更新日: 2024.01.25 その他暮らし

燃費の良いクルマを買ったのに、乗ってみるとそれほど良くもない気がします。どうして違うのでしょうか?

燃費の良いクルマを買ったのに、乗ってみるとそれほど良くもない気がします。どうして違うのでしょうか?
車を選ぶときの条件の一つに、燃費を挙げる人も多いでしょう。しかし、燃費の良さを期待して購入した車でも、実際の燃費は予想以上に良くないと感じた人もいるのではないでしょうか。
 
そこで本記事では、カタログ燃費と実際の燃費が異なる原因について解説します。また、自動車の燃費性能を検査して公表する理由と、少しでもカタログ燃費に近づけるための運転のコツについても併せて紹介します。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

燃費を検査して公表する理由

国土交通省が、自動車の燃費を検査して燃費の良い車をランキングで公表するのは、気候変動対策を推進するためです。2021年度時点で、国全体のCO2排出量の約15%を占めているのが自動車であり、自動車からのCO2排出量を削減するためには、自動車の燃費や性能を改善させる必要があるからです。
 
そこで、自動車ユーザーの環境への関心を高め、より環境性能の高い車の選択や利用を促進することで、カーボンニュートラルを進めようとしているのです。
 

カタログ燃費と実燃費が異なる原因

カタログ燃費と実燃費に違いがあるのは、カタログ燃費の試験を行う条件と実際の走行条件が異なるからです。メーカー独自で燃費を計測すると、計測条件にばらつきが出るため信頼性が薄れます。そこで、国が定めた試験方法に従って計測し、さらにその計測結果を国が検証して客観的に性能を測るのです。
 
国土交通省が定めた性能試験では、特定の温度や湿度など日本の都市における平均的な走行パターンとして選ばれている10.15モードが採用されています。10.15モードでは、カーブや坂道のない平らな道で、エアコンやカーナビなどのオーディオを使用しないといったように、実際に市街地を走行したときの条件が十分に反映されていません。
 
実際の走行では、車内の温度を調整するためにエアコンを使うこともあれば、渋滞にはまることもあるため、燃費が悪くなります。また、性能試験はプロのドライバーが担当していることも、燃費に違いを生じさせる原因の一つです。
 
ドライバーは、計測器があることを意識しながら運転しているため、一般ドライバーの普段の走行状態を適切に再現できていないからです。燃費検査で選ばれている10.15モードでは、大きなトルクが必要な運転や急激な加速を行わないため、燃費が良くなります。
 

カタログ燃費に近づけるための運転のコツ

カタログ燃費にできるだけ近づけるためには、環境省が推奨しているエコドライブを心掛けることです。具体的には、急ハンドルや急ブレーキ、急発進をしない、エアコンは適切に使用する、渋滞や混雑した道路をできるだけ避けることなどです。急な加速やブレーキは市街地では2%、郊外では6%ほどの燃費の悪化につながります。
 
交通状況を予測しながら運転することにより、急加速や急減速だけでなく交通事故も防げます。ほかにも、タイヤの空気圧のチェック、エンジンオイルやオイルフィルターなどの定期的な交換など、車の点検や整備を定期的に行うことも大切です。
 

カタログ燃費と実燃費が異なる理由を理解してエコドライブを心掛けよう

カタログ上の燃費に期待して購入した車でも、実際に走行してみると燃費が悪いと感じるのは、走行条件が異なるからです。実際の走行ではあり得ない条件下でカタログ燃費を計測しているため、燃費に違いが出てしまいます。急ブレーキや急発進など無理な運転をしないことで、燃費を伸ばすことはできるため、できるかぎりエコドライブを心掛けましょう。
 

出典

国土交通省 自動車の燃費ランキングを公表します!
国土交通省 自動車燃費目標基準について
環境省 エコドライブ10のすすめ
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー