更新日: 2024.04.05 子育て

来年成人する娘に「10万円オーバー」の袴をねだられました。 1回しか着ないので「レンタル」でよいと思うのですが…。

来年成人する娘に「10万円オーバー」の袴をねだられました。 1回しか着ないので「レンタル」でよいと思うのですが…。
成人式は一生に一度の晴れ舞台です。子どもにはよい思い出を残してほしいと思う反面、10万円を超えるような振り袖・袴を希望されると家計には大きなダメージがかかります。
 
また購入した後に着用することなくタンスの肥やしになってしまうことは、親としては避けたいところです。
 
この記事では、成人式の振り袖・袴をレンタルした方の割合や、購入した場合とレンタルした場合との金額を比較していきます。成人されるお子さまがいらっしゃる方は、ぜひ参考にしてください。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

成人式の振り袖・袴をレンタルした人の割合

OurPhoto株式会社が実施した「成人式最新実態調査2023」によると、成人式に参加した方で振り袖・袴を着用した方は80.9%いました。
 
その中で、衣装レンタル店で借りた方は29.8%、フォトスタジオのレンタルプランを活用した方は23.4%、家族や知人から借りた方は5.3%、家族や知人からおさがりもらった方は23.4%という結果が出ています。一方で、新しく購入した方の割合は14.9%でした。
 

振り袖・袴を購入する場合とレンタルする場合の費用の相場

振り袖・袴を着用したいと思ったときにどのくらいの金額がかかるのか、購入する場合とレンタルする場合の相場を比較してみましょう。購入もレンタルも、帯や草履、バックなどの小物や前撮りなどがセットになったプランが多いため、今回はセットプランを比較しています。
 
購入する場合、袴は8万円前後、振り袖は30~50万円前後が相場です。なお、振り袖では100万円ほどするケースもあるようです。レンタルをした場合は、袴は4~5万円前後、振り袖は20~30万円ほどが相場となっています。
 
レンタルをする場合でも、レンタル先がフォトスタジオかネットショップかでも金額が異なります。ネットショップでレンタルする場合は、着付けや前撮りなどのサービスが含まれていないこともあるようです。
 
その場合は振り袖・袴自体のみのレンタルとなるため、より安いプランなどで費用をおさえられる可能性があります。
 
また、振り袖・袴の質も金額に影響しています。ポリエステルの生地であれば比較的リーズナブルに、上質な絹の生地だと金額も高くなる傾向があるようです。
 

レンタルでもデザインは豊富!

レンタルの方が購入する場合よりもリーズナブルで家計にもうれしいですが、成人式は一生に一度の晴れ舞台です。レンタルは選べるデザインの種類が少ないイメージから、子どもが希望するデザインの振り袖・袴が見つからないのではと心配になるかもしれません。
 
しかし最近では、価格がリーズナブルなレンタルの振り袖・袴でも商品のラインアップが豊富です。昔ながらのデザインもあれば、現代の子どもに合わせたデザインもあります。
 
中には、人気のキャラクターとコラボレーションした商品もあるようです。ただし会社によりデザインはさまざまですので、あくまでも参考程度にしてください。
 

成人式の振り袖・袴はレンタルが合わせて53.2%で、相場は3~20万円

成人式に振り袖・袴を着用する方の中で、衣装をレンタルした方は合わせて53.2%いることが分かりました。
 
レンタルの相場は袴が4~5万円前後、振り袖は20~30万円ほどであり、購入するよりも費用を安くおさえられる可能性があります。レンタルでも、ネットショップを利用する場合は、オプションがほとんどつかないプランもあるため、その分費用をおさえられるでしょう。
 
成人式は一生に一度の晴れ舞台ですので、予算を考慮しつつ子どもと相談しながら決めましょう。
 

出典

OurPhoto株式会社 ~出張撮影サービス「OurPhoto」が「成人式 最新実態調査 2023」を実施~
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

【PR】日用品10点セットプレゼント

【PR】保険クリニック

おすすめポイント

初めてご相談いただいた方へ日用品10点セットをプレゼント!
保険相談であなたにぴったりな保険がみつかる
業界トップクラス!取り扱い保険会社約50社
※詳細はキャンペーンページをご確認ください

ライターさん募集