更新日: 2023.07.19 その他暮らし

「国際ロマンス詐欺」が急増中! 手口と注意点、被害に遭った場合の相談先は?

執筆者 : FINANCIAL FIELD編集部

「国際ロマンス詐欺」が急増中! 手口と注意点、被害に遭った場合の相談先は?
近年、SNSの普及やコロナ禍の影響もあり「国際ロマンス詐欺」が急増していることをご存じでしょうか。外国人が日本人をターゲットに、恋愛感情を持たせ、お金を騙し取る詐欺です。
 
この記事では、「国際ロマンス詐欺」が、どのような手口で行われるのか、また被害に遭ってしまった場合にどうすればよいのかを解説します。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

国際ロマンス詐欺とは?

ロマンス詐欺は、SNSなどで知り合った海外の異性と懇意になり、将来を誓い合う関係となったあとに、金品を要求する詐欺の手法です。近年、マッチングアプリなどの普及により、遠くの異性とも簡単に知り合えるサービスの増加や、コロナ禍による直接的な接触の減少もあり、出会いの手段として、ネットを利用することに抵抗が薄くなったことが、詐欺被害を加速させる要因となっています。
 
詐欺の事例では、まず、詐欺師が、SNSで無作為にターゲットを探し、DMなどで直接のやりとりをスタートします。日々のやりとりののち、恋人関係になった詐欺師が、結婚をほのめかし、目的であるお金を騙し取るために誘導します。
 
詐欺師は、投資話を持ちかけたり、結婚資金を一緒に貯めようと提案したり、ストーリーを作り上げてお金を引き出そうと持ち掛けて来ます。最初は少額の金銭を要求し、理由をこじつけ、次第に高額へと巧みにお金を騙し取ります。
 

国際ロマンス詐欺の手口や注意点

国際ロマンス詐欺は、マッチングアプリやSNSを通じて行われる詐欺で、騙されると数百万〜数千万円の損害を被る可能性があります。それでは、具体的にどのような手口でお金を騙し取るのでしょうか。
 
具体的には、以下のような事例があります。
 
詐欺師はSNSを通じて、時間を掛け、ターゲットと恋人関係になります。その後、「自分の財産をあなたに郵送する。それが届いたら一緒に幸せに暮らそう」などと持ち掛けます。
 
しかしその後、「荷物が税関で引っ掛かり、現地の弁護士に依頼する必要が出てきた。自分は何らかの理由で支払えないので、立て替えてほしい」などと頼むのです。
 
被害者は荷物が届けば精算できると信じて立て替え、弁護士や税関から問題が解決したとの通知が届きますが、また別の税関で同様の問題が再び起きて、さらに大きな金額を要求されます。ここで怪しく感じた被害者がお金を返してもらうよう要求すると、次に詐欺師は「弁護士」を装って、さらなるお金を騙し取ることもあるのです。
 
また、架空の投資話を持ち掛けたり、身内の不幸を語り、金銭を要求するケースも見受けられます。
 
このような詐欺に遭わないためには、まずSNSやマッチングアプリで外国人とやりとりを始める際には、充分に注意することが大切です。また、お金の話が出てきたら警戒する必要があるでしょう。ほかの人に相談して客観的な意見を仰いだり、時間を置いて、冷静になり、本当に自分がお金を支払うべきなのか、しっかりと考えることが重要となります。
 

国際ロマンス詐欺の相談先

それでは、国際ロマンス詐欺に遭ってしまった場合、どこに相談をすればよいのでしょうか。まずは「国民生活センター」に相談してみることが可能です。センターでは注意喚起を促しており、多くの事例が寄せられています。
 
警察への相談が挙げられます。警視庁のサイバー犯罪対策課ではマッチングアプリにおける犯罪も扱っているため、相談に乗ってもらえる可能性もあります。また、弁護士など法律の専門家に相談するのも1つの方法です。とくに国際弁護士であれば海外の詐欺グループなどに詳しい場合もあります。
 

怪しいと思ったらすぐにブロック!

現在、「国際ロマンス詐欺」は手口が巧妙化しています。騙しの手法も絶えず変化しており、自分が騙されていることに気づくのが難しい場合もあります。怪しいと感じた場合には、すぐに相手をブロックしたり、返信をしない、また、詳しい話を聞かないなど、できることを即時に行うことが重要です。
 
さらに、実際に支払ってしまった場合は、「国民生活センター」や最寄りの警察署、または弁護士などの専門家に相談するようにしましょう。一度支払いをしてしまうと、回収するのは困難です。このような詐欺があることを念頭に、SNSで見知らぬ外国人から直接、コンタクトがあった場合には警戒するようにしましょう。
 

出典

独立行政法人「国民生活センター」
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集