更新日: 2024.01.26 その他暮らし

【電車通勤から車通勤へ】片道30キロメートルを20日通勤したら「ガソリン代」はいくらかかる?

【電車通勤から車通勤へ】片道30キロメートルを20日通勤したら「ガソリン代」はいくらかかる?
電車通勤から車通勤に変えることで、仕事終わりに寄り道をしたり、買い物をして大きな荷物を運んだりできるようになります。通勤ラッシュを避けて、人混みにさらされることなく、一人の時間を楽しめることも大きなメリットです。
 
ガソリン代が大きな負担にならないようであれば、車通勤に変えたいと考える方もいらっしゃるでしょう。そこで今回は、片道30キロメートルを20日間通勤する場合に、電車通勤と車通勤では、どちらがどれだけお得になるのかを調べてみました。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

往復60キロメートルの通勤でガソリン代はいくら?

一般社団法人日本自動車工業会によると、ガソリン乗用車の平均燃費は、2021年度で1リットルあたり23.1キロメートルです。
 
これを基に、往復60キロメートルの通勤で消費するガソリンの量を計算すると、約2.6リットルになります。
 
2024年1月22日時点のレギュラーガソリンの店頭現金小売価格は、1リットルあたり175.2円です。
 
計算により、車通勤でかかる平均的なガソリン代は、1日あたり約455円であることが分かります。
 
ただし、これはガソリン乗用車の平均的な燃費性能で計算したものであるため、自身の車の実燃費で計算してみるとよいでしょう。
 
実燃費は満タン法で計算できます。
 
まずガソリンを満タンにしてからトリップメーターをリセットし、ある程度ガソリンがなくなるまで走行してから再び満タンにします。
 
「トリップメーターの走行距離÷給油した量」で実燃費を算出できます。
 
往復60キロメートルの通勤でかかるガソリン代を、燃費性能ごとにまとめると以下の通りです。

・10キロメートル/リットル:約1051円
 
・15キロメートル/リットル:約701円
 
・20キロメートル/リットル:約526円
 
・25キロメートル/リットル:約420円

電車通勤の切符代はいくら?

往復60キロメートルを電車通勤する場合、行きと帰りの分の切符代がかかります。
 
ここでは、JRを利用して通勤する場合の切符代をご紹介します。
 
JRの運賃は、営業キロを使用して計算します。
 
幹線のみを利用する場合、片道30キロメートルの運賃は510円で、往復の切符代は1020円です。
 
地方交通線のみを利用する場合は、片道30キロメートルの運賃が590円で、往復の切符代は1180円になります。
 

20日間の通勤でどちらがどれだけお得?

往復60キロメートルを20日間通勤した場合のガソリン代および切符代を比較すると以下の通りです。

・車通勤(燃費性能:23.1キロメートル/リットル、ガソリン価格:175.2円/リットルの場合)
 
455円×20日=9100円
 
・電車通勤(JRで幹線のみを利用する場合)
 
1020円×20日=2万400円

この計算では、電車通勤から車通勤に変えることで、毎月1万1300円ほどお得になることが分かります。
 
ただし、電車通勤をする場合は通勤定期券を購入することが考えられるため、実際にお得になる金額はもう少し低くなることが予想されます。
 

車通勤にするならデメリットも踏まえて慎重に検討しよう

往復60キロメートルの通勤にかかるガソリン代と切符代を比較してみると、電車通勤から車通勤に変えることで、毎月1万円ほどがお得になる場合もあることが分かりました。
 
ただし燃費性能によっては、通勤定期券を購入する場合と比較して、それほどお得にはならない場合もありますので注意が必要です。
 
車通勤に変えることにはメリットがありますが、駐車場代や維持費などの費用がかかることや、通勤ルートによっては渋滞にはまる場合もあるため、デメリットも踏まえて慎重に検討する必要があるでしょう。
 

出典

一般社団法人日本自動車工業会 自動車燃費
経済産業省資源エネルギー庁 石油製品価格調査 1. 給油所小売価格調査(ガソリン、軽油、灯油)<調査結果>
西日本旅客鉄道株式会社 JRおでかけネット きっぷのルール 幹線または地方交通線のみをご利用の場合
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー