更新日: 2024.02.09 その他暮らし

【掘り出し物】祖父の遺品整理をしていたら「聖徳太子」のお札を大量に発見!「現紙幣に交換」と「売る」のとではどちらがお得?

【掘り出し物】祖父の遺品整理をしていたら「聖徳太子」のお札を大量に発見!「現紙幣に交換」と「売る」のとではどちらがお得?
日本銀行は、1885年に初めてお札を発行してから、これまでに53種類の銀行券を発行しています。
 
2024年7月には新しいお札が発行されますが、これまでに流通してきたお金の価値はどのようになるのかと、疑問に思う方もいるでしょう。
 
本記事では、祖父の遺品整理中に出てきた「聖徳太子」のお札が現在でも使えるのかについて解説したうえで、現代のお札と交換すべきか、それとも売却すべきかについて、ご紹介しています。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

聖徳太子のお札は現在でも使用できる?

聖徳太子が描かれたお札は、これまでに7回発行されてきましたが、そのうち4種類については、現在でも使用可能です。
 
聖徳太子が描かれたお札のうち、現在でも使用できるものは以下の通りです。

●A百円券(昭和21年発行)
●B千円券(昭和25年発行)
●C五千円券(昭和32年発行)
●C一万円券(昭和33年発行)

これらの古い紙幣は、原則使用可能ですが、お店によっては受け取ってくれないケースもあるようです。
 
そのため、聖徳太子のお札を含めた古い紙幣については、日本銀行で交換してもらうことが無難といえるでしょう。
 

公式サイトで申し込み

【PR】アイフル

aiful

おすすめポイント

WEB完結(郵送物一切なし)
・アイフルならご融資可能か、1秒で診断!
最短1時間でご融資も可能!(審査時間込)

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 3.0%~18.0% 1秒診断(※)
WEB完結 無利息期間 融資スピード
※融資まで 30日間 最短20分
※お申し込みの時間帯により翌日以降になる場合があります。
※診断結果は、入力いただいた情報に基づく簡易なものとなります。
 実際の審査では、当社規定によりご希望にそえない場合もあります。

聖徳太子のお札は交換or売却のどちらがお得?

聖徳太子のお札が、交換と売却のどちらがお得になるのかは、お札の状態などによって異なります。
 
もし状態が非常によいとか、番号が珍しいなどの条件に当てはまれば、額面よりも高額で売却できる可能性もあるでしょう。
 
実際に買い取り業者では、未使用品や通し番号が珍しいものであれば、額面以上の金額で買い取る場合もあるようです。高額で売却できる可能性はゼロとはいえないため、一度、専門の業者に査定してもらうこともありかもしれません。
 

昔のお札を売却する際の注意点

もし旧紙幣を売却しようとお考えであれば、いくつか注意しておかなければならない点があります。
 
ここでは、昔のお札を売却する際の注意点を2点、ご紹介します。
 

現金の売却を禁止しているサイトなどを使用しない

旧紙幣を売却する際に、現金の売却を禁止しているサイト・アプリを使用しないように注意しましょう。
 
実際にいくつかのフリマサイト・アプリでは、紙幣・硬貨などの現金の出品を禁止しています。もし、現金の出品が確認された場合には、サイトの利用制限などがかけられてしまうおそれがあります。サイトやアプリで旧紙幣を売却する場合は、必ず利用規約などを確認して、違反しないように注意しましょう。
 

現金を送る際は必ず現金書留を使用する

もし、オークションサイトなどで旧紙幣が売れた場合は、郵送する際には必ず現金書留で送りましょう。
 
なぜなら、郵便法第17条で、以下のように定められているからです。

第十七条(現金及び貴重品の差出し方) 現金又は郵便約款の定める貴金属、宝石その他の貴重品を郵便物として差し出すときは、書留(第四十五条第四項の規定によるものを除く。)の郵便物としなければならない。
出典:デジタル庁 e-GOV法令検索 郵便法(昭和二十二年法律第百六十五号)

法律違反となってしまうため、紙幣は必ず現金書留で郵送しましょう。
 

紙幣の状態などを確認して交換・売却のどちらにするかを決めましょう

聖徳太子が描かれたお札は、種類によっては現在も使用可能です。
 
ただし、お店によっては受け取りを拒否されてしまう可能性もあるため、日本銀行で交換するか、売却することをおすすめします。
 
売却を選ぶ場合は、アプリ・サイトの利用規約や郵便法に違反しないように注意してください。紙幣の状態や手間などを考慮して、交換・売却のどちらにするかを決めましょう。
 

出典

日本銀行
 お金の話あれこれ 日本のお札に最も多く登場した人物は?

 日本銀行について Qこれまでに発行されたお札のうち、現在使えるお札はどれですか? 古いお札を持って いますが、現在も使えますか?
財務省 よくあるご質問
 昔のお金は使えますか

 誤って紙幣を破ってしまった時は、どうすればいいですか
デジタル庁 e-GOV法令検索 郵便法(昭和二十二年法律第百六十五号) 第十七条(現金及び貴重品の差出し方)
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー