更新日: 2024.02.09 その他暮らし

「廃車引取り」の依頼後、数分後にキャンセルしたら高額な「違約金」を請求された…これって支払うべき?

「廃車引取り」の依頼後、数分後にキャンセルしたら高額な「違約金」を請求された…これって支払うべき?
廃車買い取りサービスに廃車引き取りを依頼した後、何らかの理由でキャンセルをしたいと考えるケースがあるかもしれません。しかし依頼する業者によっては、高額なキャンセル料が請求されることもあるようです。
 
廃車買い取り業者への高額なキャンセル料は支払わなければならないのか、みていきましょう。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

たった数分の間に高額なキャンセル料が!?

廃車買い取りサービスでは、一括査定やオークションでまったく値が付かないような古い車でも、処分の費用を請求されることなく買い取ってもらえるようです。
 
インターネットや電話で申し込むと、無料で査定してくれる業者が数多くあります。
 
廃車買い取りの依頼を簡単に申し込めるメリットがある一方で、キャンセル時にトラブルに発展する場合もあるため注意が必要です。
 
一般社団法人日本自動車購入協会によると、車を売ることを考え直して申し込みから数分後にキャンセルを申し出たところ「電話を切った後にすぐにレッカーの手配をしたので、違約金(キャンセル料)一律3万円を請求する」と言われた方の事例があります。
 
インターネットで廃車買い取りサービスを一括検索して、業者と口頭で承諾した後、別の業者がもっといい条件を出してくるケースもあります。
 
口頭では契約にならないと考え、キャンセルをすることを前提で別の業者と契約をする方もいるようです。
 
しかし口頭であっても契約は成立してしまうため、キャンセルする際に高額の違約金が請求されるといったトラブルもあるので注意が必要です。
 

高額のキャンセル料は支払うべき?

キャンセル料の金額に関して、ポイントとなるのは消費者契約法第9条第1号です。

第九条 次の各号に掲げる消費者契約の条項は、当該各号に定める部分について、無効とする。

一 当該消費者契約の解除に伴う損害賠償の額を予定し、又は違約金を定める条項であって、これらを合算した額が、当該条項において設定された解除の事由、時期等の区分に応じ、当該消費者契約と同種の消費者契約の解除に伴い当該事業者に生ずべき平均的な損害の額を超えるもの 当該超える部分

※出典:デジタル庁 e-Gov法令検索 「消費者契約法 第九条 一」
 
口頭でも契約は成立するとはいえ、たった数分後にキャンセルする旨を連絡した場合は、実際に損害が発生しているとは考えにくいといえます。
 
業者がすぐにレッカーの手配をした場合でも、キャンセルによって買い取り業者が被る損害額が必ずしも一律3万円であるとは限りません。
 
数分でキャンセルしたことに対して、高額な違約金は妥当ではないと考えられます。
 
話がまとまらないときには、違約金の内容を書面でもらって、妥当性を確認する必要があります。
 

【PR】タウンライフ土地活用

おすすめポイント

・最適な活用方法が複数社から全て無料で貰える!
800 万円の差がでることも!土地活用による節税&相続対策!
・スマホで簡単!3 分で依頼完了
・土地活用の初心者も安心!手軽に専門家に相談可能!

廃車買い取り業者のキャンセルへの対応は?

キャンセルへの対応は、廃車買い取り業者によって異なるため、各社のキャンセルポリシーなどを確認しておくことは大切です。
 
複数サイトを見てみたところ「キャンセル手数料は一切いただきません。」としている業者もあれば、引き取り日や持ち込み日から起算して「30日前:1万円、7日前:1万5000円、当日:2万円」とキャンセル日に応じた金額を設定していたり、今回の事例のように一律でキャンセル料を設けていたりなど、業者によってさまざまな条件が見受けられました。
 

廃車買い取りサービスはキャンセルポリシーを確認して慎重に検討しよう

廃車買い取りサービスは、インターネットや電話で気軽に申し込めて便利である反面、キャンセル時に違約金が発生するなどトラブルにつながる場合もあるため注意が必要です。
 
口頭でも契約は成立するため、複数の業者に問い合わせをする際は、各社のキャンセルポリシーを確認しつつ、安易に承諾するようなことがないように気を付けましょう。
 

出典

一般社団法人日本自動車購入協会 トラブル相談事例 廃車買取サービスをキャンセルしたところ違約金を請求された
デジタル庁 e-Gov法令検索 消費者契約法 第九条 一
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集