更新日: 2023.07.19 その他暮らし

【カーナビ活用術】渋滞回避率を向上させる方法をレクチャー

執筆者 : FINANCIAL FIELD編集部

【カーナビ活用術】渋滞回避率を向上させる方法をレクチャー
行楽シーズンや帰省シーズンなど、高速道路で、渋滞に巻き込まれた経験はありませんか。ドライブ時にカーナビを上手に利用することで、道路の渋滞や混雑を回避することができます。
 
今回は、カーナビに搭載されているシステム「VICS WIDE」や、知っておきたい活用方法について、解説いたします。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

カーナビ搭載の「VICS」「VICS WIDE」とは

ほとんどの車載カーナビには、「VICS」もしくは「VICS WIDE」が組み込まれています。「VICS(ビックス)」は、「Vehicle Information and Communication System」の頭文字をとったもので、日本語では「道路交通情報通信システム」と呼ばれています。道路交通情報通信システムセンターによって運用されているシステムで、事故や渋滞の情報を、5分ごとに受信しています。
 
VICSは、道路の状況をドライバーに情報提供することで、道路の渋滞を避けたルート選びと、スムーズに道路が利用されることを目的としています。カーナビで目的地を設定していないときでも、常に受信していることが特徴です。1996年から、サービスがスタートし、2003年に、全都道府県で情報提供が開始されました。
 

さらに進化した「VICS WIDE」とは

2015年からは、VICSより多くの情報を提供することが可能となった「VICS WIDE」がスタートしています。
 
カーナビだけではなく、FM放送で情報が提供可能となったことも、大きな違いです。VICS WIDEにより、さらなる渋滞緩和につながると考えられています。
 

「VICS WIDE」の活用方法とは?

VICS WIDEの主な機能や、渋滞を回避するための上手な活用方法について、みていきましょう。
 

より詳細な渋滞情報を提供

走行している車から集めた通過時間と位置から得られるプローブ情報を利用することで、交通情報の精度がより高くなっています。複数のルートがある場合、それぞれの移動に要する時間が分かるようになりました。リアルタイムの情報を基に、混雑していない、より短い時間で到着できるルートが提示されますので、大変便利です。
 
情報を基に、渋滞を回避することができて、目的地へ、予定していた時刻に、スムーズに到着できるようになりました。
 

災害情報の表示

洪水や雷、暴風など、気象に関する警報や、火山噴火の特別警報が表示されるようになったことも、VICS WIDEの特徴です。特別な警報は、カーナビ画面にポップアップ表示されるようになり、より詳細な情報を取得することもできます。
 
また近年、局地的なゲリラ豪雨によって、道路が冠水するトラブルも起こっており、冠水している道路は、渋滞するだけではなく、さまざまな危険があります。
 
強い雨のために視界が低下して、ドライバーの運転に支障が出るといわれているのは、1時間あたり50mmの雨量の場合です。大雨が降っているエリアは、地図で表示されるために分かりやすく、大雨が降っている場所を避けたルートを、選ぶことが可能です。
 

「VICS WIDE」の活用方法とは

VICS WIDEを利用するには、車載カーナビが対応しているならば、何も手続きをすることなく、使用が可能です。特別な設定も不要で、追加の使用料などもかかりません。
 
現在使用しているカーナビがVICSのみで、VICS WIDEに対応していない機種の場合は、使用できませんので、対応しているカーナビを購入して、新しく取り付ける必要があります。VICS WIDEに対応しているカーナビの機種情報は、VICSのホームページから、確認することが可能です。
 

「VICS」「VICS WIDE」を活用して渋滞回避しよう

カーナビに搭載されているVICSは、リアルタイムの道路情報を提供しているサービスです。VICS WIDEは、VICSがさらに進化したもので、渋滞や気象情報など、こまやかな情報提供が可能です。渋滞しているルートを避けて、スムーズに目的地にたどり着くことができるため、上手に活用して、渋滞回避率をアップさせましょう。
 

出典

一般財団法人 道路交通情報通信システムセンター VICS
VICS WIDEの紹介

VICS WIDE対応カーナビメーカー一覧
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集