更新日: 2024.01.29 その他暮らし

年収400万で娘の大学進学があり生活費がカツカツ…友人が亡くなったのですが「香典」はいくら出せばよいでしょうか?

年収400万で娘の大学進学があり生活費がカツカツ…友人が亡くなったのですが「香典」はいくら出せばよいでしょうか?
年齢を重ねると、葬儀に参列する機会も増えていき、時には友人が亡くなることもあります。50代に入り、子どもの教育費などでカツカツだと、香典の費用に悩む可能性もあるでしょう。
 
本記事では、50代の方が友人の葬儀に参列する際に、香典をいくらほど包めばよいのかを紹介するとともに、香典を渡す際のマナーもお伝えします。正しく香典を渡して故人をしのぶためにも、金額やマナーの情報をお役立てください。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

香典とは

香典とは、故人の霊前にお供えするお花やお香の代わりとして渡す金銭や物品などの贈与品を指します。金銭の場合は、一般的に通夜や葬儀、告別式の際に香典袋に入れて持っていくことで、喪家の急な出費を支援する目的もあると考えられます。
 

香典に包む金額について

一般社団法人全日本冠婚葬祭互助協会が行った調査を参考に、香典に包む金額を関係別、世代別に紹介します。
 
故人との関係別の香典金額は、以下のとおりです。
 

故人との関係性 最も回答の多い金額 平均額
祖父母 5000円 1万4942円
親(義理の親を含む) 10万円 5万9711円
兄弟・姉妹 5万円 4万5452円
おじ・おば 1万円 1万8285円
職場関係 5000円 6204円
勤務先社員の家族 5000円 5336円
取引先関係 1万円 7915円
友人・友人家族 5000円 6649円
隣人・近所の知り合い 5000円 6285円

参考リンクをもとに筆者が作成
 
血縁関係にある場合や故人との関係性が密接であるほど、香典の金額も高くなる傾向があります。友人の香典であれば、5000円が一般的といえるでしょう。
 
次に、50代の人に焦点を当てて、故人との関係別の香典金額を紹介します。
 

故人との関係性 50代で最も回答の多い金額 50代の平均額
祖父母 5000円 1万7522円
親(義理の親を含む) 4万5190円
兄弟・姉妹 5万4000円
おじ・おば 1万円 1万6013円
職場関係 5000円 6970円
勤務先社員の家族 5000円 6022円
取引先関係 1万円 7567円
友人・友人家族 5000円 6500円
隣人・近所の知り合い 5000円 6648円

参考リンクをもとに筆者が作成
 
50代の場合でも、友人への香典は5000円が一般的と考えられます。特に親しかった友人の場合は1万円を包むなど、故人との関係性によって、多少包む金額を変える場合もあるでしょう。紹介した金額はあくまでも目安です。大切なことは故人をしのぶ気持ちと、ご遺族に対するお悔やみの気持ちですので、自分の気持ちで金額を決めるとよいでしょう。
 

基本的な香典マナー

葬式は頻繁に経験するものではないため、どのような振る舞いをすればよいかと、不安に感じている方もいるのではないでしょうか。ここでは香典に焦点を当てて、一般的なマナーを紹介します。
 
お金を入れる香典袋は多くの種類がありますが、金額によって種類を変えることが一般的です。例えば、5000円程度であれば、水引が印刷されているシンプルな香典袋を用い、1万円以上の金額を包む際は、実際に水引がかかっている香典袋を選ぶなど、金額を意識するとよいでしょう。
 
また、香典に包むお金に新札を使用することは、マナー違反とされています。もし手元に新札しかない場合は、折り目を付けてから包むようにしましょう。
 
香典袋を持参する際にはふくさに包み、受付で記帳を済ませた後に渡すことが一般的です。よかれと思って、通夜と葬儀で2回に分けて香典を渡すことも不幸が重なるとされ、マナー違反にあたります。どちらも参列する場合は、一方のみで香典を渡しましょう。
 

【PR】タウンライフ土地活用

おすすめポイント

・最適な活用方法が複数社から全て無料で貰える!
800 万円の差がでることも!土地活用による節税&相続対策!
・スマホで簡単!3 分で依頼完了
・土地活用の初心者も安心!手軽に専門家に相談可能!

友人の葬儀に持参する香典は5000円が目安

一般社団法人全日本冠婚葬祭互助協会の調査によると、50代の方が友人の葬儀に持参する香典金額は、5000円という回答が最も多かったとしています。そのため、香典の金額に迷ったら、5000円を包むとよいでしょう。
 
また葬儀の経験が少ない場合は、事前に香典袋の種類や入れるお札の状態、渡すタイミングなどを確認してから、故人やご遺族に失礼がないように準備しておくことをおすすめします。
 

出典

一般社団法人 全日本冠婚葬祭互助協会 香典に関するアンケート調査(令和3年度) 集計結果
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集