更新日: 2023.06.20 キャッシュレス

「うちの店はキャッシュレス決済を導入しない」その理由とは?

「うちの店はキャッシュレス決済を導入しない」その理由とは?
クレジットカード・コード決済・電子マネーなど、キャッシュレス決済を利用する消費者は、年々増えています。
 
しかし、お店がキャッシュレス決済を導入しておらず、「現金を使わざるを得なかった」または「入店をやめた」といった経験のある方は少なくないでしょう。国も促進しているキャッシュレス決済ですが、それでも「うちの店はキャッシュレス決済を導入しない」というのは、なぜでしょうか。その理由を調べてみました。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

キャッシュレス決済の導入状況

経済産業省が2021年に実施した「キャッシュレス決済 実態調査アンケート」によると、全業種の事業者1189社の約7割が、キャッシュレス決済を導入しているとのことです。
 
決済手段で多いのは、クレジットカードとコード決済で、半数以上の事業者で導入されています。電子マネーの導入率は、4分の1程度です。
 
キャッシュレス導入比率が高い業種は、飲食業・小売業・観光業で、一次産業・製造業・建設業などでは、キャッシュレス決済を導入する事業者はそれほど多くありません。売り上げ別で比較すると、中規模事業者の導入率は高いものの、小規模および大規模事業者では、低い結果となっています。
 

キャッシュレス決済を導入しないお店がある理由

キャッシュレス決済を導入しない理由として最も多かったのは、「顧客からの要望がない」でした。業種や地域によっては、顧客や従業員が高齢で、現金でのやり取りを好む場合があります。実際、キャッシュレス決済を導入しているお店でも、現金を利用する顧客が多いのが現状です。
 
キャッシュレス決済は「手数料が高い」ため、導入していない事業者が多いことも分かりました。手数料率で、占める割合が多いのは3%台前半で、世界のキャッシュレス先進国と比較すると、高率です。
 
例えば、中国で流通している銀聯(ユニオンペイ)カードの手数料は、約0.3〜0.5%だといわれています。
 
導入する際のコストや手数料が気になって、導入のメリットを感じられないという事業者は少なくありません。小規模の飲食店などでは、入金サイクルが遅くて困るという意見もあるようです。
 

キャッシュレス決済のメリットとは?

キャッシュレス決済には、以下のようなメリットがあるため、今後も導入は進んでいくと考えられます。
 

・現金管理の手間やリスクが減る

現金を扱わなくてよくなるため、現金管理の手間がなくなり、人手不足に対応できます。また、現金の盗難防止対策としても有効です。店員が現金に触れる必要がなく、衛生面でのメリットも注目されています。
 

・インバウンド需要への対応ができる

外国人観光客の多くは、自国でキャッシュレス決済を利用しています。 
 
キャッシュレス大国の韓国では、クレジットカードやデビットカードを使う人が多く、中国では、「WeChat pay(ウィーチャットペイ)」「アリペイ」などの、スマホQRコード決済を利用する人が多いようです。キャッシュレス決済を導入することは、インバウンドの獲得にもつながります。
 

キャッシュレス決済が進むなか……現金も持参していると安心

キャッシュレス決済には、事業者と消費者の両者にメリットがあります。しかし、手数料や利便性の面で、業種や地域によっては、現金でのやり取りを好むケースがあります。キャッシュレス決済を普段から利用している場合でも、もしものときのために、現金を持参しておくと安心です。
 

出典

経済産業省 ニュースリリース 「キャッシュレス決済 実態調査アンケート 集計結果」

 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集