会社をご利用いただく場合は「保証付金利プラン」となり、金利タイプをご選択いただけません。

※固定金利特約は2年、3年、5年、10年、15年、20年、30年、35年からお選びいただけます(保証付金利プランとなる場合は、3年、5年、10年に限定されます)。
金利タイプを組合わせてお借入れいただくことができるミックス(金利タイプ数2本)もご用意しています。 お申込みの際にご決定いただきます。

※ただし、審査の結果金利プランが保証付金利プランとなる場合、ミックスはご利用いただけません。

※審査の結果によっては保証付金利プランとなる場合があり、この場合には上記の金利とは異なる金利となります。金利プランが保証付金利プランとなる場合は、固定金利特約が3年、5年、10年に限定されます

・変動金利について
※2024年7月現在・本金利プランに住宅ローン金利優遇割を最大適用した金利です。
※J:COM NET優遇割・J:COM TV優遇割は戸建のみ対象
※ J:COM NET優遇割、J:COM TV優遇割、コミュファ光優遇割は適用条件充足後、3ヶ月後から適用開始となります。

スマホにマイナカードを搭載しても安全か?

スマホにマイナカードの機能を搭載することで、役所での手続きを簡素化できます。しかし、個人情報保護などが盤石かどうか気になる方も多いでしょう。
 
以下で、スマホにマイナカードを搭載することの安全性などを解説していきます。
 

個人情報保護の仕組みは整っている

マイナカードで本人確認を行うためには、スマホ用電子証明書の発行が必要となります。
 
電子証明書とは、認証局が「手続きを行おうとしている人が本人である」ことを、電子的に証明するものです。
 

【マイナカードに記録されている電子証明書】

●署名用電子証明書:インターネットで電子文書を作成・送信する際に利用する
●利用者証明用電子証明書:インターネットのウェブサイトなどにログインする際に利用する

 
スマホにマイナカードの機能を搭載し、実際に利用するには暗証番号の入力が必要となります。他人のなりすましが困難となっているため、セキュリティーの仕組みも整備されていることが分かります。
 

住民票の誤交付やマイナ保険証の誤登録が発生している点には注意

電子証明書で個人情報を保護する仕組みは整っているとはいえ、個人情報流出が100%防止されるわけではありません。
 
2021年には健康保険証とマイナカードが一体化した「マイナ保険証」を巡り、健康保険組合などによる誤登録が発生してしまいました。また、マイナカードを利用してコンビニ証明書交付サービスを利用した際に、別人の住民票が発行されるトラブルも起こっています。
 
各種手続きが簡素化できるメリットがある一方で、個人情報が完璧に保護されているわけではない点は知っておきましょう。
 

まとめ

スマホにマイナカードの機能を搭載すれば、スマホひとつで各種手続きができるようになります。利便性が高まるメリットがあり、個人情報を保護するための仕組みが整っていますが、現状では個人情報流出が100%防止されるわけではありません。
 
便利なものを使いこなすことは大切ですが、大切な個人情報を守るために「本当に安全か」という点にも注目することが大切です。
 

出典

マイナポータル スマホ搭載でできること

デジタル庁 スマホ用電子証明書搭載サービス

マイナポータル よくあるご質問「電子証明書とはなんですか。」

 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集