更新日: 2024.02.14 子育て

【児童手当の使い道】「児童手当」は貯金派?使う派?どうするのが正解?

【児童手当の使い道】「児童手当」は貯金派?使う派?どうするのが正解?
子どもが生まれてから申請することで、「児童手当」は受け取れます。児童手当の使い道に決まりはなく、生活費の足しや貯蓄など、家庭によってさまざまです。なかには、児童手当で支給される金額が気になったり、使い道について考えたりしている方もいらっしゃるでしょう。
 
そこで今回は、児童手当で受け取れる金額と、児童手当の使い道をご紹介します。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

「児童手当」の支給対象と支給額

まずは、児童手当が支給される人と、支給額について見ていきましょう。
 
児童手当の支給対象は、中学校を卒業するまで(15歳の誕生日を過ぎて最初の3月31日まで)の児童を育てている方になります。ひと月あたりの児童手当支給額は、表1の通りです。
 
表1

児童の年齢 支給額(1人あたりの月額)
3歳未満 一律1万5000円
3歳以上小学校修了前 1万円(第3子以降は1万5000円)
中学生 一律1万円

※こども家庭庁「児童手当制度のご案内」を基に筆者作成
 
なお第3子以降とは、高校卒業まで(18歳の誕生日を過ぎて最初の3月31日まで)の児童のうち、3番目以降をいいます。
 
支給された児童手当をすべて貯金すると、トータルでいくらになるかを計算してみましょう。今回は、4月生まれの子ども1人あたりの児童手当を計算します。

0~2歳:54万円
3歳~小学校終了前:108万円
中学生:36万円

上記を合計すると、支給額は198万円です。つまり、子どもが0歳の時点から約15年間受け取ることができて、すべてを貯金すると、約200万円ためられることになります。
 

「児童手当」の使い道とは?

児童手当の支給対象や支給額が分かったところで、各家庭ではどのように使っているのかが、気になる方もいらっしゃるでしょう。
 
ARINA株式会社が運営する教育メディア「おうち教材の森」では、子ども手当・児童手当についてのアンケート調査を実施しています。上記の調査結果によると、各手当の使い道で最も多かったのは「子どもの将来の為の貯金」でした。
 
そのほかの回答と、それぞれの割合は以下の通りです(回答数=200人)。

●子どもの将来の為の貯金(114人)
●生活費(43人)
●習い事費(18人)
●学習費(9人)
●投資(8人)
●その他(8人)

貯金の方は57%、生活費の方は約22%、教育費として使う方は約14%との結果となりました。
 
1位の「子どもの将来の為の貯金」では、大学費用や未来のための貯金とか、子どものためのお金だから貯金するといった意見が見られました。結果的に、子どもの教育資金としてためておく方が多いといえるでしょう。
 

「児童手当」の使い道第1位は「子どもの将来の為の貯金」

今回の結果から、児童手当の使い道として最も多かったのは、「子どもの将来の為の貯金」であることが分かりました。
 
子どもが将来希望する道に進めるように、教育資金として貯金している方が多いようです。事前に蓄えておくことは、将来まとまったお金が必要となったときの支えになるでしょう。
 

出典

こども家庭庁 児童手当制度のご案内
ARINA株式会社 【調査結果】子ども手当・児童手当は何に使っていますか?1位は『子どもの将来の為の貯金』!
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

【PR】子どもの教育費はいくらかかるの?かんたん30秒でシミュレーション