更新日: 2024.05.03 その他暮らし

近所の「無人販売所」で万引きが起こったようです…もちろん犯人は罰せられますよね?

近所の「無人販売所」で万引きが起こったようです…もちろん犯人は罰せられますよね?
近年では、無人販売所や食品の自動販売機など、従業員がいなくとも商品を購入できる機会が増えています。
 
新型コロナウイルスの感染予防の観点から非対面式のシステムが導入されるようになりましたが、人件費を削減するためにも無人販売所は効果的とされています。また顧客目線では、自分が好きなタイミングで購入できるというメリットもあります。
 
しかし、無人販売所だからこその注意したいポイントとして、万引きや盗難のリスクが挙げられます。今回は、無人販売所で万引きが発生した場合どのような罪に問われるのかについてご紹介します。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

無人販売所での万引きは窃盗罪にあたる

結論として、無人販売所での万引きは窃盗罪にあたります。
 
実際に、ギョーザの無人販売所で万引きが発生し、逮捕された事例が存在します。
 
他にもエリアによっては、野菜の無人販売を行っているところもあります。野菜の無人販売所はお金を料金ボックスなどに入れて野菜を自分で取っていくという仕組みが多いですが、野菜の無人販売所においてもお金を入れずに野菜のみを持っていくといったケースが散見されています。
 
この場合でも、当然窃盗罪に該当します。
 

万引きは刑法第235条の窃盗に該当する

無人販売所での万引きは刑法第235条の窃盗に該当し、事実が発覚した場合10年以下の懲役または50万円以下の罰金が科される可能性があります。
 
前述した事例のように、ギョーザや野菜を1つ万引きしただけでも、懲役刑や罰金刑にあたるため絶対にやめましょう。
 

【PR】おすすめの住宅ローン

auじぶん銀行

au-bank
おすすめポイント

・がん診断保障に全疾病保障を追加
・住宅ローン人気ランキングNo.1!

変動
0.179 %

※住宅ローン金利優遇割最大適用後の変動金利(全期間引き下げプラン)
※新規借入れ
当初10年固定
%

※当初期間引下げプラン
当初20年固定
%

※当初期間引下げプラン
詳しくはこちら

【auじぶん銀行の注意事項】
※金利プランは「当初期間引下げプラン」「全期間引下げプラン」の2種類からお選びいただけます。
ただし、審査の結果保証会社をご利用いただく場合は「保証付金利プラン」となり、金利タイプをご選択いただけません。

※固定金利特約は2年、3年、5年、10年、15年、20年、30年、35年からお選びいただけます(保証付金利プランとなる場合は、3年、5年、10年に限定されます)。
金利タイプを組合わせてお借入れいただくことができるミックス(金利タイプ数2本)もご用意しています。 お申込みの際にご決定いただきます。

※ただし、審査の結果金利プランが保証付金利プランとなる場合、ミックスはご利用いただけません。

※審査の結果によっては保証付金利プランとなる場合があり、この場合には上記の金利とは異なる金利となります。金利プランが保証付金利プランとなる場合は、固定金利特約が3年、5年、10年に限定されます

・変動金利について
※2024年7月現在・本金利プランに住宅ローン金利優遇割を最大適用した金利です。
※J:COM NET優遇割・J:COM TV優遇割は戸建のみ対象
※ J:COM NET優遇割、J:COM TV優遇割、コミュファ光優遇割は適用条件充足後、3ヶ月後から適用開始となります。

万引きで考えられるリスク

無人販売所での万引きは、誰もいないことから金品を盗みやすいと思われてしまうようです。しかし、万引きが発覚すると懲役刑や罰金刑に問われるだけでなく、さまざまなリスクを冒すことになります。
 

職を失うリスク

万引きをしたことで窃盗罪に問われ職を失う可能性があります。
 
また、これまで積み重ねてきた職歴や人脈などさまざまなものを一度に失ってしまうため、万引きは決して行ってはいけません。たとえ懲役刑や罰金刑を終えたとしても、その後の生活や就職活動などで不利に働くことも考えられるため、長期にわたってリスクを負うことになります。
 

家族との関係性が悪化するリスク

窃盗罪に限らず罪を犯すと、家族との関係性も悪化してしまうでしょう。自分の家族が罪を犯したと分かれば、家族であっても今まで通りの関係性ではいられない可能性があります。
 
また、家族も犯罪者の身内であるといった認識を持たれ、会社や学校などで居場所がなくなってしまうおそれがあります。自分の行動により家族を巻き込んでしまうリスクがあることも認識しておきましょう。
 

無人販売所であっても万引きは犯罪である

近年では無人販売所が続々と登場しており、販売元・生産者にとっても自社商品を気軽に提供できるようになりました。しかし、無人販売所における万引きや盗難といった課題もあります。
 
無人販売所であっても万引きは立派な犯罪です。万引きを行った本人には一度の過ちには見合わないほど大きな代償が待っています。無人販売所で誰も見ていないから……などと考えず、無人販売所を利用する場合であっても従業員がいる時と同じように、しっかりとお金を払ってから商品を持ち帰りましょう。
 

出典

e-Govポータル 刑法(明治四十年法律第四十五号) 第二編 罪 第三十六章 窃盗及び強盗の罪 第二百三十五条(窃盗)
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集