更新日: 2024.03.18 その他暮らし

ロードサービスの出動要因No.1は「バッテリー上がり」! どうすれば回避できる?

ロードサービスの出動要因No.1は「バッテリー上がり」! どうすれば回避できる?
日本自動車連盟(JAF)によると、ロードサービスが出動するおもな理由は「バッテリー上がり(過放電バッテリー)」でした。バッテリー上がりが起きると、エンジンをかけられなくなります。
 
もし人気のない場所や夜間に起きてしまったら大変です。
 
そこで今回は、バッテリー上がりでロードサービスの救援要請をする場合の費用や、バッテリートラブルを回避する方法をご紹介します。安全安心に走れるよう車を万全の状態にキープしたい方は参考にしてください。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

JAFロードサービスが2022年に出動した要因トップ3は?

JAFが2022年度(2022年4月~2023年3月)を対象に調査したデータによると、2022年度にあったロードサービス救援要請の要因トップ3は、表1の通りです。
 
表1

救援要請の要因 件数
1位:バッテリー上がり 72万9102件(全体の33.21%)
2位:タイヤのパンク/バースト/エアー圧不足 42万5332件(全体の19.37%)
3位:破損/劣化バッテリー 16万1101件(全体の7.34%)

※JAF「JAFロードサービス主な出動理由TOP10」を基に筆者作成
 
バッテリートラブルが多いのはおもに一般道路です。一般道路での「過放電バッテリー」は72万6109件(高速道路は2993件)、「破損/劣化バッテリー」トラブルは16万299件(高速道路は802件)ありました。
 

JAFにバッテリー上がりの対応を依頼する費用

バッテリー上がりが原因でJAFに救援要請をした場合、以下の費用が発生します。
 

・JAF会員:無料
・非会員:税込み1万3130円

 
JAF会員は、会員特典としてさまざまなロードサービスを受けられます。バッテリー上がりのほか、パンクやガス欠・キー閉じ込みなどのトラブルにも無料対応してもらえます。
 
JAFの入会金は2000円、年会費は4000円です(個人会員・割引なしの場合)。会員費があるため完全無料とはなりませんが、会員であればバッテリートラブル時も出費なしで解決できます。
 

バッテリートラブルの原因と回避方法

バッテリー上がりの主な原因は、「過放電(電気の使いすぎ)」と「寿命/劣化」です。室内灯の点けっぱなしやエアコンの過度な使用など、電気を消費しすぎるとバッテリー上がりが起きやすくなります。
 
またバッテリーは3年前後で寿命を迎えます。寿命で劣化すると十分に蓄電できず、過放電が起きやすくなるでしょう。過放電を防ぐには以下の対策が有効です
 

・エンジンを切った状態で室内灯などの電装品を長時間使わない
・適度に車を走らせてバッテリーを充電する

 
寿命・劣化に関しては、定期的に状態を点検し、3年を目安にバッテリーを交換してください。
 

バッテリー上がりは車両トラブルの主要因!うっかりミスにご用心

バッテリー上がりはロードサービスが要請される要因のうち、約4割を占めるトラブルです。特に過放電の問題が圧倒的に多く報告されています。
 
バッテリーは消耗品であるため、寿命や劣化は仕方ない部分があります。しかし電装品の使いすぎなど「うっかりミス」が要因のバッテリー上がりは、ある程度コントロール可能です。
 
JAFを始めロードサービスの会員であれば、トラブルに迅速な対応をしてもらえます。とはいえ日頃からメンテナンスに配慮すれば、不要なバッテリー上がりを回避し、より安全なカーライフを送れます。車の状態はこまめに確認するようにしましょう。
 

出典

一般社団法人 日本自動車連盟 (JAF) JAFロードサービス主な出動理由TOP10
一般社団法人 日本自動車連盟 (JAF)  ロードサービスの料金を調べる
一般社団法人 日本自動車連盟 (JAF)  入会金・年会費はいくらですか?
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集