更新日: 2023.12.13 その他暮らし

ペットシーツを1日「3枚」使っていますが、年間ではどれくらいの金額になっているか気になります…

執筆者 : FINANCIAL FIELD編集部

ペットシーツを1日「3枚」使っていますが、年間ではどれくらいの金額になっているか気になります…
ペットを飼っていると、尿やふんを処分するためのペットシーツが欠かせません。1日に何枚も利用する場合もありますが、年間でどれくらいの費用がかかっているのか、気になる方も多いのではないでしょうか。
 
本記事では、ペットシーツにかけている年間費用を計算するとともに、ペットシーツの臭いを予防して捨てるための工夫について紹介します。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

ペットシーツの価格一覧

こちらでは、さまざまな店舗で販売されているペットシーツの価格を5点紹介します。なお「小売物価統計調査」によると、ペット トイレ用品(100枚)の価格は1583円(税込み)です。
 

マツモトキヨシ matsukiyo ペットシーツ 中厚型レギュラー R 100枚 1408円(税込み)
コメリ Pet ami ペットシーツ 中厚型 レギュラー 100枚入り 1280円(税込み)
イオン トップバリュ ベストプライス 竹パルプを使用したペットシーツ 薄型 ワイド 100枚 1408円(税込み)
ユニチャーム デオシート しっかり超吸収 無香消臭タイプ レギュラー 112枚 1681円(税込み)
ニトリ 薄型ペットシーツ(レギュラー 200枚入り) 1180円(税込み)

※参考リンクをもとに筆者作成
 

1日3枚使用したときの年間費用

ペットシーツを1日3枚使用すると、年間では1095枚消費します。
3枚/日×365日=1095枚
 
今回は、「小売物価統計調査」の価格を参考にして、年間費用を計算します。
1095枚÷100枚×1583円=約1万7334円
 
ペットシーツを1日3枚使用すると、年間にかかる費用は約1万7334円だと分かりました。
 

ペットシーツの臭いが気にならない処分方法

ペットシーツは、袋に入れても臭いが気になることがあります。共用のゴミ捨て場だと、臭いが近所迷惑にならないかと、心配な方もいるでしょう。ここでは、ペットシーツの臭いを防ぐためのポイントを紹介します。
 
また臭いが漏れないように、ペットシーツをレジ袋に入れて捨てる方もいますが、ゴミ出しルールが自治体ごとに異なるため、入れる袋には注意しましょう。基本的にペットシーツは、燃えるゴミで問題ありません。
 

ふんはゴミ箱ではなくトイレへ

ペットシーツの上にしたふんは、ゴミ箱ではなくトイレに流しましょう。ふんをゴミ箱へ捨ててしまうと、臭いが強くなってしまいます。ペットシーツの上でしたふんを取り除いてトイレに流すのは手間ですが、臭いを抑えることができるのでおすすめです。さらに、ゴミ箱の中の雑菌が繁殖することを防止できるため、衛生面でもメリットがあるといえるでしょう。
 

臭い漏れ防止の袋を使用する

レジ袋は気密性が低いうえに密閉できないため、臭い漏れしやすい構造です。また、消臭効果もないため、家の中に置いておくと、ペットシーツの臭いが部屋に充満するおそれがあります。
 
家中に臭いが漂わないように、臭い漏れ防止機能が付いた袋を利用しましょう。生ゴミの臭いを防止する袋や、ペット用のふんが臭わない袋などが販売されていますので、それらを活用することをおすすめします。
 

防臭性能のあるゴミ箱を利用する

ゴミ箱自体に防臭性能があると、臭い漏れの防止につながります。ペットシーツ専用のゴミ箱も販売されていますので、機能に合わせた商品を利用すると、さらに防臭効果が期待できるでしょう。
 
ペットシーツ専用のゴミ箱は、フタが二重構造になっていたり、消臭剤ポケットが付いていたりと、臭いを逃さない設計になっています。そのため、室内に臭いが充満することを防いでくれるでしょう。
 

早めにゴミ出しする

ペットシーツの臭いは放置していると、より悪臭を放ちます。そのため、ゴミが発生したら、なるべく早く処分することをおすすめします。ゴミ箱に入れたまま放置すると、室内に臭いが充満するだけではなく、ゴミ箱自体に臭いが移ってしまうおそれもありますので、注意してください。ゴミ箱を使うたびに発生する臭いを防ぐためにも、早めのゴミ出しが大切です。
 

適切な捨て方を知って臭いを予防しましょう

ペットシーツを1日3枚利用すると、年間ではおよそ1万7334円の費用がかかることが分かりました。また、使用済みのペットシーツは臭いが強いため、捨て方に工夫が必要です。臭いの強いふんは、ゴミ箱ではなくトイレに流したり、防臭効果のある袋やゴミ箱を利用したりして、部屋に臭いが残らないようにしましょう。
 

出典

総務省統計局 政府統計の総合窓口(e-Stat)小売物価統計調査(動向編) 表番号2 主要品目の東京都区部小売価格【2022年10月~2023年10月】「8001 PTA会費(小学校)」~「9951 学童保育料」(2023年10月)
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集