更新日: 2023.06.13 その他暮らし

「ストレス」を無くせば「散財」を減らせる?ストレスが散財を引き起こす理由と対策

「ストレス」を無くせば「散財」を減らせる?ストレスが散財を引き起こす理由と対策
ストレスを発散するために、散財する方は多いのではないでしょうか。
 
無駄な出費をおさえるには、ストレスを軽減させなければなりません。ストレスを軽減する方法として、睡眠の質にこだわることをおすすめします。
 
良質な睡眠は、ストレス軽減だけではなく、さまざまなメリットがあって、健康的な身体になるための重要な役割を果たします。
 
睡眠の質にこだわれば、心身ともにストレスのない健康的な身体が手に入り、散財を減らして、無駄な出費もおさえられるでしょう。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

散財を減らすためにはストレスを軽減

ストレスによって、自律神経の乱れから、身体や心に変化が見られ、あらゆる面に悪影響を及ぼします。そのため、人はストレスを抱え込みすぎないように、発散しようという心理が働きます。
 
散財は、ストレス発散方法の一つであり、ストレスを解消するために起こしてしまう行動です。ストレスをため込むと、身体や心だけではなく、行動面にも影響を与えます。
 
ストレスを抱え込まないために散財して発散し、さらに、ストレス状態が続いたことでも、散財を続けてしまうのです。ストレスと散財には深い関連性があるため、お金を使いすぎてしまう問題を解決するには、ストレスの軽減が大切になります。
 

ストレスと睡眠の関係性

睡眠は、自律神経の働きを整えて、ストレスへの耐性も向上させます。身体だけではなく、脳も休ませる方法が睡眠です。一方で、ストレスを抱え込んだ状態では、睡眠の質が低下してしまいます。
 
ストレスをため込んでしまうと、睡眠の質が悪くなるため、睡眠の質が低下しないように、意識しなければなりません。ストレスをため込まぬように、普段から、良質な睡眠で小さなストレスを解消させましょう。
 
睡眠の質が低下すると、散財だけでなく、生活習慣病になるリスクも高まり、もし症状があれば、悪化させてしまいます。さらにストレスを抱えることになり、もっとお金がかかる可能性も考えられるでしょう。
 

睡眠の質を向上させる方法

睡眠の質を向上させるには、以下の3カ条を実践します。
 

・睡眠ルーティンを決める
・運動を習慣化する
・睡眠環境を整える

 
ストレスを解消して、散財をなくすためには、それぞれの具体的な方法を知っておくとよいでしょう。
 

睡眠ルーティンを決める

体内時計を正常に働かせると、良質な睡眠へのルーティンができます。
 
朝起きて太陽の光を浴びれば、体内時計を整えられますので、朝の通勤を利用して、意識的に朝日を浴びましょう。
 
また、寝る90分前に風呂に入ったり、寝る30分前に耳をマッサージしたりすることも効果的です。自分に合ったルーティンを確立することで、良質な睡眠を習慣化できます。
 

運動を習慣化する

運動も、睡眠に影響を与える習慣です。運動をする人には不眠の割合が少なく、習慣的に運動をすることで、より良質な睡眠を得られます。
 
習慣化が大切になりますので、散歩やランニングなどで有酸素運動をすることをおすすめします。睡眠の3時間前の運動であれば、スムーズな入眠を促進してくれます。
 
ただし、習慣化が重要なため、自分のライフスタイルに合った時間に、続けられる運動をしましょう。
 

睡眠環境を整える

寝室の環境も、睡眠に大きな影響を与えます。特に、温度や照明へのこだわりは大切です。
 
良質な睡眠をとるための寝具内の温度は、32~34℃とされています。寝室自体の温度は、26℃が適温となるため、エアコンなどで調整しましょう。
 
寝ているときの照明は、0.3~1lxまでが推奨される照度で、具体的には、月明かり程度の光が最適といわれています。
 
また人は、まぶたを通して入ってくるほどの光には、睡眠の深さにかかわらず、反応してしまいます。明るすぎる部屋での睡眠には、注意が必要です。
 

ストレス軽減と散財のまとめ

ストレスがあると、発散するために、人は散財してしまいがちです。さらには、ストレスが原因となって散財行動を起こしてしまいます。
 
ストレスと散財には深い関係性があるため、散財をなくすためには、ストレスをためないようにしなければなりません。ストレスをためないための方法として、良質な睡眠の摂取を意識しましょう。
 
良質な睡眠をとるためのルーティンや、習慣化、環境の整備を意識することで、ストレスを減らせれば、無駄な出費もおさえられるでしょう。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー
 

ライターさん募集