更新日: 2024.01.24 その他暮らし

【仕事とお洒落の問題】服に無頓着な23歳男性です。仕事用のスーツがあれば十分ですよね?同世代は私服にいくら使っているのでしょうか?

【仕事とお洒落の問題】服に無頓着な23歳男性です。仕事用のスーツがあれば十分ですよね?同世代は私服にいくら使っているのでしょうか?
服にあまり興味がない男性の場合、私服出勤よりもスーツ出勤のほうが、さまざまな点で楽かもしれません。とはいえ、まったく私服を持っていないと困ることもあるでしょう。この記事では、20代男性がファッションにかける平均費用のほか、スーツ出勤とスーツ以外の私服通勤を増やすこと、それぞれのメリットについて解説します。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

20代男性がファッションにかけるお金の月平均は約3400円

「MoneyGeek編集部」が2023年に行った調査によると、20代男性がファッションにかけるお金の月平均は3434円となっています。同調査は、全国の「20代」「30代」「40代」の男女各200人(合計1200人)を対象としたもので、全体の月平均は5141円となっています。
 
また、20代女性がファッションにかけるお金の月平均は5074円であり、20代男性の月平均は全体と比べても、また同世代の女性と比べても低いことが分かります。
 
月平均の内訳を見ると、洋服代が2043円、靴やカバンなどその他のファッションアイテム代が1391円であり、洋服代だけに絞ると、月に2000円程度に抑えているようです。また、男性の場合は年代が上がるごとに洋服代にかけるお金が増えていく傾向が見られます。
 

公式サイトで申し込み

【PR】アイフル

aiful

おすすめポイント

WEB完結(郵送物一切なし)
・アイフルならご融資可能か、1秒で診断!
最短1時間でご融資も可能!(審査時間込)

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 3.0%~18.0% 1秒診断(※)
WEB完結 無利息期間 融資スピード
※融資まで 30日間 最短20分
※お申し込みの時間帯により翌日以降になる場合があります。
※診断結果は、入力いただいた情報に基づく簡易なものとなります。
 実際の審査では、当社規定によりご希望にそえない場合もあります。

スーツで出勤するメリット

職場によっては私服通勤を許可しているところもあるでしょうが、服にあまり興味がない場合は、スーツで出勤するほうが楽かもしれません。私服ではなく、スーツで出勤する主なメリットは以下のとおりです。
 

・毎朝コーディネートで悩まなくて済む

服に無頓着な人の場合、自分で服のコーディネートをすることが面倒に感じてしまうでしょう。スーツであれば前日と似たような組み合わせでも目立ちませんし、私服ほど個人のセンスも問われません。
 

・仕事のスイッチが入りやすい

私服では仕事とプライベートの境界線が曖昧になりやすくなります。スーツを着ることで、仕事モードのスイッチが入りやすくなるのも利点です。
 

・手持ちの服を少なくできる

私服の場合、ローテーションを考えると、土日休みの場合でも最低5日分のコーディネートが必要です。洗濯物も増えてしまうでしょう。また、服を保管するスペースも必要です。スーツの場合は、基本的にシャツとネクタイを変えるだけでよく、適切に手入れをすれば長持ちするので、頻繁に買い替える必要もありません。
 

スーツ以外の私服通勤を増やすメリット

スーツ以外でも勤務可能な職場の場合は、オフィスカジュアルをベースに私服のパターンをいくつか持っておくとよいでしょう。私服でのコーディネートを用意しておくことには主に以下の2つのメリットがあります。
 

・気候に合った服装で快適に過ごせる

その日の気候に合わせた快適な服装に調節しやすいのは私服です。スーツの場合は、暑すぎる・寒すぎるといったことも起きやすいでしょう。
 

・デートや合コンなどに使える

20代の場合、周りからデートや合コンに誘われる機会もあることでしょう。楽しい飲み会の場にいつもスーツでは、堅苦しい印象を与えてしまいかねません。スーツ以外の私服を持っておけば、プライベートのイベントにも備えられます。
 

スーツ以外の私服も少しは持っておこう

20代男性がファッションにかけるお金の月平均は3434円、洋服代では2043円と節約傾向にあることが分かります。スーツ出勤にすることで、より少ない服で対応でき、洋服代は抑えられるでしょう。
 
ただし、スーツ以外の私服をまったく持っていないと、困ることもあるかもしれません。セール品を買う、プチプラで安く済ませるなどの方法で、予算内でいくつか私服のコーディネートもそろえておきましょう。
 

出典

MoneyGeek 洋服代などファッションにかけるお金は月平均5,141円!男女・年代別に1,200人調査

 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー