更新日: 2023.12.05 その他暮らし

冬にかかせない「加湿器」!1日中つけっぱなしにした場合、電気代はいくらかかる?

冬にかかせない「加湿器」!1日中つけっぱなしにした場合、電気代はいくらかかる?
寒い季節の乾燥対策として、加湿器を使用しているご家庭も多いでしょう。長い時間つけっぱなしにしていると、電気代が気になるところです。
 
そこで今回は、加湿器にかかる電気代を解説します。さらに、加湿器を使用する際の注意点もまとめました。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

加湿器には大きく4つの種類がある

加湿器と一言でいっても、加湿のタイプによって以下の4種類に分けられ、それぞれ、特徴や消費電力に違いが見られます。

●超音波式
●スチーム式(加熱式)
●ハイブリッド式(加熱気化式)
●気化式

ほかにも製品によって、加湿能力や給水・お手入れのしやすさなどが異なります。電気代を計算するには、取扱説明書に記載されている消費電力をチェックしてみましょう。
 

種類ごとの消費電力と電気代

実際に4種類の平均的な消費電力と、それぞれにかかる電気代を見てみましょう。今回は、蒸気が出始めてから24時間使用する場合を想定して、電気代を計算しています。
 
表1

超音波式 スチーム式
(加熱式)
ハイブリッド式
(加熱気化式)
気化式
消費電力 20~25ワット 200~300ワット 100~150ワット 5~15ワット
電気代 14.4~18円 144~216円 72~108円 3.6~10.8円

※電気代単価30円/キロワットアワーで計算
※筆者作成
 
表1より、最も消費電力が少ないのは「気化式」であり、反対に、消費電力が最も大きいのは「スチーム式(加熱式)」であることが分かります。24時間使用時の平均消費電力で電気代を計算すると、その差は約140〜205円です。
 
1ヶ月ずっとつけっぱなしにした場合、「気化式」の加湿器にかかる電気代は約108~324円、「スチーム式」の加湿器で約4320~6480円となります。
 
稼働時間が長くなるほど、加湿器の種類によって電気代に差が見られるでしょう。
 

加湿器を使用する際の注意点

空気が乾燥すると、静電気が起こったり、肌や髪のトラブルが起こったりと、さまざまな影響があります。そのため、乾燥しやすい季節には加湿することが推奨されていますが、快適に過ごすには、以下のポイントを意識して使うことが大切です。

●タンクの水は毎日取り換える
●加湿器内を常に清潔に保つ
●加湿しすぎない

加湿器内は常に湿っているため、カビや細菌が発生しやすくなります。そのため、タンクの水は毎日交換して、加湿器内をこまめに掃除しましょう。カビや細菌が発生してしまうと、空気中に汚い水蒸気が拡散されてしまい、アレルギーやぜんそくを引き起こすおそれがあります。
 
また室内を加湿しすぎると、壁や窓、家具などに結露が発生して、カビの原因となります。室温が下がると室内が乾燥しにくくなるため、暖房器具を消している間や就寝中には、加湿器を止めておくとよいでしょう。製品によっては、湿度を自動で調整してくれるものもあります。
 

加湿器は種類によって電気代が大きく異なる

加湿器を24時間つけっぱなしにした場合、かかる電気代は数円から数百円ほどです。費用に差があるのは、加湿方式によって消費電力に幅があるためです。
 
お手持ちの加湿器にかかる電気代が知りたい方は、加湿方式や消費電力を確認してみましょう。
 

出典

東京電力エナジーパートナー株式会社 従量電灯B・C 従量電灯B
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

PR
townlife-banner
ライターさん募集