fbpx 

更新日: 2019.01.07 暮らし

【あの人いつもお洒落だな~お金かけてるんだろうな~】本当にそう? お金をかけずにお洒落をする着まわし術

【あの人いつもお洒落だな~お金かけてるんだろうな~】本当にそう? お金をかけずにお洒落をする着まわし術
はたから見て「あの人いつもお洒落だな」と思う人いますよね。でも、いつもお洒落に、きれいに、流行に敏感でいるためにはお金がかかると思いませんか。確かに、いいものを買い揃えるにはそれなりにお金もかかりますし、それを続けようと思うとたくさん洋服を買わなくてはならず、さらにお金がかかります。
 
しかし、本当にお洒落な人は、実はたくさん洋服を持っているわけではないかもしれません。同じ服でもちょっと手を加えながら、長く着る、そして着まわすテクニックを持っているのかもしれません。
 
 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

スーツ、ジャケット、パンツに有効な流行に乗るお直し

皆さん、お直しをしたことはありますか。スーツ、ジャケット、パンツを買った際に自分のサイズに合わせてお直しをするという方は多いのではないでしょうか。しかし、ここでいうお直しはその最初のお直しではありません。
 
洋服の流行廃りには、色や柄だけでなく形という要素が必ずあります。分かりやすい例を挙げるならば、パンツの形が細いぴっちりしたものが流行る時もあれば、ワイドな形のものが流行る時もありますよね。このように極端なものだと分かりやすいですが、そうでない微妙な違いであったとしても流行り廃りはあります。
 
その形の流行廃りに乗るには、お直しが有効です。そして、微妙な差であったとしても、そのお直しをするのとしないのとでは、雲泥の差。流行に乗った質の良い服を着ているか、質の良い服だけど古臭い服を着ているかという差が出ます。
 
どのような洋服でもできるとはいえませんが、スーツ、ジャケット、パンツでは特に効果的です。少し袖丈をつめたり、身幅を変えたり、ノープリーツのパンツをワンプリーツに変えたり、裾の絞り方を変えるなどといったことは、お洒落の上級者ならば実は実践しているのです。
 
そういったお直ししてみたいけど、そんな知識ない!という方もご安心ください。大きな百貨店の紳士服売り場や、セレクトショップでは、しっかりとそういった知識を持ったスタッフがいて、お直しにも対応してくれますし、もちろんお直し専門のお店でも対応してくれます。
 
ただし、販売をしているお店では、そこで買った服でなくては対応してくれないところもあるので、事前に尋ねてみると安心です。価格は、内容によってまちまちですが、数百円からできることもあるので、試しに利用してみてはいかがでしょうか。
 
例えば、10万円のスーツを買ったとしても、それを数千円程度でお直ししながら10年着たとして11万円かかったと考えれば、3万円のスーツを2年に一度買う10年は15万円かかるので、上質なものを直しながら長く着ることは節約にもなると考えることはできそうですね。
 

そもそも着まわせる服とは?

お直しの話をしましたが、そもそも長く着ることができる、そして着まわせる服とはどんな服なのでしょうか。やはり、百貨店、セレクトショップ等で購入した質の良いものであれば、お直しをしても長く着ることができるでしょう。しかしどのような服であったとしても、日ごろのお手入れは大切です。
 
 お洒落な人が実行している、いい服を長持ちさせるポイントはいくつかあります。考えてみれば当たり前のことのようですが、なかなか実践できていないかなと思うものがあります。ちょっと紹介したいと思います。
 
・皮靴は、最低3足をローテーションで!2日続けて同じ靴をはかない
・形のある服は畳んでしまわない、できれば幅広のハンガーなどにかけたまま収納
・色落ちしやすいものは裏返して洗濯、そして干す
・洗濯は、色物と白いものを分けて洗濯
・ボタンなどは留めて形を整えて干す
 

お金をかけずとも、アイデアと心がけでお洒落はつくれる!

ちょっとした、テクニックや毎日のお手入れの心がけを紹介しましたが、これを続けたり取り入れられれば、最新のファッションをバンバン購入してお金をかけなくてもお洒落はつくることができるかもしれません。
 
そして、何よりファッションを楽しむ心があれば、お金をかけなくても、お洒落な毎日を実践できそうです。
 
Text:FINANCIAL FIELD編集部

auじぶん銀行