更新日: 2024.01.25 その他暮らし

車の暖房はガソリンの浪費になる? どのくらい燃費が悪くなるのでしょうか?

車の暖房はガソリンの浪費になる? どのくらい燃費が悪くなるのでしょうか?
地域によりますが、冬の車内はエンジンを切った状態で氷点下になることも珍しくありません。一般社団法人日本自動車連盟(JAF)が実験した結果によると、車内の暖房を25度に温めた後にエンジンを切ると、1時間ほどで車内の温度が15度以上も急激に低下しました。
 
走行中はそこまで気温が低くならないとはいえ、やはり暖房は必須といってもよいでしょう。本記事では、暖房をかけたときの燃費について解説します。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

車の暖房ではガソリンの浪費につながりにくい

家に設置されているエアコンは、コンプレッサーを作動させることで電力を多く消費するため、電気代が高くなってしまいます。そのため、車の暖房もガソリンの消費につながると考える人は少なくありません。ただ、車の場合は、家用のエアコンとは車内を暖めるまでの流れが異なる点に注目しましょう。
 

車の暖房はエンジンの熱を利用している

車のエンジンは運転中に高温になるため、それを水で冷やして排熱しなければなりません。暖房を使用する際には、エンジンの熱さで温められてお湯状態になっている水に風をあて、温風を車内に取り入れています。
 
つまり、暖房を使用する際にガソリンはまったく使用されていません。あえて言うならば、車を運転するために使用しているガソリンのみです。ただし、ハイブリッド車やEV車の場合は暖房時にエンジンに切り替えるため、ガソリンを多く消費します。
 

窓ガラスの曇りをとるだけであれば外気導入でも利用可能

車内を暖めるためだけではなく、窓ガラスが曇ってしまった場合も暖房を利用する人もいるのではないでしょうか。
 
車内の窓ガラスが曇ったときは、エアコンの「外気導入」をオンにして外気を取り入れることで、曇りがとれるケースもあります。外気導入では車内の空気を換気できるため、必要に応じて利用するのもよいでしょう。
 

公式サイトで申し込み

【PR】アイフル

aiful

おすすめポイント

WEB完結(郵送物一切なし)
・アイフルならご融資可能か、1秒で診断!
最短1時間でご融資も可能!(審査時間込)

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 3.0%~18.0% 1秒診断(※)
WEB完結 無利息期間 融資スピード
※融資まで 30日間 最短20分
※お申し込みの時間帯により翌日以降になる場合があります。
※診断結果は、入力いただいた情報に基づく簡易なものとなります。
 実際の審査では、当社規定によりご希望にそえない場合もあります。

燃費が気になる場合はA/Cスイッチの使用に注意

環境省の「エコドライブ10のすすめ」では、車の燃費が気になる場合のひとつの方法として「A/Cスイッチ」の使用について挙げています。なにげなく使用しているときはあまり意識しないかもしれませんが、A/Cスイッチは燃費にかかわる重要ポイントです。
 

A/Cスイッチの役割は車内の冷却や除湿

A/Cスイッチをオンにしなければならないときは、車内に冷房をかけたいときです。そもそも、A/Cスイッチの役割として、冷却と除湿機能があります。そのため、主に使用する時期は夏場が多いです。
 
ただ、ほかの季節でも車内の除湿をしたいとき、窓ガラスの曇りをとりたいときなどにも、こちらのスイッチの除湿機能を使用できます。一方、暖房を使用する際には、A/Cスイッチはオフのままで問題ありません。
 

A/Cスイッチをオンにしている状態のときはガソリンを消費する

こちらのスイッチはコンプレッサーを作動させますが、コンプレッサーを動かすためにはエンジンを活発に動かさなければなりません。その結果、ガソリンの消費につながります。燃費をよくしたいのであれば、A/Cスイッチは状況に応じてオン・オフするほうがよいでしょう。
 

車の暖房時はA/Cスイッチをオフにして燃費を改善させよう

自宅にあるエアコン使用時に電気代が高くかかるのと同様に、車の暖房時はガソリンを多く消費するのではないかと気になる場合もあるのではないでしょうか。
 
実際には、ハイブリッド車でなければ、車の暖房自体にはガソリンを消費しないため、寒いときには使用するのがおすすめです。ただ、注意点としてA/Cスイッチをオンにするとガソリンの消費につながることから、暖房時にはオフになっているかどうかを確認しておきましょう。
 

出典

一般社団法人日本自動車連盟 JAF
環境省 COOL CHOICE クルマの燃費は、エアコンのスイッチひとつで変わる!?
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー