更新日: 2023.12.07 その他暮らし

寝る前のほっとひと息に。「ホットミルク」や「ホットココア」を飲むベストタイミングとは?

寝る前のほっとひと息に。「ホットミルク」や「ホットココア」を飲むベストタイミングとは?
冬になると、朝晩と気温が下がり、家の中にいても、廊下に出ると寒いということもあるでしょう。体が冷え込むと、なかなか活発に動けなくなるものです。体を温めて寝つきをよくする目的で、ホットミルクやホットココアを飲む方も多いのではないでしょうか。本記事では、ホットミルクやホットココアを飲む際にかかる費用と、期待できる効果を紹介します。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

ホットミルクとホットココアは1杯いくら?

朝起きたあとの目覚めの1杯や、寝る前の体を温める1杯として、ホットミルクやホットココアを飲む人もいるでしょう。どちらも寒い冬にぴったりのドリンクですが、1杯あたりの価格にどれくらいの差があるのでしょうか。
 
今回は1杯を150ミリリットルに設定して、それぞれいくらになるかを計算します。
 
「小売物価統計調査」によると、牛乳1本(1リットル)あたりの価格は259円(税込み)です。ココアは「森永製菓 ミルクココア 300g」の価格398円(税込み)を参考にします。
 
ホットミルク1杯あたりの価格は、以下のとおりです。
 
120ミリリットル÷1000ミリリットル×259円=約31円
 
ホットココア1杯につき、牛乳120ミリリットルと製品20グラムを使用する場合の価格は以下のとおりです。
 
20グラム÷300グラム×398円+約31円=約58円
 
ホットココアには牛乳を使用するため、ホットミルク1杯にココア製品の費用もかかって、倍額近くになることが分かりました。ただ、どちらも1杯100円以下で飲めるため、冬の冷え込みが厳しい時季に飲んで、体を温めるのもよいでしょう。
 

ホットミルクを飲むタイミングや効果

体を温めてくれるホットミルクですが、さまざまな効果をより感じるためには、いつ飲んだらよいのでしょうか。ホットミルクがもたらす効果とともに、飲むタイミングを紹介します。
 

睡眠の質向上が期待できる

牛乳の中には、トリプトファンと呼ばれるアミノ酸が含まれています。このトリプトファンは、時間がたつとメラトニンと呼ばれる睡眠ホルモンに変換されます。
 
メラトニンは、睡眠の質を高めるために欠かせないホルモンです。メラトニンによって生体リズムが調節されると睡眠の質が向上すると考えられます。また、メラトニンには催眠作用もあるため、欧米では睡眠薬としてドラッグストアでも販売されています。
 
睡眠改善の効果が期待できるメラトニンの材料となるトリプトファンも、睡眠の質を高めるために欠かせない成分といえるでしょう。
 

寝る直前よりも朝がおすすめ

ホットミルクを飲むなら朝や日中がおすすめです。寝る直前に飲んで体を温めたほうがよいのではと考える方もいますが、ホットミルクから摂取したトリプトファンが睡眠ホルモンであるメラトニンに変わるのは、太陽の光を浴びてから14~16時間経過したあとといわれています。
 
そのため、寝る直前に飲むよりも早めの時間に飲んでおいたほうが、就寝時間に合わせて、トリプトファンがメラトニンに変換されるでしょう。
 

ホットココアを飲むタイミングや効果

いつも温かい飲み物で体を温めている人の中には、今日はいつもよりも甘めのホットドリンクが飲みたいと感じることがあるでしょう。そのようなときにおすすめなのが、ココアです。
 

さまざまな健康効果が期待できる

ココアには、健康面でプラスに働くさまざまな成分が含まれています。例えば、カカオポリフェノールやテオブロミン、リグニン、カルシウム、マグネシウムなどです。動脈硬化の抑制、血圧の改善、メタボ予防など、身近な病気に対する対策にもなり得ます。
 

寝る前に飲むなら1杯だけ

ココアには、自律神経を整えてリラックスさせる効果のあるテオブロミンが含まれています。そのため、寝る前にホットココアを飲むことで心が落ち着き、入眠しやすくなるといえるでしょう。
 
ただし、ココアにはわずかですがカフェインが含まれているため、寝る前に飲みすぎてしまうと、カフェインの覚醒作用によって眠れなくなる可能性があります。体を温めるために1杯だけと、量を決めて飲むようにしましょう。
 

ホットミルクやホットココアでリラックスしましょう

冬によく飲まれているホットミルクやホットココアには、睡眠の質を高める効果を期待できることが分かりました。ホットドリンクは飲むタイミングを調整して効果を意識することで、寒い冬でも体を温めて快適に過ごせるのでおすすめです。
 

出典

総務省統計局 政府統計の総合窓口(e-Stat)小売物価統計調査(動向編) 表番号2 主要品目の東京都区部小売価格【2022年10月~2023年10月】(2023年10月)「1001 うるち米(単一原料米,「コシヒカリ」)」~「2183 学校給食(中学校)」

厚生労働省 e-ヘルスネット メラトニン

 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

PR
townlife-banner
ライターさん募集