更新日: 2023.12.13 その他暮らし

「朝食抜き」にした場合、節約効果はどれくらい? 健康面も心配です。

「朝食抜き」にした場合、節約効果はどれくらい? 健康面も心配です。
朝食を抜くことは、一見すると時間もお金も節約できる方法のように感じられますが、本当にそうでしょうか? また、経済的に節約になったとしても、健康面で大丈夫なのか気になるところですよね。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

朝食を抜く人の割合はどれくらい?

厚生労働省の「令和元年国民健康・栄養調査報告 全体版」によると、朝食を抜く人の割合は12.1%という結果になっています。昼食を抜く人の割合4%、夕食を抜く人の割合は4%なので、3食の中では最も欠食する人が多い結果となっています。
 

朝食抜きの節約効果はどれくらい?

まずは、お金の面から見ていきましょう。朝食にかける平均的な費用は、日経新聞の記事によると一人あたり約402円程度と紹介されています。もし毎日これがなくなると考えると、月間12462円の節約になりまう。
 
また典型的な朝食として、卵焼き1個、食パン1つ、ソーセージ2個、想定してみましょう。総務省統計局の2022年「小売物価統計調査(動向編)」によると下記の結果になっています。
 
卵(10個入り):228円
ウィンナーソーセージ(100g):185円
食パン(1kg) :471円
※「都道府県庁所在市及び人口15万以上の市」の平均額
 
これらを1食分にざっくり換算してみます。
 
卵1個 228円÷10=22.8円
ウィンナーソーセージ2個(1個22gで計算) 22g×2=44g  44g=81.4円
食パン1つ(6個入り360gで計算)  1g 0.471円 360g=169.56円 1つ=28.26円
合計:1食当たり132.46円
月間で見ると4106円の節約になります。
 
上記は朝食を自炊した場合ですが、コンビニであんぱん1個、カレーパン1個、野菜ジュース1個を買う場合を想定すると以下の料金になります。
※厚生労働省「小売物価統計調査(動向編)」のパン食品の中からピックアップ。
 
あんぱん 96円
カレーパン 108円
野菜ジュース 92円
合計:1食当たり296円
月間で見ると9176円の節約になります。
 
また外食すると大まかにワンコイン(500円)くらいでしょうか。その場合は月間1万5500円の節約になります。このように計算してみると、朝食抜きの節約効果は大きいと言えるのではないでしょうか。
 

朝食抜きの健康への影響

次に、健康面での影響を考えていきたいと思います。朝食は1日の活動に必要なエネルギーを補給する大切な食事と言われています。人によっては朝食を抜くことで体に必要な栄養が不足し、集中力の低下や体調不良を引き起こす可能性も考えられます。
 
また朝食を抜く習慣がある人は、昼食や夕食で過剰に食べてしまう傾向があり、肥満や生活習慣病のリスクを高めることも指摘されています。健康を守りつつ節約をするためには、栄養バランスを考えた食事を心掛けることが必要そうです。
 

朝食抜き以外にも、さまざまな節約方法があります

朝食を抜くことで節約にはつながりますが、人によっては健康面のリスクも考えられます。家計を節約する方法は、光熱費の節約や通信費・サブスクリプションの見直しなど、固定費を削減する方法もあります。
 
またお金の流れを把握するために、家計簿をつけるのも一つの方法です。家計簿をつけるとどこにどれだけ支出しているかがわかります。
 
意外なところで出費が膨らんでいた……など、思わぬ発見があるかもしれません。電子マネーを使用している方なら、アプリ連携で金額が自動入力されるものもありますので、ぜひ検討してみるとよいでしょう。
 

まとめ

朝食を抜くことの節約効果は自炊、コンビニ、外食で異なります。また健康への影響は、個人の生活習慣や体質に大きく左右されることでしょう。節約も大切ですが、それによって健康を損なうことは避けたいですね。毎日の朝食をどうするか、経済的なメリットだけでなく、健康や生活の質を総合的に考慮して決めるとよいでしょう。
 

出典

厚生労働省 令和元年国民健康・栄養調査報告 全体版
総務省統計局 2022年 小売物価統計調査(動向編)
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

PR
townlife-banner
ライターさん募集