更新日: 2023.05.26 その他暮らし

【PC・CS】レトロゲーはコスパ最高! マニアがおすすめする「安全・安心」な楽しみ方

【PC・CS】レトロゲーはコスパ最高! マニアがおすすめする「安全・安心」な楽しみ方
昨今の急激な円安や物価上昇は、家計に与える影響も大きいだろう。そうした中で、多くの人が家計のやりくりをするため、節約に取り組んでいる。そして、節約の対象となりやすいのが「娯楽費」だ。
 
近年はスマホゲームや動画サイトなど、安価で楽しめる娯楽も増えている。この記事では、安価で楽しめる娯楽の1つとして、「レトロゲーム」に注目する。
 
今なおレトロゲームにはまっているJさんの話を聞きながら、魅力や遊び方、コスパの良さについてみていこう。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

レトロゲームって何? 色褪せない魅力とは

Jさんは現在30代の既婚者男性だ。妻と2人の子どもとともに、関東に居住している。そんなJさんにも今はまっている趣味があり、それが「レトロゲーム」だ。
 
「レトロゲーム自体にはまったのは数年前からですね。中古ショップで子どもの頃に遊べなかったゲームソフトを見つけたのが始まりです。実家から昔のゲーム機本体を引っ張り出して遊んだら、改めてはまっちゃったんですよ」
 
レトロゲームの定義は人によって異なるため、明確にするのは難しいが「20年以上のゲーム全般」「1980~2000年頃のゲーム」などが、一般的に「レトロゲーム」として呼ばれている。
 
そうしたレトロゲームの魅力を、Jさんは以下のように語った。
 
「もちろん『懐かしい』っていう感情はありますね。あとは単純に面白いんですよ。ゲーム性はもちろん、『この奥深さは子どもに理解できるの?』って思うときも度々あって飽きません。子どもの頃に買ってもらえなかったゲームも、今では遊びつくせないほど買えますから、一度はまったら抜け出せませんよ」
 
レトロゲームが販売されていたのは20年以上も前になるため、現代のゲームに比べて、グラフィックや遊べる範囲に制限がある。
 
その反面、ゲームシステムや操作性がシンプルで、誰でも気軽に楽しめるのがポイントだ。そして、現代でも根強い人気のある名作も多く、いまだに新作やリメイクを望まれる作品も少なくない。
 
Jさんは大人世代の娯楽にレトロゲームをおすすめしている。
 
「やっぱりレトロゲームの魅力として、『安く楽しめる』っていうのも欠かせませんよね。結婚したり、子どもができたりすると、自分の趣味に使えるお金も限られますから。同世代の同僚たちなら、たまに話が盛り上がるのもうれしいですね」
 

レトロゲームの遊び方と必要になる金額

十数年前のゲームとはいえ、今なお語り継がれるレトロゲームには、時代を超えて愛されるだけの面白さがある。そんなレトロゲームを遊ぶ方法としては、主に以下の4つの方法が挙げられる。
 

・当時のゲーム機本体とゲームソフトを用意する
・最新のゲーム機器にてレトロゲームをダウンロードする
・ゲームプラットフォームで配信されているゲームをダウンロードする
・レトロゲームに対応している互換機を使用する

 
それぞれの方法と難易度、必要なお金についてみてみよう。
 

当時のゲーム機本体とゲームソフトを用意する:難易度・高

レトロゲームを楽しむ方法として、真っ先に思い浮かぶのがこの方法だろう。Jさんの場合も、実家にあった昔のゲーム機を引っ張り出してきたのが始まりだ。
 
しかし、意外かもしれないが、この方法は難易度が高い。
 
ネットや中古ショップでは、昔のゲーム機本体が安価で販売されているが、これらの商品は可動性に不安が残る。「バッテリーがほとんど残っていない」「ボタンが壊れている」「突然セーブデータが消える」などの不具合も珍しくないのだ。
 
