更新日: 2024.05.07 その他暮らし

定期預金の申込書にあった「元利自動継続」と「元金自動継続」の2つのオプション。何が違うの?

定期預金の申込書にあった「元利自動継続」と「元金自動継続」の2つのオプション。何が違うの?
将来に向けて定期預金を始めようという方も多いでしょう。
 
定期預金は事前に決めた期間を過ぎないと預金を引き出すことができないため、お金の無駄遣いを防げるうえに、元本割れをしないメリットもあります。
 
定期預金を始めるために申込書を記入しようとしたところ、元利自動継続と元金自動継続のどちらを選択するべきかとお悩みの方も多いかもしれません。
 
そこで今回は、元利自動継続と元金自動継続の違いをご紹介します。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

元利自動継続と元金自動継続の違いとは?

定期預金の満期を迎え自動的に継続する場合、一般的には「元利自動継続」と「元金自動継続」の2つのオプションがあります。
 
元利自動継続と元金自動継続の違いは、満期を迎えた際の利息分が定期預金に振り込まれたあと自動的に継続がされるか、普通預金に振り込まれたあと自動的に継続がされるかです。
 
元利自動継続で満期を迎えると、税を引いた分の利息が定期預金に振り込まれます。
 
一方の元金自動継続で満期を迎えると、利息(税を引いた分)は普通預金に入金がされます。
 

【PR】おすすめの住宅ローン

auじぶん銀行

au-bank
おすすめポイント

・がん診断保障に全疾病保障を追加
・住宅ローン人気ランキングNo.1!

変動
0.179 %

※住宅ローン金利優遇割最大適用後の変動金利(全期間引き下げプラン)
※新規借入れ
当初10年固定
%

※当初期間引下げプラン
当初20年固定
%

※当初期間引下げプラン
詳しくはこちら

【auじぶん銀行の注意事項】
※金利プランは「当初期間引下げプラン」「全期間引下げプラン」の2種類からお選びいただけます。
ただし、審査の結果保証会社をご利用いただく場合は「保証付金利プラン」となり、金利タイプをご選択いただけません。

※固定金利特約は2年、3年、5年、10年、15年、20年、30年、35年からお選びいただけます(保証付金利プランとなる場合は、3年、5年、10年に限定されます)。
金利タイプを組合わせてお借入れいただくことができるミックス(金利タイプ数2本)もご用意しています。 お申込みの際にご決定いただきます。

※ただし、審査の結果金利プランが保証付金利プランとなる場合、ミックスはご利用いただけません。

※審査の結果によっては保証付金利プランとなる場合があり、この場合には上記の金利とは異なる金利となります。金利プランが保証付金利プランとなる場合は、固定金利特約が3年、5年、10年に限定されます

・変動金利について
※2024年7月現在・本金利プランに住宅ローン金利優遇割を最大適用した金利です。
※J:COM NET優遇割・J:COM TV優遇割は戸建のみ対象
※ J:COM NET優遇割、J:COM TV優遇割、コミュファ光優遇割は適用条件充足後、3ヶ月後から適用開始となります。

元利自動継続と元金自動継続はどちらで申し込むべき?

元利自動継続と元金自動継続のどちらで申し込むべきかは一概にはいえないでしょう。
 
しかし、可能な限り定期預金でお金を殖やしたいという方は、元利自動継続を選択したほうがいいかもしれません。
 
なぜなら元利自動継続には、利息がふくらんでいく複利効果が得られるためです。
 
例えば、200万円を定期預金に年利1%で預けると1年後に2万円の利息がつきます。
 
元利自動継続では、この2万円が定期預金に入金されるため、定期預金額は元金と利息分を合わせて202万円です。
 
さらに1年後には202万円に1%の利息がつくため、元金に2万200円が加算されて定期預金額が204万200円になります。
 
ただし、一般社団法人 全国銀行協会によると、預金の利息には一律20.315%の税金が引かれるため、上記の金額がそのまま入金されるわけではないようです。2万円の利息では4063円が引かれることとなり、実際には1万5937円が入金されます。
 
このように元利自動継続で申し込みをすると、利息が利息を生んでいき、定期預金額がふくらんでいきます。
 
元金自動継続では利息分が普通預金に振り込まれるため、利息は受け取れますが定期預金額は増えません。
 
したがって定期預金でお金を殖やしたい場合は元利自動継続、利息を都度受け取りたい場合は元金自動継続で申し込んだほうが賢明といえるでしょう。
 

利息の使い方を考えて元利自動継続か元金自動継続かを選択しよう

元利自動継続には、複利効果が得られるというメリットがあります。
 
定期預金にお金を預ける期間が長いほど、利息に利息がついていくため、お金が殖えていくでしょう。
 
しかし、利息も定期預金に振り込まれるため、満期後に利息の引き出しを希望する方に元利自動継続は不向きな点があるといえます。
 
定期預金の利息を好きなときに引き出したい方は、利息が普通預金に振り込みがされる元金自動継続で申し込んだほうがいいかもしれません。
 
元利自動継続と元金自動継続の違いは、満期を迎えた際に利息がどこに振り込まれるかです。
 
元利自動継続と元金自動継続のどちらで申し込みをするかは、定期預金の満期後に利息をどのように使うかによって判断しましょう。
 

出典

一般社団法人 全国銀行協会 教えて!くらしと銀行 どうして預金するだけで利息がつくの?税金は申告しなくていいの?
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集