更新日: 2023.12.15 その他暮らし

「一日最大900円」のコインパーキングに半日しか駐車していないのに「2000円」の請求…!払う必要はありますか?

「一日最大900円」のコインパーキングに半日しか駐車していないのに「2000円」の請求…!払う必要はありますか?
車での外出時に便利なコインパーキングですが、一方でその仕組みや分かりづらい表示からトラブルも頻発しているといわれています。
 
今回は、コインパーキングの請求が予想と違った場合の対処法について解説します。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

表示金額を見て「おかしい」と感じたら

コインパーキングの料金が想定していたものと違った場合、まずは再度精算をやり直してみましょう。もしかすると、単純に駐車番号を押し間違ってしまっている可能性があります。
 
駐車番号が合っていることが確認できたら次に、料金案内の看板をチェックしましょう。駐車する前に看板を確認しているとは思いますが、小さく書かれた料金設定などを見落としている可能性があるためです。
 
見落としがちな駐車料金の条件は以下の通りです。
 

・最大料金に時間指定があった
・場所によって値段設定が違った
・土日は最大料金の適用外だった
・イベント(お祭りなど)開催時で最大料金が適用されない日だった

 
まずは自分の認識不足ではなかったかを確認するため、駐車料金の条件をチェックしましょう。もし認識不足だった場合は利用者側に落ち度があるため、請求された料金を支払う必要があります。
 

認識不足でなければ管理会社に電話する

看板を確認し、自分の認識不足でないことが確認できれば、コインパーキングの管理会社に連絡しましょう。
 
なぜなら、精算機の故障など、何かしらの原因で正しく精算ができなくなっている可能性があるためです。管理会社の電話番号は多くの場合、料金が書かれた看板に記載されています。現在の状況を説明し、適切な対処を依頼するといいでしょう。
 

コインパーキングに駐車する際の注意点

コインパーキングに駐車する際は、後々のトラブルを防ぐため、入庫前にしっかりと詳細な条件にまで目を通し、料金を確認しておくことが重要です。重要なことが細かい文字で書かれているケースもあるため、ハザードをつけるなどして車を停め、チェックすることがベストです。
 
もちろん、交通量が多い・後続車がすでに待っているなどの理由で難しい場合もあるでしょう。そのような場合は1度駐車し、その後に看板を確認することで、高額請求を事前に防げる可能性があります。
 
コインパーキングに駐車する際は、入庫前・入庫後の料金チェックを怠らないようにしましょう。
 

コインパーキングの請求にズレがあるときはすぐに支払わず確認から始めましょう

コインパーキングの料金が想定していたものと違った場合は、まず駐車番号・料金案内看板の確認から始めましょう。そこで間違いがなかった場合は管理会社に連絡し、適切な対処を依頼するのがいいでしょう。
 
焦ってすぐに支払ってしまわず、どこに原因があるのかを確認したうえで、どうするべきなのかを考える姿勢が大切です。
 

出典

独立行政法人国民生活センター 当日最大600円のコインパーキングに2日間駐車したら4,000円請求された!
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集