更新日: 2023.12.07 その他暮らし

ケチなので、スーツやシャツをクリーニングに出したことがありません。これって普通ですか?

ケチなので、スーツやシャツをクリーニングに出したことがありません。これって普通ですか?
毎日着るスーツやワイシャツの手入れは、どのようにしていますか。クリーニングを利用している人はどれくらいいるのでしょうか。毎日使うものなので清潔感は保ちたいものの、クリーニングを利用する回数が多ければ費用負担が増大します。
 
本記事では、世間の人はクリーニングをどれくらい利用しているのかということや、まったく利用していない人の割合などを紹介します。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

クリーニングを利用している人の割合

世間の人はクリーニングをどの程度利用しているのでしょうか。日本政策金融公庫が全国の20~60代の男女5000人に対しておこなった「クリーニングに関する消費者意識と経営実態調査」によれば、クリーニングを利用している人は61.6%、自分は利用していないが家族が利用している人は18.1%、まったく利用していない人は20.3%でした。
 
クリーニング店をまったく利用していない人は5人に1人なので、それほど少ない数とはいえないでしょう。また、利用している人に利用頻度を尋ねた質問に対しては、半年~1年に1回の人が約30%、2~3ヶ月に1回の人が約22%で、半数を超える人が利用しているとしても年に数回でした。
 

クリーニングを利用するメリット・デメリット

クリーニング店では衣類の状態や素材に合わせたクリーニングをおこなうため、自宅で洗う場合と比べて型崩れや色落ちなどのトラブルを防げます。仕上げにプロがアイロンがけをしてくれるので、自宅で洗うよりも仕上がりがよいことがメリットです。
 
一方、クリーニングを利用していると答えた人が多いスーツですが、頻繁に出すことはスーツのためにあまりよくありません。スーツは羊毛素材で作られていることが多く、羊毛はある程度の油分がないと風合いが失われてしまいます。
 
クリーニングに出すと油分が必要以上に失われて劣化してしまうのです。しかし、高温多湿の日本では汗をかくことでスーツが汚れるため、まったくクリーニングに出さないことも望ましくありません。対策として、クリーニングに出す回数をなるべく少なくすることが得策です。
 
そのために、スーツは1着だけを着続けるのではなく、3~5着用意して着回ししましょう。また、着た後はブラッシングしてホコリを落とし、毛並みをそろえることでスーツも長持ちします。また、ワイシャツも頻繁にクリーニングに出していると生地が傷みやすくなってしまうため、注意が必要です。
 

5人に1人はクリーニング店を利用していない

アンケート結果では自分または家族がクリーニングを利用していると答えた人が全体の80%ほどで、利用していないと答えた人は20%ほどでした。利用頻度は半年~年に1回と答えた人が最も多く、自宅で洗いにくいスーツやジャケット、コートなどを出している人が多い状況です。
 
実際、スーツやワイシャツは頻繁にクリーニングに出すと劣化が早まるため、なるべくクリーニングに出す回数を少なくすることが望ましいです。また、洗えるスーツや形状記憶ワイシャツなどを購入すれば、自宅で洗えるため節約になり、清潔さも保(たも)てます。
 

出典

日本政策金融公庫 クリーニングに関する消費者意識と経営実態調査
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

PR
townlife-banner
ライターさん募集