更新日: 2024.01.12 その他暮らし

1人暮らしで野菜を食べたいなら「サイゼリヤ」がお得!? メニューやコスパについて解説

執筆者 : FINANCIAL FIELD編集部

1人暮らしで野菜を食べたいなら「サイゼリヤ」がお得!? メニューやコスパについて解説
1人暮らしで野菜を食べたいけれど、野菜を買っても余らせてしまうという悩みがある人もいるでしょう。野菜が食べたいときは、リーズナブルなメニューで人気のサイゼリヤで食べたほうが、コスパがいい可能性があります。
 
本記事では1人暮らしで野菜を食べるならサイゼリヤに行くべきかについて、サイゼリヤのサラダの価格紹介や自分で作る場合の費用などをもとに解説します。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

サイゼリヤのサラダはコスパがよいのか

サイゼリヤにはさまざまなサラダがあります。2023年12月時点のサイゼリヤ公式ホームページに掲載されているメニュー表をもとに調べると、「小エビのサラダ」「チキンのサラダ」「わかめのサラダ」「グリーンサラダ」はすべて税込み350円、「モッツアレラのサラダ」は税込み400円となっています。
 
一方、自分でサラダを作る場合は、レタスやニンジン、キュウリなどの野菜や、かけるドレッシングを用意しなくてはいけません。
 
かかる費用については用意する材料やドレッシングなどによって異なるほか、自分で材料を用意する場合は1食分ではなく何回かに分けて食べられるので、具体的な金額を算出することは難しいでしょう。そのため、サイゼリヤでサラダを食べるか、自分で作るかどちらが高コストパフォーマンスかについても、一概にいうことはできません。
 
ただし、自分でサラダを作る場合、一人暮らしだと野菜が使い切れずに余ってしまうことも少なくない点に注意が必要です。1食分のコストを抑えられたとしても、すべて使い切れずに腐らせて捨ててしまうのであれば総合的に考えてコストパフォーマンスが高いとはいえないでしょう。
 
また、サイゼリヤのサラダであれば、種類によって野菜だけでなくエビや鶏肉、海藻やチーズなどを一緒に摂取することも可能です。それらの食材を揃えると値段も高くなるため、安価にさまざまな食材と栄養素が摂れるサイゼリヤのサラダメニューは、コストパフォーマンスが高いとも捉えられます。その日の気分や体調、摂取したい栄養素などによってサラダの種類を変えられるのも魅力です。
 

サイゼリヤにはさまざまな野菜料理がある

サイゼリヤのメニューには、サラダ以外にもさまざまな野菜を使った料理があります。
 
具体的には、さまざまな野菜を煮込んで作る「田舎風ミネストローネ」(税込み300円)やニンジンを細切りにしてドレッシングとあえた「爽やかにんじんサラダ」(税込み200円)、ほうれん草とベーコンを炒めた「ほうれん草のソテー」(税込み200円)や、青豆に温泉卵をのせた「柔らか青豆の温サラダ」(税込み200円)などが挙げられるでしょう。
 
どれもリーズナブルな価格で食べることができ、栄養もしっかり摂取できる点が特徴です。
 

野菜を食べたいときはサイゼリヤに行こう

サイゼリヤではリーズナブルな価格で野菜を食べることが可能です。自分でサラダを作る場合、一人暮らしだと食べ切れなくて野菜を腐らせてしまったり、野菜以外の海鮮やお肉といったトッピング分の費用が高くなってしまったりする可能性もあります。サイゼリヤなら食べたい分だけ、作る手間もかからないので、野菜を食べたいときはサイゼリヤに行くことを検討するとよいでしょう。
 

出典

サイゼリヤ トップ

 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集