更新日: 2023.12.18 その他暮らし

恋人がボーナスで「50万円のバッグ」を購入すると言っています。金銭感覚が不安なのですが、バッグに50万円って高すぎませんか…?

執筆者 : FINANCIAL FIELD編集部

恋人がボーナスで「50万円のバッグ」を購入すると言っています。金銭感覚が不安なのですが、バッグに50万円って高すぎませんか…?
恋人から「ボーナスで50万円のブランドバッグを買おうと思う」と聞いた際、金額の高さに驚いてしまう人もいることでしょう。特に、ブランド物に興味がない人にとっては、恋人の金銭感覚を理解できず、結婚を考えると不安だと感じてしまうかもしれません。
 
この記事では、ブランドバッグに50万円は高すぎるのかということについて、複数の観点から解説します。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

ハイブランドのバッグで50万円は珍しくない

社会人になり金銭的に余裕が出たことで、学生時代には手の届かなかったブランドのバッグが欲しいと思うようになるのは自然な心理です。とりわけ女性にとっては、バッグは重要なファッションアイテムのひとつです。
 
女性に人気のハイブランドであるルイ・ヴィトンやエルメスのバッグとなれば、50万円以上する商品は珍しくありません。特にエルメスでは、50万円以下で買えるバッグのほうが少なく、100万円以上する商品も多く販売されています。加えて、原材料費の高騰や円安といった外部環境の影響で、日本国内では海外ブランドの商品が値上げ傾向にあります。
 

高価なブランドバッグが売れる理由

高額でもハイブランドのバッグが売れるのには次のような理由があります。
 

・自分に自信を持てる

ハイブランドのバッグは上品で洗練されたデザインが多く高級感があるため、ファッションアイテムに加えることで、ステータスアップを図れます。高価で知られているバッグならば、周囲からの注目も集められるでしょう。バッグを持つことで、自己肯定感が高まる人もいます。
 

・長く愛用できる

ハイブランドのバッグは、高品質な素材で丁寧に作られていることが多く、適切に手入れをすれば長く愛用できます。また、定番の商品は流行りにも左右されにくく、将来子どもにも引き継げます。10年、20年と長く使用する前提ならば、決してコスパは悪くありません。
 

・人気の商品なら売却もしやすい

リセールバリューの高さもハイブランドのバッグの大きな魅力です。使わなくなった場合にも、人気があるブランドのバッグならば、一定以上の価格で売却できる可能性が高いでしょう。希少性が高い商品やモデルでは、プレミアがつく場合もあります。
 

心配すべきケース

ハイブランドのバッグの場合、50万円という価格は特段高すぎるわけではありません。ただし、その買い物が適切かどうかは、個人の状況によっても異なります。例えば、以下のようなケースでは恋人の金銭感覚が懸念されます。
 

・貯金がない

給与やボーナスの大半をバッグなどのブランド品に費やしており、貯金がまったくできていないのは問題かもしれません。さほど収入が高くないのに、50万円レベルの買い物を頻繁に行う人には、散財癖があるといえるでしょう。
 

・衝動買いが多い

「欲しい」と思ったら我慢できず、実用性を深く考えず、収入と見合わない買い物をしてしまう人もいます。冷静かつ計画的な買い物であるかどうかもチェックしましょう。
 

自分のお金で何を買うかはその人の自由

バッグに50万円と聞くと、高すぎると感じてしまうかもしれませんが、人気のブランドでは相場といえます。また、自分が働いたお金で何を買うのかは基本的に本人の自由です。
 
特にボーナスでハイブランドバッグを買うならば、よくがんばった自分へのごほうびと考えてもよいのではないでしょうか。金銭感覚がまともかどうかは、恋人の収入や貯蓄状況、買い物の頻度も含めて総合的に判断しましょう。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集