更新日: 2023.06.18 その他暮らし

夏休みはバイクで「北海道一周」したい! 費用はどのくらい必要ですか?

夏休みはバイクで「北海道一周」したい! 費用はどのくらい必要ですか?
夏休みはバイクで北海道一周をしたいと考えているものの、どのくらいの距離なのか、費用はどのくらいかかるのか気になる人もいるでしょう。また、注意すべきことは何か知りたいと考えている人もいるかもしれません。
 
本記事ではそのような人のために、北海道をバイクで一周する際の距離やかかる費用、注意点について解説します。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

バイクで北海道を一周する場合の距離やかかる費用を知ろう

まず、北海道の海沿いを一周する場合の距離は約2300キロメートルです。1日300キロメートル走行すると仮定した場合、北海道を一周するのにかかる日数は約8日であると算出できます。1日に走行する距離が300キロメートル以下であればそれ以上、300キロメートル以上走るのであれば8日より短い期間で一周することが可能です。
 
ちなみに、バイクであれば時速60キロメートルで走行する場合、1日8時間走り続ければ約500キロメートル移動できるため、そのような走り方をすれば約5日で北海道一周をクリアできるでしょう。
 
北海道一周の際にかかる費用としては、宿泊代やバイク走行のために必要なガソリン代、毎日の食費などが必要です。
 
宿泊代は泊まる場所によってかかる費用は大きく異なりますが、ホテルでも素泊まりプランを活用すれば1日5000円程度で泊まれるところもあります。そのような場所に宿泊すれば、7泊しても4万円程度に抑えられるでしょう。
 
また、ホテルのほかにも、キャンプ場を活用する方法もあります。その場合はテントを持参する手間はかかりますが、安く利用できる場合があるほか、公営のキャンプ場など無料で使用できるところもあるため、それらを活用することで宿泊代を大幅に節約することが可能です。
 
ガソリン代については、1リットルあたり20キロの燃費で、北海道の平均ガソリン価格(2023年5月29日~同年6月5日)である約167円をもとに算出すると「2300÷20×167=19205」となり、約2万円かかることが分かります。なお、ガソリン代は車種やその日のガソリン価格によっても異なるため、確認が必要です。
 
食費に関しては人によって異なりますが、1日5000円と仮定すると7泊8日で4万円程度必要になるでしょう。
 

バイクで北海道を一周する場合の注意点とは

北海道をバイクで一周する際は、まず事故に気を付けて運転することが大切です。北海道の道は信号が少ないことや、幅が広い点が特徴ですが、場所によっては山道もあるため、細心の注意を払いながら走行する必要があります。また、見通しがよい道であっても万が一を考えて、スピードの出しすぎに気を付けなくてはいけません。
 
ほかにも、先に進むことを急ぎすぎて、身体が疲れているのに運転を続けることは危険です。途中で休みを入れながら走行することはもちろんですが、疲れを感じたらその日は運転をやめることも選択肢に入れましょう。無理に先を急ぐことで事故につながる恐れがあるため、注意が必要です。
 

バイクで北海道一周する場合は、無理のない範囲で運転しよう

バイクで北海道一周する場合、一日の走行距離によってかかる日数は異なりますが、一週間程度は必要であるといえるでしょう。かかる費用を抑えたい場合は宿泊場所を工夫することで、安くできる可能性があります。
 
北海道の道は広くて走りやすいものの、場所によっては山道があるため気を付けましょう。また、一日中運転を続けることで疲労も蓄積しやすいため、無理をしないで日程や費用にある程度の余裕を持って走行するようにしましょう。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集