逆に状態が良い物に関しては、プレミア価格として価格が高騰していることもあり、遊び目的で手に入れるには難しいだろう。
 
とはいえ、もし昔のゲーム機本体がきれいな状態で保管されているのであれば、まずはそれを活用してみるとよいだろう。
 

最新のゲーム機器にてレトロゲームをダウンロードする:難易度・低

近年のゲームタイトルはゲームソフトとして販売されるだけでなく、オンライン上で有料配信もされている。
 
配信されているゲームを購入し、ゲーム機本体へダウンロードすると、ゲームソフトがなくとも遊ぶことができるのだ。
 
そして、いくつかのレトロゲームも、公式がオンラインで販売している場合がある。そのため、最新のゲーム機があればレトロゲームを楽しむことが可能なのだ。
 
やや値段は張るものの、最新のゲーム機本体さえ購入すれば、簡単にレトロゲームを楽しめる。
 

ゲームプラットフォームで配信されているゲームをダウンロードする:難易度・中

人気のあるレトロゲームは、多くのPCゲームが配信されているゲームプラットフォームでも購入できる。ゲームプラットフォームからゲームを購入し、PCにダウンロードすることでもレトロゲームを楽しめるのだ。
 
ただし、この方法でレトロゲームを遊ぶ場合、PCのスペックに気をつけなければならない。
 
「どういったゲームをダウンロードするのか」「どれだけのゲームタイトルをダウンロードするのか」によっても異なるが、PCの容量はSSD、HDDどちらであっても500GB以上が望ましい。
 
もちろん、PCの使用用途が「レトロゲームを遊ぶだけ」ならば、もう少し容量が少なくても問題ないが、ゲーム以外の用途でもPCを利用するならば、余裕を持ったスペックが必要となる。
 

レトロゲームに対応している互換機を使用する:難易度・中

通常、ゲームを遊ぶためにはゲームソフトと、それに対応するゲーム機本体が必要だ。しかし、「ゲーム互換機」というハードウエアも販売されており、ゲーム機本体の代わりとして使用することができる。
 
ゲーム互換機であればゲーム機本体を探さずとも、ゲームソフトがあればレトロゲームを楽しめるためおすすめだ。
 
一方で、ゲーム互換機は使い方を誤ると違法となる場合がある。まれに、ゲーム互換機を悪用した「改造品」や「コピー品」が販売されているケースもあるのだ。こうした商品は著作権を始めとする各種法律に違反しており、販売はもちろん、購入するのも避けるべきだ。
 
当然ながら「ゲーム互換機を利用して、レトロゲームを遊ぶ」という通常の使い方であれば問題ないが、ゲーム互換機にはこうした悪用方法もあると把握し、注意しておこう。
 

ゲームソフト自体は安価。自分に合ったハードウエアを選ぼう

最後に今回紹介したレトロゲームを遊ぶ方法に必要となる金額をみてみよう。
 

・当時のゲーム機本体とゲームソフトを用意する:合計300~2000円
ゲーム機本体:無料(既に持っていた場合)、ゲームソフト:300~2000円
 
・最新のゲーム機にてレトロゲームをダウンロードする:合計3万300~6万3000円
ゲーム機本体:3万~6万円、ゲームソフト:300~3000円
 
・ゲームプラットフォームで配信されているゲームをダウンロードする:合計約5万500~10万5000円
スペックのあるPC:5万~10万円、ゲームソフト:約500~5000円
 
・レトロゲームに対応している互換機を使用する:合計2万300~3万2000円
ゲーム互換機:2万~3万円、ゲームソフト:300~2000円

 
ゲーム機本体やPC、ゲーム互換機といったハードウエア類は、どうしても数万円以上必要となるが、ゲームソフト自体は数百円~数千円で販売されている。
 
そのため、一度レトロゲームを楽しめる環境さえ整えてしまえば、後から必要となる金額は抑えられるだろう。自分に合ったゲーム環境を選び、レトロゲームを楽しんでみよう。
 

【PR】タウンライフ土地活用

おすすめポイント

・最適な活用方法が複数社から全て無料で貰える!
800 万円の差がでることも!土地活用による節税&相続対策!
・スマホで簡単!3 分で依頼完了
・土地活用の初心者も安心!手軽に専門家に相談可能!

娯楽があふれる現代にレトロゲームを楽しもう

毎月どれだけの金額を娯楽費として使用できるのかは人、によって大きく異なる。特に既婚者や子どもがいる人の場合、楽しめる娯楽も限られてくるだろう。
 
そうした、「娯楽費を削らざるを得ないが何か趣味を探している」という人には、レトロゲームがおすすめだ。一度レトロゲームを遊ぶ環境を整えてしまえば、ゲームソフト自体は安価な価格で買いそろえることができる。
 
これを機に、子どもの頃に手が出なかったゲームや不朽の名作を遊んでみてはいかがだろうか。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー
 

ライターさん募集