更新日: 2024.02.14 その他暮らし

【衝撃】家電屋のテレビが「高すぎる」! 今の時代、「テレビを買うメリット」はあるのでしょうか?

【衝撃】家電屋のテレビが「高すぎる」! 今の時代、「テレビを買うメリット」はあるのでしょうか?
「家電量販店で売っているテレビが高くて驚いた」「テレビを買うメリットってあるの?」などと考えていませんか。1家に1台以上といわれたテレビですが、価値観や環境が変わったことで現在では所有していない方が増えているようです。ここでは、公的資料をもとにテレビの相場を紹介するとともにテレビを購入するメリットを解説します。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

テレビの価格はどれくらい?

大手家電販売サイトでテレビの値段を見てみると、小型のもので5万円前後、大型のもので15万円前後の価格であることが分かります。そのため、どれだけ安いテレビを買ったとしても5万円程度はかかることになります。
 

テレビを購入するメリット

スマホで動画を視聴できる時代なので、テレビは高いと感じる方が多いのではないでしょうか。果たして今の時代に5万円程度を負担して、購入する価値はあるのでしょうか。ここからは、テレビを購入するメリットを紹介します。
 
・長い期間使える
 
テレビはスマホなどと違い、10年程度使い続けられます。そのため、5万円の費用を年換算すると5000円に、月換算すると400円程度にまで抑えることができます。大切に使えば、かなりコスパのよい商品といえるでしょう。
 
・さまざまな情報を入手できる
 
テレビを利用すると、興味のある情報から興味のない情報まで、さまざまな情報を入手できます。テレビをつけているだけで、自動的に情報が届けられるためです。例えば、テレビがついていれば、食事をとっているとき、掃除をしているとき、ゴロゴロしているときでも情報を入手できます。これまで知らなかった情報と出会って、世界が広がることもあるでしょう。
 
・公共性が高い
 
テレビは社会のインフラとして機能しています。したがって、多くの方たちに関わる情報を得られます。代表例としてあげられるのがニュース速報です。大きな出来事が起こったときに、関連する情報を素早く入手できます。現在の情報を正しく認識したいときなどに役立ちます。
 
・情報の信頼性が高い
 
信頼性の高い情報を得られる点も魅力です。一定の取材に基づき情報を発信しているため、フェイクニュースが混ざる可能性は低いと考えられています。総務省が発表している「令和3年 情報通信白書」によると、メディアに対する信頼はテレビが53.8%、ラジオが50.9%、新聞が61.2%、SNSが15.3%です(「信頼できる」の割合)。ファクトチェックの手間を省きやすいといえるかもしれません。
 
・共通の話題ができる
 
テレビには、共通の話題をつくりやすいメリットもあります。1台のテレビを複数人で見ることが多いためです。家族で見れば家族共通の話題ができます。例えば、ドラマの感想を話し合う、次回の展開を予想しあうなどが考えられます。テレビを通して、家族やカップルの絆が強まることもあるでしょう。
 

テレビはあると便利な家電

テレビの相場は、5万円程度です。安くはありませんが、テレビには信頼性の高い情報を素早く得られる、さまざまな情報を入手できる、共通の話題をつくれるなどのメリットがあります。1台あると毎日の生活が大きく変わることも考えられます。自身のライフスタイルと照らし合わせて、必要性を見極めてみてはいかがでしょうか。
 

出典

総務省 令和3年 情報通信白書
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集