更新日: 2024.06.10 その他暮らし

高級腕時計ってほかの時計と何が違うの? 買うことにメリットはある?

高級腕時計ってほかの時計と何が違うの? 買うことにメリットはある?
腕時計は世界各国で売られている製品の一つであり、さまざまな種類が販売されています。特に高級腕時計は性能や格式から、非常に高い価格で取引されています。
 
しかし、「ただ時間を確認するだけなのに、なぜ腕時計によって値段が違うのだろう」と思う方も多いのではないでしょうか。そこで今回の記事では、高級腕時計とほかの腕時計の違いや、高級腕時計を買うメリットについて紹介します。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

高級腕時計を所持しているのは29.6%

買取比較ちゃんねるの調査によると、高級腕時計を買ったことももらったこともないという回答が60.6%となっています。反対に自分で買ったことはあるがもらったことはない、買ったことももらったこともあるという回答は、合わせて29.6%でした。
 
また高級腕時計を身につける人の理由は、「時間を確認したいときにすぐに見れるから」という回答が一番多い結果になりました。腕時計は仕事でもプライベートでも役に立つアイテムですので、高級腕時計にこだわる人は多いと思われます。
 

高級腕時計とほかの腕時計との違い

では、同じ腕時計なのに、高級と一般という分類に分かれるのでしょうか。ここでは、高級時計とほかの腕時計の違いを見ていきます。
 

作りが複雑

腕時計の種類は、機械式時計と電池式時計の2つに分類されます。高級腕時計は機械式で作られているものが多いといわれています。
 
いくつもの部品を使用しているものが多く、機械式と比べると手作業工程が多いのも特徴です。そのため大量生産ができず、限られた数しか製造できないため、高価になるといわれています。
 

高級腕時計を買うメリット

高級腕時計はただ単に高い時計というわけではありません。購入することで得られるメリットはたくさんありますので、詳しく解説します。
 

資産性が高い

腕時計投資といわれるほど、高級腕時計には価値があります。腕時計は中古品でも高値で販売されているケースが多く、購入した金額よりも高く売れることもあります。なぜなら中古品の値段は需要と供給のバランスによって変化するため、売却する時期によって値段が変わるからです。
 
したがって、投資のために高級腕時計を購入する方も多いのです。
 

一生つけられる

高級腕時計は保証が手厚く、かつ長期間である点も特徴です。有名なロレックスやオメガは5年保証、パテック・フィリップは永久保証です。オーバーホールはお金がかかりますが、1回出せば新品同様の状態で戻ってきます。
 

ビジネスで役立つ

時計をネタにして顧客と会話が弾んだり、時には契約につながったりと、ビジネスで役立つこともあるでしょう。特に高級腕時計は好きな人も多いため、コミュニケーションをとるきっかけとして役立つ可能性があります。
 

高級腕時計は高いだけでない

高級腕時計は単なる時計ではありません。1つの時計の中に緻密な技術が組み込まれており、価値も高いです。そういった芸術性にほれ込む方も多く、世界にはたくさんの時計愛好家がいます。
 
高級時計が持つ魅力やメリットを知り、自分に合った時計を探すのもよいかもしれません。
 

出典

買取比較ちゃんねる 腕時計に関する意識調査(PRTIMES)
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集