更新日: 2023.10.09 その他暮らし

年収300万円でリノベーション物件を買いたい! マンションと戸建て、どちらにすべき?

年収300万円でリノベーション物件を買いたい! マンションと戸建て、どちらにすべき?
近年はリノベーション技術が大きく進歩を遂げ、マンションと戸建て、いずれの場合も、きれいな住まいが購入できるようになりました。しかし不動産の購入は高い買い物です。マンションと戸建てのどちらにすればよいかと迷う方が多くいることでしょう。
 
本記事では、年収300万円の方がリノベーション物件を買う時にどのような判断をすればよいのかを解説します。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

注目が集まっている中古物件とリノベーション

中古物件とリノベーションに関するデータを見ていきましょう。
 
株式会社AlbaLinkが、全国の男女500人を対象に実施した「中古住宅の購入に関する意識調査」によると、中古住宅はありですか? の項目で、「あり」と回答した人が75.8%と半数以上を占めることがわかりました。
 
主な理由は以下のようになります。
 
・1位 安く購入できる 201人
「ほかのことにお金を使ったり、貯金したりすることもできる」という意見や、「購入時にかかる費用が、純粋な建物の評価価格のみであるため割安で手に入る」などが挙げられました。
 
・2位 リフォーム・リノベーションすればよい 78人
「中古物件を購入してリフォームすれば新築のようになるから」「古民家をリフォーム、リノベーションすれば自分の好きな家にできるから」という意見が聞かれています。
 
割安で手に入り自分好みに改修できるのは、リノベーション物件の魅力といえます。
 
3位は新築にこだわっていない、4位は築浅 or きれいなら問題ない、中古でも良い物件はあると続きます。アンケート結果から中古物件とリノベーション、リノベーション物件自体に抵抗がなく、充分に魅力があることが伺えます。
 

年収300万で購入するリノベーション物件

では、年収300万で購入するリノベーション物件について一般的な意見を解説していきます。価格帯と物件の選択、それぞれ見ていきましょう。
 

価格帯

マイホームを購入するうえで無理ない返済をするには年収の5倍程度の金額が目安といわれています。年収が300万なら1500万を目安にしましょう。
 
購入を希望する地域のリノベーション物件、もしくは中古物件の購入費用とリノベーション費用、それぞれの金額とローンをシミュレーションし、購入計画をたてましょう。
 

マンションか戸建てか

マンションか、戸建てかの判断は非常に難しいところです。家庭環境と就労に関して整理して判断しましょう。

・車が必要であれば土地が広く郊外に多い戸建て
・子どもが小さく周囲の事が気になるなら戸建て
・戸建ては土地が資産として最後まで残る
・アクセス重視なら駅に近いマンション
・マンションは建てものの資産価値の減り方がやや、ゆるやか
・将来的に住み替えを検討するならマンションが一般的によい

いずれも各種税金の支払いや光熱費などのランニングコストもかかりますし、修繕が必要になることも視野に入れる必要があります。これらのことを年収を考えあわせ、総合的に判断して決定するのがポイントです。
 

公式サイトで申し込み

【PR】三菱UFJ銀行のカードローン

banq

おすすめポイント

・銀行ならではの低金利でご利用いただける
・ATMから1,000円単位で借入も可能

融資上限額 金利 審査時間
500万円 年1.8%~年14.6% 公式サイト参照
融資まで 来店 収入証明書
公式サイト参照 不要 必要

まとめ

年収300万の方がリノベーション物件を購入する場合について解説しました。金銭面のことやマンションと戸建て、それぞれの事情や、好みがあることと思います。
 
いくつかのポイントを提示したので参考にしてください。
 

出典

株式会社AlbaLink 中古住宅の購入に関する意識調査
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー