更新日: 2024.01.31 その他暮らし

息子に「エアマックス95」が欲しいと言われたのですが、プレ値で6万円でした……。諦めさせるため、靴の相場を教えてください!

息子に「エアマックス95」が欲しいと言われたのですが、プレ値で6万円でした……。諦めさせるため、靴の相場を教えてください!
1995年に発売されたナイキの「エアマックス95」は、発売から30年近くたつ現在でも高い人気を誇るハイテクスニーカーです。なかにはプレミアム価格で定価の数倍にもなるモデルもあるため、価格が購入を決意する障壁となっている人は多いのではないでしょうか。
 
本記事では、そんなレアスニーカーの相場や、靴にかける一般的な購入費用を紹介します。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

エアマックス95は定価2万円~3万円程度が相場

まずはエアマックス95の相場を見ていきましょう。ナイキの公式オンラインショップに掲載されている主なモデルの価格は2万円~3万円という価格でした。また、アディダスの公式オンラインショップの中での高価格帯のスニーカーを見てみると、同じく2万円~3万円のスニーカーが見られました。
 
上記のように、公式オンラインショップで購入する場合は、定価2万円~3万円程度が相場です。ただし、過去に販売された人気モデルや限定モデルを、フリマやオークションで購入するとなると、定価の倍以上になるケースも少なくありません。
 

1足2万円は高い?多くの人が靴にかける購入費用

さまざまなインターネット調査を実施するマイボイスコム株式会社が、男女約1万人を対象におこなったアンケートによると、購入する靴の価格帯で最も多いボリュームゾーンは3000円~5000円未満でした。
 
また、5000円未満が購入者の5割弱を占めており、多くの人は靴1足に5000円もかけないことが読み取れます。この結果から考えると、1足2万円は、やはり高額な買い物の部類です。購入をためらってしまうのも無理はありません。
 

子どもが諦めてくれないときの対処法

子どもからおねだりされたとき、どうにか説得して考えを変えさせようとしても、納得してもらえないケースは多々あるでしょう。子どもがどうしても諦めてくれない場合は、以下のような対処法が考えられます。
 

・購入費用の一部を子ども自身に負担させる

定価の2万円ならまだしも、プレミアム価格で5万円や6万円となると、簡単に購入を決意できる買い物ではなくなってしまいます。そこで、購入費用の一部を子ども自身に負担させるのもひとつの方法です。
 
例えば、定価の2万円までは親が負担し、プレミアム価格との差額である3万円~4万円を子ども自身に負担させるようにすると、お互いに納得しやすいでしょう。高い買い物をする大変さを学べるのと同時に、自分でお金を出すことで靴をより大切にするメリットもあります。
 

・特別な日まで待ってもらう

毎年子どもにあげる誕生日プレゼントやクリスマスプレゼントは、予算を1万円以内、多くても2万円以内くらいで考えている人が多いのではないでしょうか。そうなると、誕生日やクリスマスにプレミアム価格のスニーカーを買ってあげるのは、予算を大幅にオーバーしてしまいます。
 
そこで、毎年あげるようなプレゼントではなく、特別な日のプレゼントとして買ってあげるのがおすすめです。例えば、一度限りの大学卒業祝いや成人祝いとなれば、プレミアム価格のスニーカーでもプレゼントしやすいでしょう。
 

話し合いでお互い納得できる落としどころを見つけよう

高額な商品を子どもからおねだりされた場合、簡単には購入を決意できないでしょう。ただし、頭ごなしに否定してしまっては、子どもとの関係に亀裂が生じてしまう恐れがあります。
 
「購入費用の一部を自分で負担させる」「特別な日まで待ってもらう」など、話し合いでお互い納得できる落としどころを見つけることが大切です。
 

※2024/01/31 タイトルを一部変更しました
 

出典

マイボイス株式会社 【 靴 】に関するアンケート調査(第4回)
Nike メンズシューズ
アディダス メンズスニーカー
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー