更新日: 2024.01.29 キャッシュレス

旅行で長野に行きましたが、交通系ICの使えない駅があって驚きました。現金があったのでなんとかなりましたが、一体どういう事情なのでしょうか。

旅行で長野に行きましたが、交通系ICの使えない駅があって驚きました。現金があったのでなんとかなりましたが、一体どういう事情なのでしょうか。
長野県の地元住民だけではなく、旅行者にとっても公共交通の利便性はとても重要です。しかし、長野県の交通系ICカードの使用に関しては、ほかの都市と異なる特徴があります。この記事では、長野県における交通系ICカード「KURURU(くるる)」の現状と、2025年に予定されているSuicaとの相互利用が可能な新ICカードシステムの導入について紹介します。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

長野県の交通系ICカード事情の現状とKURURUの役割

長野県は、豊かな自然と文化を擁する地域であるため、国内外から多くの観光客が訪れます。しかし、交通系ICカードは、ほかの都市と異なる側面を持つため、とまどう人もいるでしょう。長野県の公共交通機関の多くでは、独自の交通系ICカードとして「KURURU」が利用されています。
 
このカードは、長野市や小川村などを運行するアルピコ交通、長電バスの一般路線バス全線などで使用でき、地域住民にとって重要なツールとなっています。
 
しかし、KURURUはSuicaやほかの主要な交通系ICカードとは相互利用ができません。そのため、県外から訪れる観光客にとっては不便を感じることがあります。この背景にあるのは、地方都市における交通インフラの整備状況や経済的な側面です。長野県では、主要都市圏に比べて公共交通機関の利用者数が少ないこともあり、新しいシステムへの投資が限られていることが大きく影響しています。
 

新システムへの変革! Suica相互利用の新ICカード導入へ

2025年春には、長野県の交通システムに大きな変革が訪れるとされています。それは、長野市公共交通活性化・再生協議会とJR東日本が、Suicaとの相互利用が可能な地域連携ICカードの導入に合意したからです。この新しいカードシステムは、地域のバス事業者が運行するバスの定期券や割引サービスに加え、Suica対応エリアの乗車券や電子マネーサービスまで利用できる2in1カードとなる予定です。
 
アルピコ交通や長電バスなど、長野市および周辺地域のバス路線が新システムに対応する予定のため、地域住民だけではなく、観光客にとっても非常に便利な変革となることが期待されています。
 
このような進展は、長野県の公共交通の進化を示す象徴的な事例であり、地域の経済発展と社会的連携の強化に貢献するものです。そして、この事例は長野県だけではなく、ほかの地域の今後の公共交通網の進化を象徴する重要な出来事といえるでしょう。
 
なお、長野県で現在利用されている交通系ICカード「KURURU」は、この新しい地域連携ICカードシステムの導入に伴い、運用を終了する予定です。
 

新時代への一歩! 長野県交通系ICの変革

長野県の公共交通は、2025年に大きな変革を迎えます。それは、現在利用されている地域独自のICカード「KURURU」が、Suicaと相互利用可能な新しい地域連携ICカードへ移行することです。
 
これにより、地域住民と観光客の双方にとって、大きな利便性をもたらすと期待されています。この変革は、長野県の公共交通システムの進化を象徴し、さらに多くの人々にとってアクセスしやすい交通環境を実現する重要な一歩となるでしょう。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー