fbpx 

更新日: 2019.01.07 暮らし

音楽、映画は当たり前! 最先端はバックやスーツ、車まで! ここまで来た月額定額制サービスの広がり

音楽、映画は当たり前! 最先端はバックやスーツ、車まで! ここまで来た月額定額制サービスの広がり
少し前まで、映画のDVDを見たいときには、レンタルショップに買いにいくのがふつうでした。ところが最近では、HuluやAmazonプライム・ビデオなど、月額定額制でドラマや映画が見放題の動画配信サービスが広がっていますよね。
 
実はこうした「定額制」で使い放題・借り放題できるサービスは、今さまざまな分野に広がっています。こうした定額制サービスのことを「サブスクリプション」と言いますが、例えば最近では、女性のバッグや男性のスーツも月額定額制で利用できるようになりました。
 
 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

超高級ブランドのバッグを、月額6800円(税抜)で取っ替え、引っ替え!

女性のバッグは高価なものが多く、かなりの出費になるうえ、その日のファッションや季節に合わせて持ち替えたいもの。
 
そこに、バッグが借り放題になる「ラクサス」という「サブスクリプション」サービスが登場しました。
 
これは、月額6800円(税抜)でバッグが無制限で使い放題(無期限・個数無制限)というサービスです。使い方は、専用のアプリでバッグを選ぶだけ。使いたいバッグを簡単に取り寄せられるうえ、飽きたら、バッグを取り替えることができます。
 
とはいうものの、バッグ自体がいまいちだと使いたくないですよね。ところが「ラクサス」では高級ブランドのバッグも用意されています。2018年10月現在の取り扱いブランドの一部を挙げると、エルメス、ルイ・ヴィトン、シャネル、プラダ、グッチ、セリーヌ…と、誰もが知る有名ブランドの名前がずらりとならんでいます。
 
もしこうしたブランドのバッグを自分で買うとすると、ひとつ数万円から数十万、中には百万円を超えることもありますよね。それが月額6800円(税抜)でいろんな高級ブランドバッグが使い放題です。所有することにこだわらなければ、かしこくオシャレができるサービスかもしれません。
 

月額費を払うことで、スーツ、シャツ、ネクタイが一式届く!

男性向けにもそんな「サブスクリプション」サービスが登場しています。
 
男性の定額制ファッションサービスとして注目を集めているのが、スーツ専門店として知られるAOKIがはじめた「suitsbox」です。
 
「suitsbox」は、毎月の定額費を払うことで、スーツ、シャツ、ネクタイがフルセットで届くシェアリングサービス。申しこむ際に簡単な質問に答えると、最適なサイズを分析し、自分に合ったサイズのスーツを一式届けてくれます。到着したものが好みでなかった場合は月一回無料で交換も可能です。
  
用意されているのは3つのコース。スーツが1セット、シャツ1枚、ネクタイ1本が届く「お試しライトコース」(月額税抜7800円)と、スーツが2セット、シャツ3枚、ネクタイ2本が届く「ライトコース」(月額税抜1万5800円)。そしてスーツ3セットとシャツ5枚、ネクタイ3本が届く「スタンダードコース」(月額税抜2万4800円)です。
 
スーツ上下、シャツ、ネクタイを一式そろえるとなると、数万円かかるのがふつう。なかなか簡単にワードローブに追加することはできませんよね。クリーニング代もバカにできません。
 
ところがこのサービスを使うと、月額費を払うことでスーツとシャツ、ネクタイが一式届きますし、コースによっては数セット届きます。毎日着るスーツの種類を手軽に増やしたい人には、なかなか有力な選択肢になりそうですね。
 
また専門店の知見をもとに一式スタイリングされたものが届くのですから、「自分のスーツスタイルにあまり自信がない」という人にも心強いサービスになるのではないでしょうか。
  
こうしたサブスクリプションサービスは、バッグやスーツ、映像配信のほかにも、音楽配信、アクセサリー、中には車のサブスクリプションサービスなんてものも登場してきています。
 
こうしたサブスクリプションサービスの広がりの裏には、「ものをあまり多く持ちたくない」というミニマリストブームがあるとも言われています。そのうち、衣食住の全てをサブスクリプションでまかなってしまうなんていう、究極の「持たない生活」をする人が出てくるかもしれませんね。
 
Text:FINANCIAL FIELD編集部

auじぶん銀行