更新日: 2024.05.27 その他暮らし

焼き肉のためのガマン…日曜日の夜に「松坂牛」を食べるために一週間「納豆ご飯」にしたら食費はどうなる?

焼き肉のためのガマン…日曜日の夜に「松坂牛」を食べるために一週間「納豆ご飯」にしたら食費はどうなる?
松坂牛といえば「高価なぜいたく食材」というイメージをお持ちの方が多いでしょう。
 
頻繁に食べられないものだからこそ、その機会を楽しみにされている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
 
その楽しみのために、数日間は節約ご飯を続けて食費を浮かせるのも方法の一つでしょう。
 
本記事では、一週間のうち6日間納豆ご飯で我慢すれば、高価な松坂牛を食べられるくらいの節約ができるのかを確認してみましょう。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

一週間、朝・夜に納豆ご飯を食べ続けた場合の食費はいくら?

日曜日の夜に松坂牛を食べるとして、月曜日から土曜日までの朝・晩12回と日曜日の朝の合計13回を納豆ご飯で済ませた場合だと食費はいくらになるのか計算してみましょう。
 
まず、3個入り127円の納豆を選んだ場合を想定します。
 
1食につき1パック食べるとすると、必要な納豆の個数は13個です。つまり、納豆を購入するために必要な金額は、5パック分の635円になります。
 
そして、納豆にかかる費用に加えて、ご飯代の費用が必要です。全国農業協同組合連合会 兵庫県本部の「お茶碗一杯分のご飯はいくら」によると、10キログラム4000円のお米で、お茶碗一杯あたり精米65グラムであり、ご飯一杯は26円とされています。前述を基に、13回分として算出すると、ご飯代はおよそ338円です。
 
納豆代と合わせると月曜日から日曜日の朝までの13回にかかる食費は、およそ973円になります。
 

【PR】おすすめの住宅ローン

auじぶん銀行

au-bank
おすすめポイント

・がん診断保障に全疾病保障を追加
・住宅ローン人気ランキングNo.1!

変動
0.179 %

※住宅ローン金利優遇割最大適用後の変動金利(全期間引き下げプラン)
※新規借入れ
当初10年固定
%

※当初期間引下げプラン
当初20年固定
%

※当初期間引下げプラン
詳しくはこちら

【auじぶん銀行の注意事項】
※金利プランは「当初期間引下げプラン」「全期間引下げプラン」の2種類からお選びいただけます。
ただし、審査の結果保証会社をご利用いただく場合は「保証付金利プラン」となり、金利タイプをご選択いただけません。

※固定金利特約は2年、3年、5年、10年、15年、20年、30年、35年からお選びいただけます(保証付金利プランとなる場合は、3年、5年、10年に限定されます)。
金利タイプを組合わせてお借入れいただくことができるミックス(金利タイプ数2本)もご用意しています。 お申込みの際にご決定いただきます。

※ただし、審査の結果金利プランが保証付金利プランとなる場合、ミックスはご利用いただけません。

※審査の結果によっては保証付金利プランとなる場合があり、この場合には上記の金利とは異なる金利となります。金利プランが保証付金利プランとなる場合は、固定金利特約が3年、5年、10年に限定されます

・変動金利について
※2024年7月現在・本金利プランに住宅ローン金利優遇割を最大適用した金利です。
※J:COM NET優遇割・J:COM TV優遇割は戸建のみ対象
※ J:COM NET優遇割、J:COM TV優遇割、コミュファ光優遇割は適用条件充足後、3ヶ月後から適用開始となります。

松坂牛はいくらで食べられるのか?

ここでは、焼き肉用の松坂牛を一人前200グラム7000円と仮定します。
 
納豆ご飯分のおよそ973円と合わせると、松坂牛を食べた週の食費はおよそ7973円ということになります。
 
また、焼き肉の場合はご飯や野菜・タレなども準備することになるため、もう少しかかることが想定できます。
 

1週間分の食費の平均と比較した場合は?

総務省統計局の「家計調査[家計収支編)単身世帯(2023年)」によると、単身世帯の一ヶ月あたりの食費の平均は4万2049円ということです。
 
これを4週間で割った場合、一週間の食費の平均はおよそ1万512円になります。
 
松坂牛を食べる代わりに朝と夜を納豆ご飯で節約し、さらに昼食を抜いた場合の食費が一週間約7973円なので、およそ2539円の節約ができているといえるでしょう。
 

一週間のうち6日間納豆ご飯で辛抱すると松坂牛を食べても節約になる!

日曜日の夜に松坂牛の焼き肉を食べるために、月曜日から土曜日の朝・晩と日曜日の朝を納豆ご飯で節約すると、一週間で7973円ほどかかることが分かりました。
 
単身世帯の一週間あたりの食費の平均は1万512円なので、平均額よりも下回り、日曜日だけ松坂牛を食べたとしても節約ができる可能性があるようです。
 
ただし、栄養面に考慮することも大切なので、納豆以外にもバランスよく栄養をとりながら節約できる方法を考えることをおすすめします。
 

出典

全国農業協同組合連合会 兵庫県本部(JA全農兵庫) お茶碗一杯分のご飯はいくら
総務省統計局 家計調査 家計収支編 単身世帯 表番号5
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集