更新日: 2024.07.09 その他暮らし

さかのぼって請求されるのがこわくて、いまだに「NHKの受信契約」をしていません…このまま放置するとどうなりますか?

さかのぼって請求されるのがこわくて、いまだに「NHKの受信契約」をしていません…このまま放置するとどうなりますか?
日本放送協会(以下NHK)への加入が必須とされていることは知っていても、受信契約をしない方もいるようです。NHKと受信契約を結ばず、受信料の支払いもしないと、割増金が求められる可能性もあるため注意が必要です。
 
テレビなどの受信機をお持ちの場合は、契約を済ませて受信料を支払う必要があります。今回は、NHKの受信料を支払わないままでいるとどうなるか、また、割増金制度などについてご紹介します。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

NHKの受信料を支払わないとどうなる?

放送法第64条によると「協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、同項の認可を受けた受信契約の条項で定めるところにより、協会と受信契約を締結しなければならない。」と定められています。
 
つまり、テレビを見られる受信機が家にある時点でNHKとの契約は必須であり、契約をした時点で受信料の支払いも支払わなければならないとされています。
 
NHKを受信できる受信機があるにもかかわらず受信料を払わないままでいると、割増金制度の対象となり、本来の金額よりもさらに高くなった受信料の支払いが必要です。
 
日本放送協会「よくある質問集 受信料に時効はあるのか」によると受信料支払いの時効は5年となっており、時効の申し出をすれば時効を5年として扱われるようです。つまり、時効申請をしても最大5年前までは受信料をさかのぼって請求される可能性があります。
 

受信料の割増金制度とは

NHK では、意図的に受信料を支払わなかった方に対して2023年4月1日より割増金制度を導入したようです。割増金制度では、「不正な手段で受信料の支払を免れた場合」また、「正当な理由がなく期限までに受信契約の申込みをしなかった場合」に対象となるようです。
 
上記の場合は、本来の金額の2倍の金額を支払う必要があるようです。なお、日本放送協会「受信料免除の対象となる方について」によると、全額を免除される正当な理由とは以下に該当する方です。


・公的扶助受給者
・市町村民税非課税の身体障害者
・市町村民税非課税の知的障害者
・市町村民税非課税の精神障害者
・社会福祉施設等入所者
・年間収入が一定額以下等の別住居の学生

上記の条件に該当するために、申請書類に虚偽の情報を記載した場合などが「不正な手段で受信料の支払を免れた場合」に当てはまります。
 
また、正当な理由なく受信契約を申し込まなかったときとは、テレビを始めとする受信機を設置した月から2ヶ月後の月末までに契約をしなかったときです。受信機の設置から2ヶ月後の月末が申込期限に設定されているため、理由なく2ヶ月以上申し込みをしていないと割増金制度の対象になります。
 
なお、割増金の対象となるのはいずれのケースでも導入された2023年4月以降の期間が該当します。
 

【PR】タウンライフ土地活用

おすすめポイント

・最適な活用方法が複数社から全て無料で貰える!
800 万円の差がでることも!土地活用による節税&相続対策!
・スマホで簡単!3 分で依頼完了
・土地活用の初心者も安心!手軽に専門家に相談可能!

NHKの受信料の支払い方法

NHKの受信料は、2ヶ月単位で支払います。6ヶ月や12ヶ月分をまとめての前払いも可能です。6ヶ月分の前払いは4.4%、12ヶ月分の前払いは7.0%が割引されます。日本放送協会「放送受信料 お支払方法」によると、支払方法は以下の通りです。


・口座振替
・クレジットカードなど
・振込用紙による振り込み
・重度の障がいにより振り込みができない方のためのふれあい収納

支払方法は手続きをすれば変更できます。自分の状況に応じて、利用しやすい方法を選びましょう。
 

NHKの受信料を未払いのまま放置すると割増金が請求される

家に受信機を設置した時点でNHKの受信契約は必須です。もし契約をしなかったり受信料を支払わなかったりすると、2023年4月から導入された受信料の割増金制度により本来の受信料に加えて、同額の2倍の割増金も支払わなければなりません。
 
受信料の時効は5年のため、少なくとも5年はさかのぼって請求される可能性があります。受信機を設置した時点でNHKと受信契約を結び、受信料を支払いましょう。
 

出典

デジタル庁e-GOV法令検索 放送法(昭和二十五年法律第百三十二号)第六十四条
日本放送協会 受信料の割増金制度について
日本放送協会 受信料免除の対象となる方について
日本放送協会 放送受信料 お支払い方法
日本放送協会 よくある質問集 受信料に時効はあるのか
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集