更新日: 2024.03.14 その他暮らし

結婚してすぐに「アルファード」の購入はコスパが悪い? 子どもができるまでは軽自動車で不自由ないのではと思います……

結婚してすぐに「アルファード」の購入はコスパが悪い? 子どもができるまでは軽自動車で不自由ないのではと思います……
高級ミニバンとして、トヨタのアルファードは高い人気があります。7人まで乗車できるため、家族や知人同士で出掛ける際に活躍してくれる車といえるでしょう。しかし、結婚して間もない二人暮らしの時期に、アルファードを購入するのはコストパフォーマンスとしてどうなのでしょうか?
 
そこで本記事では、軽自動車とアルファードの燃費や購入価格を比較しつつ、「新婚当初からアルファードを購入する場合」と「新婚後3年間は軽自動車を購入し、3年目にアルファードに買い替える」という事例で、コストについてシミュレーションします。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

車購入とライフプランの基本!

トヨタのアルファードの車両価格は、グレードによって以下のように異なります(2024年2月時点)。
 

・Executive Lounge(ハイブリッド車 2WD):850万円
・Executive Lounge(ハイブリッド車 E-Four):872万円
・Z(ハイブリッド車 2WD):620万円
・Z(ハイブリッド車 E-Four):642万円
・Z(ガソリン車 2WD):540万円
・Z(ガソリン車 4WD):559万8000円

 
アルファードの購入にあたっては、諸経費を含めて最低でも約600万円が必要です。
 
アルファードに限らず、車を購入する際には「購入するタイミングは適切か」「予算設定に無理はないか」「購入方法は一括かローンか」などを考えなければなりません。車が生活に必要であるという前提を満たしたうえでは、結婚や出産などのライフイベントは車の購入を検討するのによいタイミングといえるでしょう。
 
ただし、見栄や「なんとなく」という曖昧な動機では、そもそも車を購入すべきではありません。不要な買い物は無駄遣いにあたるため、車を購入する際には「なぜ買うのか」という目的を明確にしましょう。
 
車が必要である場合、近年は車の本体価格が値上がりしていることから、無理のない予算設定をする必要があります。あわせて、車両価格だけでなく税金や保険料、ガソリン代をはじめとしたメンテナンス費用なども考慮しましょう。
 

アルファードを新車購入するなら、「新婚当初」と「3年後」のどちらがお得?

アルファードを新車で購入する場合に、「新婚当初に購入」と「新婚当初は軽自動車を購入し、3年後に買い替え」では、どちらがお得になるのかシミュレーションします。
 
軽自動車の年間にかかる維持費は車種によって異なりますが、おおむね33万~47万円程度に収まるケースがほとんどです。一般乗用車の年間にかかる維持費も車種によって異なりますが、おおむね50万~75万円程度が相場です。
 
そこで、今回のシミュレーション条件は以下とします。
 

・軽自動車の新車購入価格は200万円
・軽自動車の年間維持費は45万円
・アルファードの新車購入価格は600万円
・アルファードの年間維持費は70万円
・3年後・5年後にどうなっているか

 

【新婚当初にアルファードを購入する場合】

・3年後:新車のアルファード購入費用600万円+年間維持費210万円(70万円×3年)=810万円
 
・5年後:新車のアルファード購入費用600万円+年間維持費350万円(70万円×5年)=950万円

 

【新婚後は軽自動車を購入し、3年後にアルファードに買い替える場合】

・3年後:新車の軽自動車購入費用200万円+軽自動車年間維持費135万円(45万円×3年)+新車のアルファード購入費用600万円=935万円
 
・5年後:新車の軽自動車購入費用200万円+軽自動車の年間維持費135万円(45万円×3年)+新車のアルファード購入費用600万円+アルファードの年間維持費140万円(70万円×2年)=1075万円

 
上記のように、今アルファードを購入することは、コストパフォーマンス的に悪いとはいえません。3年後にアルファードへ買い替えたほうが、トータルでかかるコストは高くなっています。
 
確かに、子どもがいない二人暮らしで7人用のアルファードを購入する行為に対して、「もったいない」と感じやすいでしょう。しかし、計算上は必ずしも「最初は軽自動車を購入して、3年後に買い替えるほうが得」とはいえません。
 

まとめ

結婚して間もない二人暮らしのときに、7人乗りのアルファードを購入するのは「もったいないのでは?」と感じることもあるでしょう。車のサイズを持て余すことから、「出産して家族が増えてから買い替えればよいのでは?」と考えるのも無理はありません。
 
しかし、長期的に見ると、数年後にアルファードへ買い替えるよりも新婚当初からアルファードを購入したほうが安く済む可能性が高いです。車のサイズ感や初期費用などの印象だけで判断するのではなく、客観的な数字を用いながらシミュレーションすることが大切です。
 

出典

トヨタ自動車株式会社 トヨタ アルファード
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

PR
townlife-banner
ライターさん募集